*

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/30 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月8日・・・安曇沓掛駅、信濃常盤駅、細野駅、海ノ口駅、信濃大町駅、信濃松川駅、安曇追分駅、南松本駅(大糸線/篠ノ井線)
10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)
駅舎を持たない駅に降りた。
3段の階段を下りると外。
犬が寝そべっている。

里山風景は穏やかで、冷気に体は強ばり、吹く風もまた冷たい。

11:41 信濃常盤(しなのときわ)駅(大糸線 長野県)
安曇沓掛からひと駅を歩く。


恐ろしげな餓鬼岳への登山口で、舞っていた名残雪の降りが強くなった。

駅の待合室で、松本で買った押し寿司とカップ酒を。

道中家族総出で働く様を見て、一度は作った家族という構成員の資格をなぜ失わなければならなかったのかを考えるでもなく、ただただ寂しく感じていた。

こんな空の下じゃそれもやむなしと、気だるい風景に同化する。

11:56 細野(ほその)駅(大糸線 長野県)
信濃常盤で待っていられず、たまたまやってきた上り列車で4駅を戻る。

ここも駅舎を持たないことはさっき通った際に知っている。
北アルプスを眺めるために降りたようなものだが、景色が素晴らしい。


何事にも意味は見いだせるのだと感じる正午。
名残雪は上がった。

次の下り列車がくるまでの滞在時間約10分。
これ以上の時間はいられなかったけど、あの名残雪は、あの時あの場所にいた者だけが受け取れた天からの季節物だった。

12:43 海ノ口(うみのくち)駅(大糸線 長野県)
仁科の地に日差しが戻り、あたたかく、木崎湖の水面は揺れ、湖面は緑色をしている。


ボートを浮かべていた温泉口。
中綱湖、青木湖とある仁科三湖の中で、木崎湖はレジャーに適した湖のようだ。

湖畔にたたずむ時間までは用意していない。
まれに名残雪が舞い、ひとりきりになれる素晴らしい場所で10数分。

人生が用意する最高の瞬間はあまりにも短いが、さっきがそうだったのだと、過ぎ去ってから気づくことがたまにある。

13:10 信濃大町(しなのおおまち)駅(大糸線 長野県)
11分の停車。
9年振りの大町は零下の世界。

駅前を車が縦横に走り、山拵えの人が行き交い、「駅そば」には列ができている。

鉄道文化が栄える町は華やいでいて気分が上がる。
売店で、離れて暮らす愛しきものに鉄道グッズを見繕う。

今とても会いたいと思っている。

13:30 信濃松川(しなのまつかわ)駅(大糸線 長野県)
3分の停車。
駅員さんがいる駅だった。

かつて車で立ち寄った駅に、列車で再訪できたことに密かな喜びを見つけている。
国道に面していたと記憶していたが、ロータリーを備えた駅だった。

かわいらしい安曇娘の横顔と北アルプスを漫然と眺めている。

13:42 安曇追分(あずみおいわけ)駅(大糸線 長野県)
この駅にも以前寄ったことがある。

実直そうな駅長さんがいる駅だったけど、現在は嘱託員が詰めていた。
ここでも数分の停車。

威厳のある駅舎は健在で、桜木と電話ボックスを従え超然とする様は美しく、町への入口脇を2件の食堂が固めていた。

14:34 南松本(みなみまつもと)駅(篠ノ井線 長野県)
松本から塩山行きに乗ってひと駅。

駅を出るとかつて何度も走った19号国道が見えて、駅舎は飲み屋に隣接して鰹だしが香る。
「駅そば」が改札外にある。

4分の滞在で、次に来る中津川行きに乗る。
この列車は塩尻から名古屋方面に向かう。

座席は埋まっている。
広大な貨物基地を見て、幼い男の子がおにぎりを片手に「貨物列車」とつぶやく。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その3-橿原神宮前、六田、吉野、近鉄御所、御所、尺土、二上山(吉野線/御所線/南大阪線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・橿原神宮前駅、六田駅、吉野駅、近鉄御所駅、御所駅、尺土駅、二上山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その2-畝傍、高田、大和高田、近鉄郡山、郡山、王寺、五条、和歌山(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・畝傍駅、高田駅、大和高田駅、近鉄郡山駅、郡山駅、王寺駅、五条駅、和

記事を読む

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日・・・鹿島神宮駅、新鉾田駅、鉾田駅、石岡駅(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その2‐新前橋、水上、長岡(上越線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・新前橋駅、水上駅、長岡駅(上越線) 7:24 新前橋(しんまえばし

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日・・・会津若松駅、笈川駅、堂島駅、喜多方駅(磐越西線) 2017・12・

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その2-田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別府・ホテル清風屋上ビヤガーデン

車旅日記2004年8月11日・・・田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

車旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。 塩

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】最終日(大館-東京)-大館、十和田南、荒屋新町、前沢、一ノ関、愛宕、国府多賀城、陸前山王、北白川、東白石、蒲須坂、片岡(花輪線/東北本線)

鉄旅日記2016年8月13日・・・大館駅、十和田南駅、荒屋新町駅、前沢駅、一ノ関駅、愛宕駅、国府多賀

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑