*

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】最終日(岡山-東京)-岡山、長船、明石、米原、大垣、沼津、平塚、北千住、東京葛飾(山陽本線/赤穂線/東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/11 旅話, 旅話 2007年

鉄旅日記2007年5月6日・・・岡山駅、長船駅、明石駅、米原駅、大垣駅、沼津駅、平塚駅、北千住駅(山陽本線/赤穂線/東海道本線)
2007・5・6 8:51 岡山駅(山陽新幹線/山陽本線/伯備線/津山線/吉備線/呉線/宇野線/本四備讃線 岡山県)
予報通りの雨。

路面電車は桃太郎通りから出る。

郵便局前で降りて、後楽園へ。

烏城の黒々とした姿が美しい。

城下電停まで下りてきて、たまたま一緒になった紳士の所作に男を見る。

「瀬戸の花嫁」や「桃太郎」の発車メロディが聞こえてくる。
8:54発長船行に乗る。

9:32 長船駅(赤穂線 岡山県)
備前長船。
刀剣の町。

あたりは住宅街。

かつて車で沿線を走ったことがある。
その際に降りてみたいと思わせた駅があった。

海沿いの港町だった。
どうやら日生駅らしい。

10:05 西片上駅を過ぎて
海が見えてくる前に山が迫り、急激に旅情を帯びてきた。

やがて備前片上。

日生からは小豆島フェリーが出るようだ。

12:22 明石駅を過ぎて
平和な時代に建ったお城と明石焼きの街。
そして須磨の浦。

明石海峡大橋は幻想的に消えて、もちろん淡路島は見えない。

じきに神戸。
六甲の山々にも靄がかかる。

13:32 京都駅を過ぎて
駅をじっと見ていたら、無意識のうちに、かつての恋人を思い出すというよりもむしろ、すぐ目の前にいるかのように彼女の顔が浮かんだ。

雨は止まない。

14:03 近江八幡駅を過ぎて
それにしてもあの日も雨だった。

14:41 米原駅(東海道新幹線/東海道本線/北陸本線/近江鉄道本線 滋賀県)
かつてのままだ。
大鉄道駅なのに、いつ来ても寂しい駅だ。

長い跨線橋を渡って駅舎を見に行く。
自慢にもならないが、このまま在来線を乗り継いで東京に帰る者など、オレ以外にないだろう。
従って東京は遠い。

宮脇俊三さんの著作にも登場する「駅そば」を食べる。

15:22 大垣駅(東海本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/近鉄養老線 岐阜県)
豊橋行の特別快速は混んでいる。
米原からの列車もそうだった。
そういえば3日前の朝もそうだった。

何がそうさせるのか。
別に構わないが。

16:53 豊橋駅を過ぎて
着々と東京への道をたどっている。

一昨日や昨日のように、商店もない集落で2時間近くも待つこともない。

東海道本線の接続はいい。
浜松行に乗っているが、次は沼津行だとありがたい。

17:15 新居町駅を過ぎて
浜名湖競艇帰りの男たちが乗り込んできた。
誰もがうらぶれて見えて、誰もが似たような姿をしていて、誰もが俗物のギャンブラーに見える。

弁天島からは地域の特定はできないが、東南アジアの民が。
顔は日本人に似ているが言葉はさっぱりだ。

そして彼等の言葉はあまり耳に心地いいとは言えない。

17:30 浜松駅を過ぎて
富士行とは中途半端だ。
乗車率はいい。

長い静岡県。
乗客の動向を見守る。

18:09 金谷駅を過ぎて
浜松からの乗客は掛川までに半分は降りた。
そしてまた新たな面々。

茶畑の緑が鮮やかだ。

大井川渡河。

18:38 安倍川渡河
夜景になっていてもおかしくない時間だが、静岡は完全な夜景に染まっていない。

19:15 富士川渡河
そして富士駅着。
次の行動を考えている。

19:34 富士駅を過ぎて
見合いの日取りが決まったとの親父からの報せに返信する。

それにしても今日は少し寒い。

20:10 沼津駅(東海道本線/御殿場線 静岡県)
今夜の酒とメシの第一候補が2月にも寄ったホームのおでん屋だった。

さすがに酒を出す店。
「駅そば」は富士駅でも閉まっていたが、最高の締めになった。

オバチャンは相変わらず元気だったし、馴染み客からはお裾分けもいただいた。

長いホームの一番端まで煙草を吸いに歩いていく連中。
オレも含めて今じゃ日陰者になりつつある境遇の皮肉を笑う。

20:41 熱海駅を過ぎて
この街の夜景がこの旅に感じる最後の旅情になるだろう。
それなりにまともな時間に東京に着きそうだ。

酒を片手に、「無限カノン3部作」は最終章を迎える。

外見はそうじゃないが、向かいに座る男はなかなかの紳士だ。

21:27 平塚駅(東海道本線 神奈川県)
東海道本線として東京に帰り着くためには15両が必要らしい。
増結が行われる。

事情を知らずに席を求めてきた者が、熱海から乗ってきた者たちが占める車両を前にして力を落とし、去っていく。

22:03 横浜駅を過ぎて
この旅の友だった「無限カノン3部作」が今しがたすべての物語を終えた。

作者の談話にあった三島由紀夫の「豊饒の海4部作」を読む必要が生じた。

向かいの紳士と東京まで一緒になるとは思っていなかった。
すでに多摩川を渡る地点まで来ようとしている。

22:37 秋葉原駅を過ぎて
東海道の旅はすでに終わっている。
しかし旅が続いている以上、終わってはいない。

終わり終わりとうるさいが、東京タワーが見えて、「よかった」と心から思っている。

23:02 北千住駅(常磐線/東メト千代田線/東武伊勢崎線/つくばエキスプレス 東京都)
半袖姿の者がいる。
オレの他にもいたか。

ホームを歩いていくと、ほぼ一定間隔でしゃがみこんでいる者がいる。
まるで電柱脇のゴミだ。

この街で彼女が暮らす。
もう家には帰っているだろう。

彼女におやすみを。
オレも無事に帰る。

24:46 東京葛飾金町
23:15金町駅着。
最終日はずっと電車の中。
岡山、神戸、大阪、京都、名古屋、浜松、静岡、横浜。
大都市をたどる旅は楽しかった。

三河湾に蒲郡競艇場。
そして静岡の物静かなギャンブラーたち。
初老の男ばかりで、オレが心配する筋じゃないが、競艇、競輪といった競技に賭ける血は、オレの同世代に受け継がれているのだろうか。

出会いの多い旅だった。
中国地方の人情を忘れない。
司馬遼太郎の著作に見た「中国者の律儀」は、まだ生きている。

備後落合や塩町で感じたことだが、町を出た者の行方は追わないが、残った者たちが末代まで残していくものに興味がある。

彼女への想いをつづってきた旅でもあった。
彼女への想いは、愛であり、確実性を持たない賭けでもある。

「無限カノン3部作」のカヲルは頻繁に愛をささやいていた。
そして信用は離れた。

でも美しい物語だった。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2・・・中書島駅、伏見桃山駅、桃山御陵前駅、桃山駅、JR藤森駅、木幡

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日・・・岩国駅、海田市駅、岡山駅、西大寺駅、播州赤穂駅、山科駅、南草津駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その2‐大館、大鰐温泉、大鰐、中央弘前、弘前(奥羽本線/弘南鉄道大鰐線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・大館駅、大鰐温泉駅、大鰐駅、中央弘前駅、弘前駅(奥羽本線/弘南鉄道

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日 13:43 泊駅(4月29日の松本駅より392㎞) いよいよ県境の

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄奈良駅、新田辺駅、三山木駅、JR三山木駅、狛田駅、下狛駅、新祝

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】最終日(城崎-豊岡-舞鶴-京都)走行距離256㎞-レイセニット城崎、城崎駅、豊岡駅、久美浜駅、宮津駅、西舞鶴駅、東舞鶴駅、福知山駅、京都駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・22 8:57 レイセニット城崎413号室 強い

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

車旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそれ以外の

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

鉄旅日記2013年2月17日その2・・・久留里駅、上総亀山駅、横田駅、木更津駅、巌根駅、袖ヶ浦駅、長

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑