*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その1‐北上、横手、醍醐、十文字、下湯沢(北上線/奥羽本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月4日・・・北上駅、横手駅、醍醐駅、十文字駅、下湯沢駅(北上線/奥羽本線)
2019・11・4 6:06 北上(きたかみ)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/北上線 岩手県)
街の高校が県のラグビーチーム代表として、花園への出場を決めたことを喜ぶ垂れ幕をどこかで見かけた。

街ではホテルが目立つが、駅前タワーは閑散としていた。

駅前ロータリーに差し掛かると、地元ラジオ局が放送で6:00を告げた。


盛岡発の一ノ関行が入線。

こんな早い時間にこの街に降り立つ人々がいる。
それに野球少年。

横手行北上線は0番線ではなく1番線に停車していた。
今日は東北本線と奥羽本線をつなぐ線を行き来する。

発車した列車は奥羽山脈という壁に向けて一直線に突き進んでいる。

あの山脈を越えて、先へ行こうとした人類の歴史を想う。

7:29 横手(よこて)駅(奥羽本線/北上線 秋田県)
奥羽山脈へと上がっていく過程はとても楽しめた。

ゆだ錦秋湖は色づき、見事な紅葉だった。
霧に包まれ水面を水鳥が跳ねる。

ほっとゆだ、ゆだ高原と、車窓に現れる鮮やかな秋に目を奪われていた。

やがて下っていく。
下りきると横手。
北上線は半円を描くように街に近づいていく。

乗換時間は5分。
まずは新庄に出る。

フィリピン人と思われる女性の一行が次の柳田で降りていった。

7:39 醍醐(だいご)駅(奥羽本線 秋田県)にて



8:22 十文字(じゅうもんじ)駅(奥羽本線 秋田県)にて





9:34 下湯沢(しもゆざわ)駅(奥羽本線 秋田県)
横手から乗った列車は湯沢止まりで、その先へ行くには2時間待たなきゃならない。

そこで歩く。
ひとつでも多くの駅に降りて、土地の暮らしを見つめるのがオレの旅。

7:38に醍醐駅に降りると、ひなびた羽州の景観の中にただひとり。
ため息をつきたくなるような秋色の光景を目にして動きを止める。
この旅のクライマックスが訪れていた。






羽州街道を南へ。
明治天皇が立ち寄られた旧跡があり、雅やかな梨木公園に足を踏み入れ、醍醐駅から約40分で十文字駅に到着。

掛け軸がかかる古風な学問所のような待合室は清潔で、出ていくのを躊躇するちょっとした異空間だった。

歴史の町を謳うが、案内板には歴史的事実が記されることはなく、隣の増田地区に文化財的な旧い家並が残されているとのことだった。

駅舎には「丸に十字」の紋が見られる。
「丸に十字」といえば、薩摩の島津氏の家紋。
関連はないらしい。

あるいは戊辰戦争の際に薩摩藩がこの地に温情を与えたのかと想像してみたが、この地は横手市十文字町。

丹尾旅館の角を曲がり、さらに羽州の道。
皆瀬川を渡ると通りに酒屋や菓子屋が現れる。

法事を営まれたお宅の前で、和尚さんが招かれる光景を懐かしく感じながら羽州街道の下をくぐると、下湯沢駅が見えた。

正面に見える姿のいい山は鳥海山だろう。

素朴な駅前風景。
醍醐駅で味わった秋を、浴びるように身に染みこませていく。

【Facebookへの投稿より】
羽州街道を歩いておりました。
普段暮らす町では見られない秋を感じて、ひとり満足していたのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その2-中津川、坂下、落合川、南木曽、十二兼、洗馬、塩尻(中央本線)

鉄旅日記2019年3月24日・・・中津川駅、坂下駅、落合川駅、南木曽駅、十二兼駅、洗馬駅、塩尻駅(中

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その2‐水戸、いわき、原ノ町、鹿島(常磐線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・水戸駅、いわき駅、原ノ町駅、鹿島駅(常磐線) 7:40 水戸(みと)

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々しい朝が訪

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】2日目(下北-石巻)その2-金田一温泉、斗米、二戸、好摩、いわて沼宮内、厨川、矢幅、日詰、小牛田、涌谷、石巻(IGRいわて銀河鉄道、東北本線、石巻線)

鉄旅日記2016年3月20日その2・・・金田一温泉駅、斗米駅、二戸駅、好摩駅、いわて沼宮内駅、厨川駅

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出発が遅く

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅、新白河駅(常磐線/東北

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

鉄旅日記2015年8月15日その1・・・西鉄柳川駅、西鉄久留米駅、西鉄甘木駅、甘木駅、基山駅、けやき

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑