*

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】2日目(琵琶湖志賀-福山)桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年8月13日・・・桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔
2000・8・13 11:15 名神自動車道-桂川パーキングエリア 638㎞
暑い日が続いている。

相棒とは琵琶湖大橋のたもとで別れ、福山に向かうべく名神に乗った。

渋滞表示は今日も盛大な数字を叩きだしている。
耐えるのは問題ないだろう。
昨日の旅がつらかったから。

湖西の道は海へ向かう車で混雑し、楽しげな車列に混じって軍用車両も出動している。
琵琶湖も立派なリゾート地だよ。

8月13日は、初めて恋をした女性と鎌倉に行った日。
あれが初めてのデートだった。

彼女の装いは何となくだけれど、まだ覚えている。
スカート姿を見たのは初めてだった。

鎌倉海岸のクイック・シルバーでカクテルを飲みながら、夕暮れ近い海を眺めた。
美しい記憶だ。

他の日付は忘れても、この日だけは忘れなかった。
今から13年前。
18歳だった。

あの日も今日のようによく晴れていた。

15:00 山陽自動車道-三木サービスエリア 720㎞
吹田ジャンクションまで太陽は燦燦と輝き、何台もの故障車を生んでいた。

天王山トンネル走行中に友から連絡が入り、渋滞にはまっていることを伝えると、今日の福山到着は夕方以降になると彼の経験則から知った。

昨夜遅くに福山に到着した彼は、今日は奥さんと尾道に行っているらしい。

渋滞の道連れは多くは関西人。
遠くは札幌。
足立ナンバーは不思議と見かけなかった。

渋滞はひどかったが、その多くが初めてのルートということもあって、物珍しさが退屈を和らげた。

ただし疲れてはいる。
これは仕方ない。
氷水で冷やされたノン・アルコールビールが一気に喉を駆け抜けた。

東海道新幹線、湖西線、大阪モノレール。
風景を彩ってくれた多くのものに感謝したい。

帰りは、きっとそうはいかないだろう。

15:54 山陽自動車道-白鳥パーキングエリア 756㎞
京阪を覆っていた暴力的な暑さは少し引き、涼しい風を浴びている。

友のいる福山に到着するには、あと90分ほど必要だろう。

木の名前は知らないが、ここらあたりの山はどことなく独特な形をしている。

18:15 山陽自動車道-篠坂パーキングエリア 881㎞
赤穂付近の渋滞は予想以上の規模で1時間以上のロスが生じてしまった。

その気になって走れば高速走行もなかなか気分がいい。
オレにしては暴走に近い走りで、120㎞の距離を1時間足らずで走破した。

友が待つ場所へは、ハイウェイはあと6㎞ほど。
気づくと中部、関西勢の姿が少なくなり、山陽勢の中をひとり足立ナンバーを転がす格好になっている。

何だか誇りが生じてくる。
まだ九州勢の姿はほとんどない。
彼等と本格的に遭遇するのは明日になるだろう。

さあ、友が待っている。

18:48 福山市内-芦田川 896㎞
福山東インターを下りると、キース・リチャーズが歌う「How Can I Stop」が流れる。

夕暮れ時の福山市内を走った時の気分を忘れたくない。

友のケータイは通話中。
ここが友との約束の場所。

待ち合わせ場所として相応しいとは言えない場所だが、友は福山情緒あふれる素晴らしい景色が見えるここを、約束の地として指定した。

関連記事

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている。 急

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802号室

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶 天気はあまり覚えていない。 背筋を伸

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日・・・保谷駅、池袋駅、赤羽駅、高崎駅、井野駅、水上駅(西武池袋線/埼京線/

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2・・・川原湯温泉駅、岩島駅、群馬藤岡駅、高麗川駅、拝島駅、昭島駅、中

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

鉄旅日記2013年8月12日その2・・・宮崎駅、清武駅、田野駅、山之口駅、西都城駅、餅原駅、都城駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・八色駅、浦佐駅、五日町駅、水上駅、後閑駅、上牧駅、八木原駅(上越線

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その4‐小柳、筒井、八戸、盛岡、北上(青い森鉄道/東北・北海道新幹線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・小柳駅、筒井駅、八戸駅、盛岡駅、北上駅(青い森鉄道/東北・北海道新

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「鉄旅日記」2011年秋【再びみちのくひとり旅】初日(東京-長井)-保谷、宮内、柏崎、小島谷、内野、関屋、早通、豊栄、佐々木、坂町、小国、羽前小松、今泉、長井(西武池袋線/上越線/信越本線/越後線/白新線/米坂線/山形鉄道)

鉄旅日記2011年11月5日・・・保谷駅、宮内駅、柏崎駅、小島谷駅、内野駅、関屋駅、早通駅、豊栄駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑