*

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その2-電鉄出雲市、川跡、旧大社駅、出雲大社前、雲州平田、松江しんじ湖温泉、松江、乃木、東松江、玉造温泉、揖屋、荒島、米子(一畑電車北松江線/一畑電車大社線/山陰本線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/05 旅話 2014年

鉄旅日記2014年8月15日その2
15:09 電鉄出雲市(でんてついずもし)駅(一畑電車北松江線 島根県)
宍道から山陰本線で出雲市駅へ。

一畑電車に乗る。
木次に着くまでは考えてもいなかった。
これこそ旅だ。

出雲市駅前は賑わっていた。
以前に比べていろんなものが駅前に出現したように感じたのは、人出が多くなる午後の時間帯だったからだろうか。

電鉄駅の装いは新しく、一畑電車の一日フリー切符はうちわだった。
粋な図らいだ。それに金もかかっている。

15:21 川跡(かわと)駅(一畑電車北松江線/一畑電車大社線 島根県)
大社線への乗り換え時間はごく僅か。
一畑電車の小さなターミナル駅を写真に収めて駅を離れる。
すでに出雲大社前行は発射準備を終えている。

車内案内を務めるYさんはとても親切だ。
たくさんの鳥居が連なるあそこがカメラスポットだと案内を聞きながら、出雲ドームを眺める。
出雲ドームは山陰本線からも見ることができる。

言ってみれば田舎の変哲のない風景をぼんやりと眺めている。

旧大社(たいしゃ)駅(旧大社線 島根県)にて

15:58 出雲大社前(いずもたいしゃまえ)駅(一畑電車大社線 島根県)
出雲大社には参詣せず、旧大社駅への往復で時間切れ。

旧大社駅も立派な文化財だ。
その価値は計り知れない。
神社の風貌の内に宮殿風の内装を施している。
何よりおそろしく大きい。
あの駅から始めて、あの駅に帰ってくる一日を想像すると、ただそれだけの行為が荘厳なものに感じられる。
ただし出雲大社へはかなりの距離を歩かなければならない。
バスでは7分とあった。

ここ一畑電車駅も素晴らしい。
カフェが併設され、ステンドグラスがはめ込まれたドーム型の駅舎はイスラムの宗教施設を連想させ、こんな曇り空の下だが、駅はあたたかな光に満ちていた。

17:01 雲州平田(うんしゅうひらた)駅(一畑電車北松江線 島根県)
待合室のテレビで長崎代表の海星高校の試合を映している。
同じ「かいせい」高校で、オレはまた島根代表の開星高校かと思い、観戦していた駅員に「惜しかったですね」と言葉を投げた。
彼は曖昧に笑う。
相手は東京代表の二松学舎付属で、2点差で負けていてチャンスを迎えていたところだった。
「かいせい」違いだった。

激しい雨はどうにか収まった。
ビールを欲しない涼しさで、雨を見ながらコンビニおにぎりをゆっくり食べた。

かつて駅前を車で通ったことがある平田は、一畑電車に乗ることを決めてから真っ先に思い浮かんだ場所だった。
今そこにいる。
少し歩いた。

宍道湖から流れ出る運河を挟んでこじんまりとした街があった。

松江しんじ湖温泉(まつえしんじこおんせん)駅(一畑電車北松江線 島根県)にて

松江しんじ湖温泉駅~松江駅(徒歩)

松江(まつえ)駅(山陰本線 島根県)にて

18:26 乃木(のぎ)駅(山陰本線 島根県)
一畑電車の終着駅、松江しんじ湖温泉駅に着いたのは今から約45分前。
前回の松江行でもJR駅から歩くことを試みたが、辿り着けなかった駅だった。

宍道湖畔に出ると、そこは覚えていた道だった。
松江は4度目になるが、夕暮れ時は初めてだったのでとても新鮮な気持ちで歩いた。

暮れゆく松江の灯はとても上品だった。
前回たまたまこの街にいる時に父からの電話を受け、発生した見合い話は結局うまくいかなかった。
あの時は残念だったよ。
でもあれからそれ以上の縁を得て現在を生きている。
結局はこれでよかったんだ。
浅からぬ縁を持った松江を離れた。

松江から下り列車でひと駅。
乃木希典大将の祖先はこの土地から出ている。
地図を見れば宍道湖に接している。
ここに降り立つことは今回の旅の中で重要な要素だった。

駅前にはJAと集合住宅があるばかりで、生活道路が線路に平行して走っている平凡な光景を目にしただけだった。
上り列車がやってきた。
今日を終わらせるにはまだ早い。
列車に乗って松江をぶらついてみる。

18:54 東松江(ひがしまつえ)駅(山陰本線 島根県)
乃木から上り列車で松江、さらにその先の東松江で降りる。

宍道湖は視界から消え、松江の灯もここまでは届かず、工場の明かりも消え、夜が訪れる。
何も記すことのない駅前を離れ、再び下り列車に飛び乗る。

どうやら雨は峠を越したようで、時折覗く松江水道の夕景が美しい。

19:36 玉造温泉(たまつくりおんせん)駅(山陰本線 島根県)
下り列車で乃木のひとつ先の駅に降りる。

ログハウス風の新しさを思わせる駅舎は温泉街に対する想像を掻き立てさせた。
足元には灯籠のようなものに灯が入り、料亭的な品をあたりに配っている。

坂を下って湖畔に出れば、列車から見えたホテル群に出る。
そこが温泉街かと思いきやどうやら別な場所にある。

玉造温泉は、坂の途中の薄暗い小路から約1.5キロと記す表示があった。

再び上り列車に乗って、今夜の宿泊先の米子に向かう。

20:24 揖屋(いや)駅(山陰本線 島根県)
車窓から眺めた松江は夜景も上品だった。
一畑ホテルをはじめとした温泉街の明かりが際立っていた。
今回の旅で山陰本線から見える宍道湖が鮮明な姿として記憶された。

送り火が香った。
駅前商店街にはローソンと「いやタクシー」。
そして生徒たちと、彼等を引率してきたと思われる教師または保護者がくぐった焼肉屋。
別にどちらの立場でも構わないが、迫力のある男だった。

線路の反対側には煌々と光を放つ大型スーパーがあり、二人の男がそちらに渡るべく跨線橋に向かった。
ここは明るい時間帯には食堂も営業している駅のようだ。

いよいよ米子へ。
ホームで大勢に見送られた男が乗ってきた。
懐かしい鉄道風景だ。

20:33 荒島(あらじま)駅(山陰本線 島根県)
特急通過待ちで数分の停車。

揖屋で購入したビールはまだ手の中にある。
列車と酒には切り離せない絆がある。

荒島駅には気の毒だが、不意の停車で駅を写真に収めたという事実しか残っていない。
ただひとつ言えば、東松江のように何も記録する物のない駅前だったと思うが、明日また通る。
朝の明かりの中で注意を凝らして見てみたい。

米子(山陰本線/伯備線/境線 鳥取県)駅にて

22:30 ビジネスインよなご211号
2度目の米子の夜。
京都を除けば、オレの歴史に2度登場する街はごく限られている。

札幌、函館、青森、鳴子温泉、郡山、草津温泉、富山、和歌山、梅田、松山、高知、宇部、下関・・・。
数え上げたらそこそこあったな。
そのリストに初めて日本海に面した街が加わったことになる。

コンビニが美味いものを提供していることを知ったのは4月の上州路。
米子に着いてセブンイレブンを探して歩いた。

前回は街歩きをしなかったからちょうどいい。
9号国道まで歩いて役場らしきものを確認して駅に引き返す。
それまでに目にしたものが、オレが知りたかった米子と断定してほぼ間違いはないだろう。
ちょうど今いるここが歓楽街に当たる。

「鉄道の街」として登録されている街の中心はやはり駅だ。
各地の国鉄遺産的駅が変貌を遂げていく中で、米子駅はかつてオレが見たままの巨大な姿を保持していた。

尾張一宮駅も似た立場でいたけど、今の姿は二日前のとおりだ。
寂しさと共に未来も感じた。
ただ、米子駅はこのままであってほしい。
別に未来が来ないことを願っているわけじゃない。
この姿ならどの時代にも必ず受け入れられて、敬意を払われることになると思うからそう言っている。

こんなことを考えていたら、我ながらオレという人間がどんな男なのかがよく分かってきた。

関連記事

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日 鬼怒川温泉駅から徒歩10分の鬼怒川の眺め 小佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2 14:56 山田上口(やまだかみぐち)駅(参宮線 三重県

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1 2014・3・22 6:08 西舞鶴(にしまいづる)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1 2014・3・21 11:54 西岐阜(にしぎふ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】初日(東京-桐生)-小菅、五反野、梅島、田島、渡瀬、県、東武和泉、福居、野州山辺、韮川、東小泉、藪塚、阿左美、岩宿、新桐生、下新田(東武スカイツリーライン/東武佐野線/東武伊勢崎線/東武桐生線)

鉄旅日記2014年12月28日 小菅(こすげ)駅(東武スカイツリーライン 東京都)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2 16:51 東雲(しののめ)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2 12:14 金川(かながわ)駅(津山線 岡山県) 岡

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【フリー切符で行く、両毛ローカル旅】最終日(桐生-東京)-間藤、足尾、通洞、神戸、水沼、大間々、相老、桐生、西桐生、新里、膳、大胡、江木、中央前橋、治良門橋、三枚橋、太田(わたらせ渓谷鐵道/上毛電鉄/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年12月29日 2014・12・29 9:16 間藤(まとう)駅(わたらせ

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1 2014・3・8 11:16 熱田(あつた)駅(東海道本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より1

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号

→もっと見る

    PAGE TOP ↑