*

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/05/08 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年12月2日・・・大泉学園駅、北千住駅、東武動物公園駅、上三依塩原温泉口駅、中三依温泉駅、会津高原尾瀬口駅、七ヶ岳登山口駅、会津山村道場駅(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)
2017・12・2 5:05 大泉学園(おおいずみがくえん)駅(西武池袋線 東京都)
衆議院総選挙での自民党圧勝、福岡ソフトバンク×横浜DeNAの日本シリーズにおける激闘、大相撲九州場所初日以後の醜聞、横綱日馬富士引退。

暦は師走になり、ひとつの友人グループとは忘年会で一年を労い、初秋からほぼ週休一日で忙しく働いてきた仕事は、困ったことに落ち着きを見せ始め、SNSで得た友人たちとは当日の健闘を誓い合う。

そのSNSでは、ひとりの女性と毎日のように互いの無事と幸福を祈り合う大切な関係も築けた。
もちろん会ったことはない。

これからクリスマス、年の瀬、正月とくるが、どんな心地で過ごすのか。
決まって正月前に「とらや」を出ていった車寅次郎の哀愁に満ちた後ろ姿が浮かぶ。

冬の国へ。
会津に向かうべく始発から数本後の列車に乗っている。
こうしてる間にもう池袋。

始発列車は朝を待ちきれない人々でたいてい埋まっているが、この便は、この時間じゃこんなもんだろうと合点するだけの人々を乗せて、粛々と終点に向かっている。

6:00 北千住(きたせんじゅ)駅(常磐線/東武伊勢崎線/東京メトロ千代田線/東京メトロ日比谷線/つくばエキスプレス 東京都)
池袋駅山手線外回りのホームへの階段を上がると、丁度乗る列車が到着したところで、驚くべき人々の波に階段の途中で呑まれた。
忘年会シーズンが本格的に始まったようだ。

車内も通常の通勤時間帯の混雑と変わらない。
これが東京という街だ。

西日暮里で地下鉄千代田線に乗り換える。

列車の到着を待つスーツ姿の若い男がホームに胡座をかいている。
その姿は男らしくはあるが、ズボンが汚れることに抵抗を持たないことは理解できない。
昔は相当に泥酔した者以外にそんな姿は見かけなかった。

久しぶりに降りた北千住は懐かしく感じた。
金町にいた頃は毎日通り、かつて心を寄せていた女性は今もこの街に暮らしているのだろう。

新橋で小さなスナックのママをしている彼女。
会いに行けないことはないが、会わせる顔はまだできていない。
でも得意先に行く時にはいつも店の前を通る。

ルミネを従えた北千住駅。
スマホを横にして写真を撮ったら、てっぺんが収まらなかった。

6:46 東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん)駅(東武伊勢崎線/東武日光線 埼玉県)
日光線への乗り換え列車を待っている。

ここで夜明け。
大きな太陽が北千住方面から上がり、どことなく侘しいターミナル駅が輝きに満ちた。

20年以上前にこの町の動物園に行ったことを思い出している。
小さな動物を肩に乗せてはしゃいでいた恋人の姿。
他はすべて忘れていた。

駅に寄ったのはその際か。
あるいは仕事で和戸に納品に行った際かもしれない。

車窓から冬枯れの景色を見ていた。
この景色は普段暮らしているあたりにはなく、旅に出ている実感を強くする。

日の出の写真をmessengerで送る。
こうして毎朝交誼を深めている。

9:20 上三依塩原温泉口(かみみよりしおばらおんせんぐち)駅(野岩鉄道 栃木県)
南栗橋、下今市で乗り継ぐ。

小雪が舞っている。
日差しも覗く。

冬枯れたアスファルトを男鹿川まで歩く。
会津西街道は山間に差しかかり、次の町は遠く、歩いてはいけない。

かつて闇の中に浮かんで見えた駅に女性駅員はいるが、当時の印象に違わず、あたりに集落はなく、高所にあるこのホームからはわずかな家屋しか認められない。

風は冷たいが、まるで希望のようにたまに降り注ぐ日差しはあたたかい。

ホームに立つ身はひとり。
たまらなく愛しい時を生きている。

9:52 中三依温泉(なかみよりおんせん)駅(野岩鉄道 栃木県)
駅前にある三依霊山宝蔵院の由緒書きによると、三依地区は会津藩領で、戊辰戦争では一村を除いて焼かれたとある。

ここから会津若松は遠い。
戦争とはそういうものか。

東京より冬の訪れが早い村で暫し。

風は冷たく、柿は収穫を得ずに腐り、ガソリンスタンドは撤退し、会津西街道を往く車もなく、駅裏のそば打ち道場には人の姿がある。

駅前に組まれた櫓にはクリスマスイルミネーションの仕掛けがついている。
どの村にもささやかであれクリスマスはくる。

しかしこの風の冷たさを、おそらく東京ではこの冬経験しない。
さっき挨拶を交わした掃除夫のおじさんも上り列車の運転手に寒いとこぼす。

10:24 会津高原尾瀬口(あいづこうげんおぜぐち)駅(会津鉄道/野岩鉄道 福島県)
かつての会津線の終着駅でストーブにあたる。

いくつかの土産物屋を除きあたりにめぼしいものは見られず、この駅に止まる列車は、田島までの各駅の存在をしばらく無視する。
オレはそういう存在に用があってこうして乗り継いできた。

NHK大河ドラマで描かれた「八重さん」の故郷をこれから歩く。

11:21 七ヶ岳登山口(ななつがたけとざんぐち)駅(会津鉄道 福島県)
変哲のない会津西街道を歩いていく。

七ヶ岳への登山は現在禁じられ、街道にこの駅へと誘う表示はない。

通る車は疎らで風は穏やかで音もなく、車を操る者の他に見かける人はない。

11:58 会津山村道場(あいづさんそんどうじょう)駅(会津鉄道 福島県)
会津西街道を阿賀川に沿って歩いていく。

荒海宿の木札が温泉地を示し、やはりここにも駅を示す表示は見られない。

12時の時報は「恋は水色」。
不意に不自然な音が聞こえ、冷たい風にも慣れて外に出るとコンセントを発見して拝借。スマホを充電。
これで焦燥も消える。

真っ青な空の下、冬枯れと表現したかった道中は春のような日差しを浴びて、とても豊かな風情をまとい、囲む山々に白いものは見られない。

途中、ここが義経逃避行路であるとの新しい石碑が立っていた。

諸説あるだろう。
義経一行は日本海側をたどり、やがて平泉へと東北を横断する。

白河の関は過ぎた。
この道を行ったのかもしれない。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その2‐大館、大鰐温泉、大鰐、中央弘前、弘前(奥羽本線/弘南鉄道大鰐線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・大館駅、大鰐温泉駅、大鰐駅、中央弘前駅、弘前駅(奥羽本線/弘南鉄道

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その2-郡山、福島、曽根田、仙台、一ノ関(東北本線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・郡山駅、福島駅、曽根田駅、仙台駅、一ノ関駅(東北本線) 11:08

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】2日目(木曽-野麦峠-信州新町-志賀高原湯田中)-道の駅日義 木曾駒高原、木曽福島駅、木曽福島タイムリー、開田村、野麦峠扇屋、奈川渡ダム、道の駅信州新町

車旅日記1998年7月19日 1998・7・19 6:28 19号国道‐日義 木曽駒高原(道の駅)

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その2-村崎野、六原、盛岡、八戸、野辺地、下北(東北本線、いわて銀河鉄道線、大湊線)

鉄旅日記2016年3月19日その2・・・村崎野駅、六原駅、盛岡駅、八戸駅、野辺地駅、下北駅(東北本線

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日・・・松戸駅、我孫子駅、成田駅、銚子駅(常磐線/成田線/銚子電鉄) 小

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、新潟・みちのくひとり旅】初日(東京-横手)-郡山、津川、亀田、さつき野、水原、坂町、村上、あつみ温泉、鶴岡、余目、刈和野(東北本線、磐越西線、信越本線、羽越本線、陸羽西線、奥羽本線)

鉄旅日記2012年8月11日・・・郡山駅、津川駅、亀田駅、さつき野駅、水原駅、坂町駅、村上駅、あつみ

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1・・・西岐阜駅、京都駅、二条駅、日吉駅、胡麻駅、下山駅、和知駅、綾

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅、新白河駅(常磐線/東北

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・浜松駅、豊橋駅、大垣駅、京都駅、六地蔵駅、城陽駅、京終駅、帯解駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑