*

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/13 旅話, 旅話 2007年

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅、新今宮駅、奈良駅(南海電鉄南海線/関西本線)
堺から難波はとても近かった。

南海なんば駅は、高島屋が入る歴史的建造物の中にある。

大相撲春場所が行われ、プロレスでは幾多の名勝負が生まれた大阪府立体育館に、大阪・新歌舞伎座。

戎橋通りは人で埋まり、うんざりして地下に潜る。

近鉄の大阪難波駅にJR難波駅。
あれは4年前。
当時は地上にあったJR駅も、また地下に潜っていた。

土産はその駅ビルの中で。
彼女には和泉の酒を。

さて、どうするか。
天王寺に戻るにはまだ早い。
電車に乗るという選択肢は最初からない。
ミナミは人であふれている。

こうなったら東へ行くか。
腹を括って、千日前通を鶴橋まで。

戎橋、千日前の人ごみの凄さには圧倒され、往く街並もまた大都会。
大阪環状線の内側はたいしたものだ。

近鉄電車の主要駅、上本町駅は近鉄百貨店の中。

天理教の一団とすれ違い、坂を上がり、下ると鶴橋駅。
足が痛み始めた。

鶴橋駅の高架下には狭い路地が密集していて、上野のアメ横のような昔ながらの商店街が形成されている。
その説明のつかない大阪らしさを気に入った。

隣の桃谷駅も同じような構造になっている。
とてもいい風情だ。

次の寺田町駅はそうした意味では寂しかった。
かつてほんの少しだけ思いを寄せた女性が通っていた高校は寺田町にあったと聞き、憂歌団は寺田町のゲンパチ会館を、「どんな台でもきっと勝てるぜ。300円もあれば十分さ。」と歌った。

やがて天王寺へ。
案外歩けるものだ。

近鉄の終着駅、大阪阿部野橋駅を写す。

天王寺公園では将棋盤を囲むオッチャンたちの塊がいくつかできている。
死に絶えた風景かと思っていたが、まだ生きていたんだな。
この街ではずっと生きていたのだろう。

動物園は閉園していた。
残念だ。

新世界へ。
恵美須町駅へ。
シブい終着駅だった。

通天閣周辺の市場で濁声を張り上げるオッサン。
オレはキタよりもミナミよりも、またアベノよりも新世界が好きだよ。

新今宮駅から奈良行大和路快速に乗る。

4人掛けのボックスシートは埋まった。
東京じゃあまり見かけない。

関西の人々はしっかり詰め合って座る。
飾りはない。
そんな関西とは肌が合う。

いよいよ奈良へ。

奈良駅の工事はまだ終わっていなかった。
宿泊するホテルは駅前にある。
閑散とした街の灯がオレを迎えた。

奈良一番の繁華街、三条通を北へ。
民宿の前に屋台を構えたおでん屋に入る。

話好きのおかみさんに愛想のないご亭主。
はんぺんが食べたかったが、
「こっちではないんよ。ごめんなあ。」

関東者のオレに対して「味が薄くないか」と、しきりに気遣ってくれる。
とても美味かったよ。

同志社大卒。
阪神電鉄勤務。
同年生まれのアメフト男。
後からやってきた眼鏡の埼玉娘。

肩を並べて飲んだのはこうした面々。

話は弾む。
酒も進んだ。

奈良の言葉は汚い。
お茶を飲みにいくことを、関西じゃ茶をシバきに行くと言うが、さらに言葉の汚い河内じゃ、茶をどつくという。
ちなみ上品な京都じゃ、茶をたたくという。
奈良の街中の家では鹿を飼っている。
これはすべて冗談。

吉野の桜を見たことがないという、おかみさん。
奈良にはJR、私鉄とも特急列車が走らないと憤慨する男。

オレと同じチョンガーの阪神電鉄勤務の休日は、パチンコをして適当に飲みに行き、最後はキャバクラで歌って終わるという。

鍵がかからない共通の便所に、陽気に騒ぐ大和青年。

埼玉娘の話を聞いていた。
仕事でツラいことがあったとかで、酔いにまかせてそのうちポロポロと大粒の涙を流す。

それでもう一杯。

完全に酔っぱらって、千鳥足でホテルに帰って素っ裸で眠ってしまった。

冷たい風が吹く夜だった。

関連記事

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・湖北駅、下総松崎駅、成田駅、香取駅、延方駅、佐原駅、大戸駅(我孫子

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

鉄旅日記2018年9月16日・・・桑名駅、養老駅、大垣駅、揖斐駅、垂井駅、美江寺駅、本巣駅、樽見駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

鉄旅日記2015年3月21日その2・・・香里園駅、寝屋川市駅、門真市駅、守口市駅、淀屋橋駅、天満橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その1-人吉駅、一勝地駅、球泉洞駅、佐敷駅、上田浦駅、千丁駅、有佐駅、不知火‐道の駅

車旅日記2005年2月13日 2005・2・13 9:01 人吉駅 町に濃い霧が立ち込めている。

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日・・・海部駅、桑野駅、阿南駅、穴吹駅、佃駅、琴平駅、善通寺駅(牟岐線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】最終日(花巻-東京)-花巻、平泉、一ノ関、仙台、白石、福島、郡山、矢吹、黒磯、宝積寺、古河、蓮田、西川口(東北本線)

鉄旅日記2011年8月17日・・・花巻駅、平泉駅、一ノ関駅、仙台駅、白石駅、福島駅、郡山駅、矢吹駅、

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】2日目(木曽-野麦峠-信州新町-志賀高原湯田中)-道の駅日義 木曾駒高原、木曽福島駅、木曽福島タイムリー、開田村、野麦峠扇屋、奈川渡ダム、道の駅信州新町

車旅日記1998年7月19日 1998・7・19 6:28 19号国道‐日義 木曽駒高原(道の駅)

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の佐賀空港

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅(常磐線/東北本線) 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑