*

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(釜石線/東北本線)
7:40 小山田(おやまだ)駅(釜石線 岩手県)

9:02 土沢(つちざわ)駅(釜石線 岩手県)
7:40小山田着。
線路をはさんで白鳥の飛来地、三郎潟が見える。
だけどそこにいく道がない。

しばらく歩くと犬に吠えられる。
4頭もの犬を飼ってるお宅だった。

駅から三郎潟を写そうと戻ると、ご婦人が所在なげに立っている。
挨拶をすると、列車が運休になったと伝えられた。

いえいえ、そんなことはありません。
先ほどこの駅を出ましたと伝えたら勘違いを残念がっていた。

仕方なく花巻まで行くのにタクシーを呼んだという。
おかしな話だと思いながら土沢までのひと駅を歩く。

雪の積もる丘を写しながらの徒歩行。


下り坂に差し掛かると土沢の町が見えた。
車窓から眺めていたとおり大きな町だ。

商店街は充実して、洒落た飲み屋もある。
線路を渡ればコンビニもある。

岩手も美人が多い。
この町なら楽しく暮らせるだろう。

城跡もあるようだ。
土沢は南部氏の盛岡藩と伊達氏の仙台藩の境にあたり、南部氏の家臣江刺氏が城主として入ったが、数十年で廃城。
一国一城令など、やかましい法度があった時代のこと。

列車の運休は実は本当で、9:04に乗るつもりでいた快速列車が運休となり、その前の列車が45分ほど遅れているとのアナウンスがあった。
コンビニに行ったのはそれからのことだ。




踏切の警笛音に気づき駅舎を出ると、列車が到着するところだった。
無人駅での苦労を知る。

しかし列車は発車しない。
下り列車との交換待ちで10数分の停車。

運休の理由は知らないが、これもまた人生。
予定はどれほど狂うのだろうか。
そんな行程をどうにか楽しみながら飲みながら、東京に帰る。

土沢駅は宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の出発駅だという。
終点花巻までの小さな旅。

あの難解の小編をまた読んでみようと思う。

10:05 花巻(はなまき)駅(東北本線/釜石線 岩手県)
車窓から三郎潟を写す。




小山田を出ると、にわかに積雪が減り、花巻にはほぼ見られない。
釜石線の行く手に雪をかぶった山々が見えていて、さすがは奥羽山脈と思ったものだが、ここ花巻からは見えない。

約30分遅れての到着。
次の上りは北上行。

北上で待ってもしょうがない。
19分発の下りに乗って、降りたことのない駅に降りる。

念願だった駅そば「そば処花巻」に寄る。
ラーメンを注文。

一ノ関駅での味を期待したが、少し味が薄い。
この駅そばも今月で閉まるとある。

残念だ。
とても残念だ。
入口近くのスペースにも空きがある。
かつてはパン屋さんが入っていたはずだ。

10:35 石鳥谷(いしどりや)駅(東北本線 岩手県)
花巻から2駅下る。

途中奥羽山脈を写す。
遥かなる山並だが、北アルプスのような高さはない。

駅長さんは切符売りに忙しく、改札業務には手がついていかない。

しばらく歩くと町がありそうな、そんな駅前風景。

石鳥谷は「南部杜氏」発祥の地で、300年以上にもわたる酒造りの町とのこと。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日・・・保谷駅、代々木駅、都留市駅、富士山駅、河口湖駅(西武池袋線/山手線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

鉄旅日記2018年4月25日・・・阿字ヶ浦駅、那珂湊駅、勝田駅、大津港駅、日立駅、常陸多賀駅(ひたち

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その3-高速神戸、湊川神社、神戸三宮、甲陽園、夙川、西宮北口、宝塚、箕面、石橋、北千里、十三(阪急電鉄神戸高速線/阪急電鉄神戸本線/阪急電鉄甲陽線/阪急電鉄今津線/阪急電鉄宝塚本線/阪急電鉄箕面線/阪急電鉄千里線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・高速神戸駅、神戸三宮駅、甲陽園駅、夙川駅、西宮北口駅、宝塚駅、箕面

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その1-藤田観光ワシントンホテル、愛別駅、上川駅、白滝駅、丸瀬布駅、遠軽市太陽の丘公園 瞰望岩、遠軽駅、オホーツク氷紋の駅

車旅日記2004年5月4日 2004・5・4 7:59 藤田観光ワシントンホテル1011号 出発

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その2‐新白河、郡山、福島、仙台、あおば通(東北本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅、あおば通駅(東北本線) 8:22

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その2‐足利郊外ポテチーノ、下今市駅、鬼怒川ホテルニュー岡部、上三依塩原駅、会津若松駅、津川町、道の駅豊栄

車旅日記2000年5月3日 15:12 293号国道‐足利郊外ポテチーノ 108㎞ 繁華街を抜け

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】3日目(福山-宇部)尾道西PA、奥屋PA、温品PA、玖珂PA

車旅日記2000年8月14日・・・尾道西PA、奥屋PA、温品PA、玖珂PA 2000・8・14 9:

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

車旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこでしっか

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日・・・七日市駅、塩川駅、姥堂駅、会津若松駅(只見線/磐越西線) 16:

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

車旅日記2006年5月4日 2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室 いい朝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑