*

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年1月5日・・・米沢駅、福島駅、仙台駅、一ノ関駅(奥羽本線/東北本線)
17:34 米沢(よねざわ)駅(山形新幹線/奥羽本線/米坂線 山形県)
雪はさらに激しさを増し、夜空は暗さを増す。


吹雪のような駅前から先へ行く理由が見つからず、酒とつまみを購入して、すでに入線している17:44発福島行に乗り込み、穏やかな時間を過ごしている。

米沢城址のお堀は結氷していた。
上杉神社に近づくと新年の参拝客に囲まれた。

道々戊辰戦争での米沢藩について考えていた。
歴史は武勇の家の誉れを会津藩に与えて、武士の時代は終わった。

新年明けて5日目。
雪の米沢。
得がたい記憶ができた。

川中島合戦が再現される川辺を見ておきたかったけど、夜が下りた雪中行軍は断念して正解だった。

だけど、また米沢に行く理由が生まれた。

この雪は福島へと下る途中で消えるだろう。

18:38 福島(ふくしま)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/奥羽本線/阿武隈急行/福島交通飯坂線 福島県)
かつて車で立ち寄ったことのある峠駅では、「峠の力餅」の売り子が現れ、乗客の数名が殺到した。

停車時間はない。
JR自体が文化を守る運動に熱心ではないのだと感じる。

車窓から何かが見える区間じゃない。
スマホに目を落としているうちに福島盆地へと下りてきた。

福島盆地にも雪は残り、うっすらと積もっていた。

18:35発仙台行は4分の遅れ。

20:01 仙台(せんだい)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/仙山線/仙石線/仙台市地下鉄南北線/仙台市地下鉄東西線/仙台空港線 宮城県)
20:00発一ノ関行は、乗ってきた19:56着仙台行の到着遅れにより2分の発車遅れ。
いずれにしても乗り換え時間はわずかしかない。

仙台にはもはや雪はなく、米沢のことが嘘のように感じる。

こんな時間帯に旅行者然としているのはオレのみで、多くの仙台人に紛れたこの夜を喜ぶ気持ちでいる。

明日はここ仙台で少し時間をとっている。

21:35 一ノ関(いちのせき)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/大船渡線 岩手県)にて



22:45 一関グリーンホテル
福島から仙台そして一関。
道中は長かった。

酒を飲むことに疲れ始めた新年。
その事態を歓迎している。

こうして心身ともに必然を迎えて今年は成就。
そんな流れの中にいるが、一関は遠かった。

一関の夜は3年前に知っていた。
もっとも便所を借りて駅前風景を一瞥したに過ぎない。

もっとも今夜もそれに近い。
ホテルは近く、スナック街に足を踏み入れ、コンビニで用を済ませ、懐かしげな顔をしたレジの女性を素敵だと感じて店を出る。

街の明かりはすぐに尽きて、駅に戻るようにこのホテルに入った。

オレと一関の縁は深い。
遡れば20年以上前に行き着く。

人と街を同列に考えるのはアリだろう。
オレは友人のその後を見つめるように街との再会を果たしてきた。

素敵な女性を見かけた一関。
オレももう今年で50歳。
そんな印象のまま街を離れられることもまた素敵だ。

明日の朝、日が上る前の街を正確に描写してここを離れる。

米沢で買っておいた米沢牛炭火焼特上カルビ弁当1600円。
たまらなく美味しかったよ。

【Facebookへの投稿より】
新年明けましておめでとうございます!
皆さまにおかせられましては平和なお正月をお過ごしになられた事と存じます。
本年における皆さまのご多幸を心よりお祈り申し上げます。

新年初旅は、一番列車で東京葛飾を出まして、トンネルのムコウの雪国に身を震わせ、大穀倉地帯の越後平野まで来ますと雪はないのだと感心して、反転するように米沢へと向かったのでございます。

米沢は深い雪の中で現在もしんしんと降り積もっております。
謙信公からはじまる上杉家廟所に参り、また城址公園の中にある上杉神社に詣でました。

幕末、同じ東北の中で武勇の誉れは会津藩、庄内藩へと与えられましたが、高校野球における龍谷大平安、松山商業、広島商業、中京大中京といった古豪に与えられ続ける名誉を、米沢の街はまとっておりました。

福島盆地へと下り、現在仙台へ向かう列車に乗っております。

関連記事

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その4‐前谷地、志津川、南気仙沼、気仙沼(気仙沼線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・前谷地駅、志津川駅、南気仙沼駅、気仙沼駅(気仙沼線) 14:21

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その3‐押切、帯織、長岡(信越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・押切駅、帯織駅、長岡駅(信越本線) 15:35 押切(おしきり)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1・・・岩倉駅、御嵩駅、犬山駅、新鵜沼駅、鵜沼駅、名電各務原駅、各務ヶ

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日・・・四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その2-久田野、新白河、豊原、白坂、黒磯、西那須野、那須塩原、矢板(東北本線)

鉄旅日記2016年3月21日その2・・・久田野駅、新白河駅、豊原駅、白坂駅、黒磯駅、西那須野駅、那須

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その6‐渚、高山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・渚駅、高山駅(高山本線) 17:54 渚(なぎさ)駅(高山本線 

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その5‐撫牛子、川部、五所川原、津軽五所川原(五能線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・撫牛子駅、川部駅、五所川原駅、津軽五所川原駅(五能線) 19:59

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その2-北条町、姫路、播州赤穂、日生、備前片上、西片上、倉敷(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・北条町駅、姫路駅、播州赤穂駅、日生駅、備前片上駅、西片上駅、倉敷

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その3‐上諏訪、塩尻、洗馬、中津川(中央本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・上諏訪駅、塩尻駅、洗馬駅、中津川駅(中央本線) 10:27 上諏訪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑