*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その2-多気、伊勢神宮外宮、伊勢市、鳥羽、鳥羽マリンターミナル(参宮線/鳥羽市営定期船)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月23日・・・多気駅、伊勢神宮外宮、伊勢市駅、鳥羽駅、鳥羽マリンターミナル(参宮線/鳥羽市営定期船)
11:27 多気(たき)駅(紀勢本線/参宮線 三重県)
名松線の暖かな車内では長いこと眠ってしまった。

一志駅に近づき、あの近鉄の電化設備が見える頃には、ずいぶん開けた場所に下りてきたと思う。

行きには鄙びた印象しか持てなかった土地も、見方が変わればそう見える。

松阪での乗り継ぎは3分。
参宮線へと乗り入れる鳥羽行が待っている。

その鳥羽行は紀勢本線との分岐駅、多気で19分の停車。

駅前でビールが買えるヤマザキのお店。
おかみさんにお変わりはなく、ご商売を続けておられた。
ありがたいことだ。

多気に降りるのは3度目だが、いつもお世話になっている。

12:17 伊勢神宮外宮にて



12:47 伊勢市(いせし)駅(参宮線/近鉄山田線 三重県)
駅前はとてもきれいになっていた。

以前からそうだったのかもしれない。
古くて狭い商店街の記憶は宇治山田でのことだったのかもしれない。

当時その場所で笑い転げていた少女たちも30歳を越しているだろう。
街も人も変わっていく。
良き方向にいきたいと思う。

手を浄め、口を浄め、伊勢神宮外宮に参拝。
3度目の参拝になるが、天照大神とは浅からぬ縁を結んでいる。

余計な祈りはいらない。
今年の無事を感謝して、来年の幸福を祈った。

京都とはすべてにおいて比較できないが、伊勢にもこの国が誇る国際的観光都市があった。
伊勢うどんは、やがて必ずや二人で食べにくる。

何という種族だか知らないが、オレの側を離れないかわいい顔をした鳥がいる。
米粒を与えたら全部腹に収めた。

この聖なる地での不思議な縁。
そんなことをしたのは結婚式を挙げたハワイについで人生でたった2度のことだ。

ワイキキビーチを見下ろすホテルのテラスでビールを飲んでいたら、鳩が舞い上がってきてオレの膝に止まったんだ。
手にしていたつまみを与えると、何をどうかぎつけたのか次から次に舞い上がってくる。

東京で見る汚い鳩などではなく、毛並みは美しく、中には幸福を予感させる白鳩もいる。
そのうち鳩に取り巻かれてテラスは糞だらけ。

あれは8年前。
そんなことを思い返す。

この小鳥とは前世のどこかで出会っているのだろう。
そう考えると現世は貴重。
そんなことを考える必然の一年だった。

そろそろ立つ。
あれから少し離れた場所まで移動していた小鳥は戻ってきて、なかなか気づかずにいたポテトチップスに近寄りついばむ。

おわかれだよ。

13:34 鳥羽(とば)駅(参宮線/近鉄鳥羽線/近鉄志摩線 三重県)


13:46 鳥羽マリンターミナル(鳥羽市営定期船/鳥羽湾めぐり 三重県)
JR参宮線終点の鳥羽まで。

鳥羽には去年の近鉄旅でも降りている。

降りるとすぐに伊勢の海が広がっていて、気持ちが弾む。


でも列車で下りた過去は突堤で海を写して、時間に追われるように引き返していた。

埠頭まで歩いてきたのは初めてだ。
そしてオレの旅に船が登場するのも初めてになる。

海辺のホテルは社会の変化に動じることなく、地位を保っている。

ただどんな名門ホテルがこの地にあるのか、不幸にして知らない。

神島行の定期船。
船客は多くない。



にぎやかな団体客がいる。
その脇に幼子を連れた島の若い奥さん。

島のことを尋ねた一団が奥さんに冗談を言う。
「奥さんも火を飛び越していったのですか?」

三島由紀夫「潮騒」に描かれた最も有名な一場面。
神島は歌島として登場する。

オレの席からは見えないが、奥さんは「はい」と口調に笑みをにじませて答えた。
一団からは歓声。

神島へは約30分の船旅。

【Facebookへの投稿より】
台風被害で一部区間がしばらく不通になっておりましたJR名松線に乗りました。

この沿線から、山間の県立高校が甲子園初出場!と話題になり、今年の夏に現れた白山高校がございます。
終着駅は伊勢本街道奥津宿、伊勢奥津駅でございます。

現代的な視点から見れば何もない場所ですが、小生には名残惜しゅうございました。

その後、お伊勢さんに詣りました。

3度目の参拝になりますが、毎回神域に足を踏み入れたとたんに身が引き締まるのを感じるのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その4‐前谷地、志津川、南気仙沼、気仙沼(気仙沼線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・前谷地駅、志津川駅、南気仙沼駅、気仙沼駅(気仙沼線) 14:21

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】最終日(長岡-東京)-長岡、東三条、吉田、新潟、新津、会津若松、郡山、磐城石川、磐城塙、玉川村、常陸大宮、金町(信越本線/弥彦線/越後線/磐越西線/水郡線/常磐線)

鉄旅日記2009年7月20日・・・長岡駅、東三条駅、吉田駅、新潟駅、新津駅、会津若松駅、郡山駅、磐城

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日・・・腰越駅、江ノ島駅、湘南江の島駅、片瀬江ノ島駅、新宿駅(江ノ島電鉄

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その2-妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

車旅日記2005年4月29日 16:44 妙高高原駅(松本駅より156㎞) このあたりには懐かし

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

車旅日記1998年5月4日 1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ 連休中初めての日差しだ。

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日 14:22 止別駅 (5月1日の旭川空港より518km) 思いがけず

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その3-三河田原、新豊橋、豊橋、東静岡、沼津(豊橋鉄道渥美線/東海道本線)

鉄旅日記2018年12月24日・・・三河田原駅、新豊橋駅、豊橋駅、東静岡駅、沼津駅(豊橋鉄道渥美線/

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1・・・扇町駅、浅野駅、海芝浦駅、国道駅、大川駅、保土ヶ谷駅、東戸塚駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

鉄旅日記2019年1月5日・・・金町駅、上野駅、高崎駅、六日町駅、長岡駅、見附駅(常磐線/高崎線/上

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・打田駅、妙寺駅、高野口駅、橋本駅、五条駅、吉野口駅、法隆寺駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑