*

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月25日
2018・4・25 6:25 取手(とりで)駅(常磐線/関東鉄道常総線 茨城県)
北松戸、北小金の古びた鉄骨の跨線橋に常磐線を感じ、我孫子の高層住宅群に目を見張った行きの車中。
今まで気づいていなかっただけで、きっと以前から我孫子はああいう一帯だったのだろう。

茨城県内を走るすべての鉄道に対して、一日限り木戸御免の「ときわ路パス」。
次の列車がくる6分の間では購入できず、取手を離れる時間が44分後ろに倒れた。
いきなりの計画の齟齬。

構わない。
利根川まで歩く。

そこは小堀の渡しというらしく、堤には海まで85kmの標注が立っている。

常磐線の長い鉄橋を写し、河川敷をぶらぶら歩きながら想うのは昨日の再会劇。
彼もオレといれば、いずれこんな景色も目にするだろう。

空は青く日差しは強い。
取手の商店街の先もまた高層住宅。

思いもかけぬ取手での時。
まさしく旅の朝だった。

7:16 竜ケ崎(りゅうがさき)駅(関東鉄道竜ヶ崎線 茨城県)
寂れた駅前から本町商店街大通りをNTTの角まで歩く。

宿屋があり、ホッピーを看板メニューに載せた大衆居酒屋があり、駅前では茨城訛りのタクシー運転手たちがボクシングの話をしている。

昭和の町並に平成の30年が残した物は見当たらず、愛しきものと再会した翌日の早朝、竜ヶ崎を歩いているオレという男を可笑しく思う。

古い家並を歩く中で、オレが失ったのは家でもあったのだと思う。

得たものは自由だと思いたい。
失ったままでいるのはたくさんだ。

例えば命を失う時、オレは安らぎを得る。

竜ヶ崎鉄道はコロッケを売りにしているようで、コロッケを突き抜いた吊革が一両丸々ぶら下がっている。

7:42 佐貫(さぬき)駅(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線 茨城県)
車内急病人の発生で遅れが発生。

車内での妊婦の出産などが報じられた昨今。
美談でもあり、はた迷惑ととらえることもできる。

表裏、陰陽。
その差は驚くほど近い。
北朝鮮の指導者の意志が平和に近いことを祈る。

人のことなど言えない。
破壊衝動ならオレにもある。

龍ヶ崎市の玄関口にあたる佐貫駅。
セントラルホテルの1階に竜ヶ崎線の改札口はある。

わずか3駅をつなぐ竜ヶ崎線。
トラブルさえなければ穏やかな鉄道風景が続く鉄路。

佐貫駅前には駅に付属する施設以外、商店飲食店の類は見当たらない。

土浦が近づいてくる。
美しい川辺を過ぎた。

土浦は街だった。

8:42 岩間(いわま)駅(常磐線 茨城県)
上り特急列車が異常な音を感知したとのことで16分の遅れ。

笠間市岩間。
牛飼いの小屋や山の気配に包まれて、関東平野が尽きる頃と知る。

昭和的な駅前風景の先に筑波山が鎮座している。
列車の遅れを心配する女子高生が所在無げに立ち尽くし、同じ高校に娘さんを通わせる仲のよい母娘が階段を上がっていく。

またしても喪失を思う。
別にそうしたくて列車に乗り込んでいるわけじゃないが、ボブ・ディランが歌うように、悲しみは果てしない。

9:01 赤塚(あかつか)駅(常磐線/水戸線 茨城県)
計画の破綻や列車の遅れがこの駅に降りることを許した。

山の気配は去り、都市の気配がして降りた駅前。
印象的な物は見られず、大宮、千葉、取手以遠の関東通勤圏ではもはや馴染みと言っていい居酒屋チェーンの出店が見られるのみ。

次の水戸で鹿島臨海鉄道に乗り換える。

9:51 大洗(おおあらい)駅(鹿島臨海鉄道 茨城県)
窓の外では水田に水が張られ、田植えが行れている。
遥かなる尊い営みが行れている。

元気がないわけじゃないが、オレにとっては「元気でいなきゃいけない」と思える光景だった。

当初の計画ではここで50分の時間をあてていた。
海岸に出て太平洋を撮って、心の支えともいえる彼女に送ることを考えていた。

でも海は遠かった。

車体にカラフルなアニメ柄が描かれた鹿島臨海鉄道。
聖地巡礼ルートがこの沿線にもあるようだ。

11:08 鹿島神宮(かしまじんぐう)駅(鹿島線/鹿島臨海鉄道 茨城県)
太平洋は見えなかったけど、北浦が見えた。

オレがこんなトラベラーじゃなければ、鹿島神宮にも寄り、水上鳥居を目指すだろう。
もうひとりのオレが名残惜しそうにしていたよ。

でもやはりオレはひとつでも多くの駅で降りて、そこにある風景を眺めたい。
この人生を止めるまではそれでいく。

もしも200も生きるのなら、晩年は神社仏閣を訪ねるよ。

まだ鉾田石岡間を走る鹿島鉄道が動いていた頃、クリスマスイブに降りた駅。
神色が施されていたと思い込んでいたけど、違った。

あれから多分オレは変わっていない。
そんなオレも来年50歳になる。

最大の別れを経験して、また恋をしている。

関連記事

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑