*

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

公開日: : 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年1月6日
2019・1・6 5:47 一ノ関(いちのせき)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/大船渡線 岩手県)
昨夜の雪はやんでいた。

明かりの消えた街の上空。
星の煌めきが際立っている。

スマホであれを美しく撮れたらいいのに。
昔のガラケーからすれば今でも十分だけど。

始発列車は盛岡からIGRいわて銀河鉄道に乗り入れる滝沢行5:46発。
次いで常磐線との分岐駅でもある岩沼行5:56発。
朝一番の列車は長距離を走る宿命を負わされているのか

三番目がこの気仙沼行5:59発。
一ノ関駅の朝も早い。

かつて歩いたのはグリーンホテルからほんの先までだろう。
商圏はそこで絶えている。

平泉への玄関口を謳う街で、約40年前にはジャンボ鶴田×ビル・ロビンソンのUN選手権が組まれている。
まるで古代遺跡のような栄光の事実だ。

駅のホームにある駅そばのラーメンが美味いんだ。
それを食した頃のオレもまた栄光の時を生きていたが、これからまたやってくる栄光の始まりを迎える。

どういう類いのムリもなく、オレはそう思っているんだよ。

6:18 陸中門崎(りくちゅうかんざき)駅(大船渡線 岩手県)
行き違い4分の停車。

畑に積もった雪が白く浮き上がる様が泉のように見える。

上りホームには3人ほど待ち人がいた。

一週間前はまだ2018年。
風景も違ったものに見えていただろうかと思いもしたが、実際は変わらないだろう。

変わるのは人々の心持ち。

正月3日、故郷からの帰りの道で旧友の母親に会った。
約40年振りだ。
その地点に到達する前に走り去った車があったが、そこに旧友は乗っていたという。

叔母からは懇切な便りが届いていた。

右手に工場夜景が見えた。
煙も上がっている。
この地元の誇りであることを願う。

7:14 千厩(せんまや)駅(大船渡線 岩手県)
6:54着。
この町で30分を過ごし、猊鼻渓まで3駅を引き返す。


これがオレの旅。
オレがやりたいこと。

朝の日はまぶしく冷気は厳しい。
道行く人が挨拶をくれた。

坂を下りて角のコンビニへ。
酒に飽きがきていたがビールと昼飯におにぎりを購入。

商店街が国道に沿って続く駅前風景を愛している。
古い家並だが、駅前食堂をはじめ今も営業しているのだろうか。
それだけが気掛かり。

金山一揆集結場所という史蹟が駅前地図にあった。
奥州仕置き後にとられた豊臣秀吉による産金税制への不満から、悲壮な思いで松澤神社へと集まった3,000人にも上るという堀子たちに、こんな寒い朝だからこそシンパシーを感じる。

一揆は、伊達政宗により派遣された軍隊によって鎮圧された。

7:52 猊鼻渓(げいびけい)駅(大船渡線 岩手県)
輝かしい冬の朝。
昨夜のうちに降り積もった雪が白銀の世界を作り出している。
目をつぶる気にはならない。

観光地猊鼻渓は駅から徒歩3分ほどの船着き場から揺られていくようだ。
車窓からも景勝地の一部が見える。

歩いていきたかったよ。
でも滞在時間8分にその余裕はなく、トイレに行きコンビニでビールを購入して駅に戻る。

今は気仙沼行に乗って雪見酒。
金がかかるもんじゃないが、これがオレにとって一番の贅沢。

8:54 気仙沼(けせんぬま)駅(大船渡線/気仙沼線 宮城県)
気仙沼まで下りてくると雪はほぼ消えて、代わりに空が陰ってきた。

3年振りの気仙沼。
待合室は小さく感じられ、人で埋まっていた。


ここには10分しかいられない。
パールホテルが聳える駅前風景に変化はない。

すでにBRT専用ルートを走り出して、さっきまで乗っていた大船渡線とも分かれた。

気仙沼線はまさしくここに敷かれた鉄路を走っていたのだと心から感じて、3本目の酒を開けた。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日 2018・9・22 5:15 松戸(まつど)駅(常磐線/新京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その3-三河田原、新豊橋、豊橋、東静岡、沼津(豊橋鉄道渥美線/東海道本線)

鉄旅日記2018年12月24日 13:39 三河田原(みかわたわら)駅(豊橋鉄道渥美線 愛

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

車旅日記1998年5月2日 1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA 昨夜の

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年睦月【SNSへの投稿より】年明けの心象風景を載せた4篇でございます。

【2019・1・13 Facebookへの投稿より】 昨日、

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その3-名取、岩沼、福島、郡山、新白河、上野(東北本線)

鉄旅日記2019年1月6日 15:07 名取(なとり)駅(東

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

鉄旅日記2019年1月6日 10:00 本吉(もとよし)駅(

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日 2019・1・6 5:47 一ノ

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-長岡-坂町-米沢-福島-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

鉄旅日記2019年1月5日 17:34 米沢(よねざわ)駅(

→もっと見る

    PAGE TOP ↑