*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

公開日: : 最終更新日:2023/06/05 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月22日・・・河曲駅、富田浜駅、河原田駅、津駅(関西本線/伊勢鉄道)
18:12 河曲(かわの)駅(関西本線 三重県)
三岐鉄道をショートカットしたことで浮いた時間がある。
関西本線駅旅に使うことにした。

約1時間後に伊勢鉄道への乗り換えに降りる河原田をひと駅過ぎて、河曲に降りる。
確かここにはダルマ駅舎があったはずだが撤去され、無味乾燥な駅前広場に迎えの車が止まっている。

地図を見ると鈴鹿川に面しているようだが、川辺は感じられるがあたりはほぼ宵闇と同化している。
当初は鈴鹿駅として開業した駅とのことだが、利便性や地理的に見た発展性などを考慮して後進の旧伊勢線鈴鹿駅に駅名を譲ったとある。

今年最後の満月前夜の月は見事で、駅灯がスマホでの撮影の邪魔をする。
生意気だと軽く憤りながら何枚か撮る。



駅と月の相性はいい。

18:51 富田浜(とみだはま)駅(関西本線 三重県)
名古屋方面に4駅戻る。

駅名に浜がついているが浜辺は遠く、見えない。
古い木造の長椅子を備えた立派な駅舎と住宅しかない周囲には違和感がある。

何があるかと歩き出せば、角にミニマートがある。
客の到来を待ち望んでいたおかみさんにあたたかく迎えられる。

品薄な商品棚に比してビールは充実していた。
「人とはいいな」と感じながら駅へ。

すると階段に猫がポツンといる。
スマホを向けても動じず、眠たげな目を開ければにゃーと甘えた声を出す。

猫とは縁のない人生だが、情が移りそうだ。
猫の後ろ姿と満月前夜の月を眺め、彼女を想って過ごした待合室。

月は美しく、祈った。

19:17 河原田(かわらだ)駅(関西本線/伊勢鉄道 三重県)
月は美しく、この伊勢の地でオレを照らしている。

祈りは止まず、視線を外せない。

この世で一番美しいものを眺めていた。

駅前に酒屋がある。
今じゃ珍しい酒の自販機もある。

手は伸びて今日6本目のビール。
まったく酔いを感じない。

伊勢鉄道ホームは高台にある。
四日市の工場夜景が美しい。

特急に乗って通りすぎたことはあるが、今日をもって伊勢鉄道完乗を記録する。




19:54 津(つ)駅(紀勢本線/伊勢鉄道/近鉄名古屋本線 三重県)にて

20:52 APOAホテル津810号室
津駅周辺の商圏の狭さに驚く。
繁華街に人はなく、「いや実は国道を抜けた向こうにあるのだ」という、あってもおかしくはない事実が隠れているとも思えない。

伊勢国の現代的な繁栄の姿は近鉄四日市周辺にしか見られない。
四日市から津へのショートカット路線である伊勢線が、採算に合わず第三セクターになった頃から見えていたのかもしれない。

かつて安濃津の名で栄えた藤堂家のお膝元も名古屋港に地位を奪われ、有事の際には彦根藩と共に先鋒の名誉を与えられていた徳川家を鳥羽伏見の一戦で裏切った津藩。

皮肉なことに津藩兵は東海道の先鋒として各地で旧幕府軍と戦い、そして歴史の表舞台から去った。

今宵はいい月夜。
彼女と不特定多数の友人に告げて、早めにベッドに入る。

いつもの量の酒を購入したけど、今夜はもういい。

【Facebookへの投稿より】
ここが伊勢だと明確に判る写真はございませんが、現在県庁のある津に投宿しております。

雨が上がった東海路はあたたかく、今宵はいい月夜でございます。

明日が今年最後の満月。
願うことがあれば、月に祈るのもよろしいかと存じます。

どうぞ皆さま
素晴らしいクリスマス🎄連休をお過ごしくださいませ。

関連記事

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日・・・野田城駅、長篠城駅、大海駅、三河大野駅、浦川駅、門島駅、桜町駅、飯田

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日・・・保谷駅、池袋駅、赤羽駅、高崎駅、井野駅、水上駅(西武池袋線/埼京線/

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】最終日(金沢-東京)-金沢城址、金沢、倶利伽羅、黒部、直江津、長野、東京(北陸本線/信越本線/長野新幹線)

鉄旅日記2007年1月8日・・・金沢駅、倶利伽羅駅、黒部駅、直江津駅、長野駅、東京駅(北陸本線/信越

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】初日(東京-伊那-木曽)-東京町田、相模湖駅、鳥沢駅、道の駅甲斐大和、勝沼、長坂、伊那市駅、道の駅日義 木曽駒高原

車旅日記1998年7月18日 1998・7・18 12:48 東京町田 久しぶりに空がよく晴れて

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その2‐新前橋、水上、長岡(上越線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・新前橋駅、水上駅、長岡駅(上越線) 7:24 新前橋(しんまえば

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その3-周参見、椿、白浜、紀伊田辺(紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・周参見駅、椿駅、白浜駅、紀伊田辺駅(紀勢本線) 19:12 周参見

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にストーンズ

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】2日目(出雲-柳井)-出雲市、大田市、益田、長門市、仙崎、阿川、小串、幡生、防府、柳井(山陰本線/仙崎支線/山陽本線)

鉄旅日記2008年5月3日・・・出雲市駅、大田市駅、益田駅、長門市駅、仙崎駅、阿川駅、小串駅、幡生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1・・・西岐阜駅、京都駅、二条駅、日吉駅、胡麻駅、下山駅、和知駅、綾

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩夏【ふと誘われるように、上州へ向かう列車に乗ったのでございます。】-伊勢崎、桐生、西桐生、下仁田、上州富岡、高崎(高崎線/両毛線/上信電鉄)

鉄旅日記2006年9月2日 空の色はよかったよ。 煙草を3本吸い終えると出かけた。 桐生、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑