*

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その3-佐和、友部、下館、騰波ノ江、下妻、石下(常磐線/水戸線/関東鉄道常総線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月25日
17:55 佐和(さわ)駅(常磐線 茨城県)
愛しきものの一年後の姿。
その姿を連想させる幼子を連れた父親の横にいた。

男の子はとてもかわいくて微笑ましい光景だったけど、胸がかきむしられるようだった。
誰に罪のある話じゃないけれど。

割烹旅館が駅右手に聳え立ち、雀荘も経営する食べ物屋が建てたビルが正面にある。
灰色の空の下で孤独を感じるオレには、駅前風景はそんな風にしか見えなかった。

駅は日本家屋風の年代物だった。
いつまでもそんな駅舎文化を残してほしいと思う。

彼女にメッセージを送った。

今は水戸駅で24分の停車中。
今日購入した酒は7本目になる。

18:58 友部(ともべ)駅(常磐線/水戸線 茨城県)
9年前に工事中だったターミナル駅に再び降りた。

ビジネスホテルの姿もあるが、奥行きは狭く、味のある飲食店がちらほらと灯をともす町。
かつての宿場の色を濃厚に残す町。

水戸からは3駅の距離だが、水戸を感じない。

ここから線路は野州方面に分かれ、よりローカル色を増していく。
姿は見えないが、すぐ脇のボックス席から聞こえる若い女性の会話からは、微笑ましいほどの常陸訛りが聞こえてくる。

酒は8本目を数える。

20:01 下館(しもだて)駅(水戸線/真岡鐡道/関東鉄道常総線 茨城県)
JR側に降りて坂を上がってみた。
味のある坂道だが、夜に溶けている。

駅前にはチェーン居酒屋が3軒ほど。
じいさんが太った孫を連れてぶらぶら歩いている。

そう言えば、昨日の再会当初はどこか他人のように感じたものだ。

跨線橋を渡り関東鉄道口へ。
ビジネスホテルを発見して、この町に泊まる近い未来を想像してみる。

友部でも試みた。
そう言えば、茨城県にだけは泊まった記憶がない。

関東鉄道駅舎内にあったカレー屋は出ていってしまって、テナント募集の貼り紙。
駅員は穏やかな笑みでオレを迎え入れ、純度100%の常陸人の中にひとり。

20:26 騰波ノ江(とばのえ)駅(関東鉄道常総線 茨城県)
構内踏切に下りて行き先を写す。

誰ひとりいない20:30の町に下館行が着いた。
ひとりの男が降りて、残った乗客は一名。
ここには優しい風が吹いている。

深田恭子さんに一発で持っていかれた「下妻物語」の舞台にもなった駅だという。

夕日が差す駅。
ヒグラシの声が聞こえている。
土屋アンナさん演じる「イチゴ」は、深田恭子さん演じる「モモコ」を励まし、翌日の「けじめ」に向かうことを隠さずバイクで去っていく。

美しい場面だった。
あの駅だという。

Suicaのタッチパネルが置かれた現在。
目の前を通る県道を大型トラックが疾走していく。

やってきた1両の車両には東南アジアの青年がただひとり乗っていて、オレには分からない方法で電話で喋っていた。

彼は次の大宝で降りて、オレひとり。

21:25 下妻(しもつま)駅(関東鉄道常総線 茨城県)
古い商店街が続く上町通りを歩く。

カラオケ屋を除いてすべて閉まっている。
市役所は反対側だと事前に知ってはいたが、行く術を知らずなだらかな坂道を上っていく。

そこはかつて車で通った道だった。
常陽銀行に突き当たる角を覚えていたよ。

そこを左に折れて500メートルほどのところにガソリンスタンドが光っている。
その向かいにセブンイレブンがあった。

9本目のビールと夕食を仕入れて駅へ。

この町は明らかに東京文化圏に組み込まれることに抗っている。
ビールを売っている場所を見つけた今、その事実はとても好ましい。

おそらく住人はあの映画に感謝し、あの映画で描かれた町をほどよく忘れている。

どこに行きたかったわけじゃないが、深田恭子さんが圧倒的なまでに愛らしかったのと、映画の出来栄えに誘われて、映画を観てから3度目の下妻行。

反対側への跨線橋に上ったら、そっちにも行きたくなったよ。


21:46 石下(いしげ)駅(関東鉄道常総線 茨城県)
この町にもうすぐ泉谷しげるさんがやってくる。
会場は豊田城とある。

平将門の根拠地だ。
ここが最寄りだったか。
探していたんだ。

鬼怒川や小貝川が氾濫を繰り返すあたりは現在の街道からは外れている。
歴史は時に現在では及びもつかない場所で進行する。

駅前ではつくばセントラルホテルがただ一軒光を放っていた。

関連記事

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

鉄旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑