*

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その4-柏原、道明寺、河内長野、古市、畝傍御陵前、田原本、西田原本、新王寺、近鉄王寺(道明寺線/長野線/南大阪線/橿原線/田原本線/生駒線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年3月18日・・・柏原駅、道明寺駅、河内長野駅、古市駅、畝傍御陵前駅、田原本駅、西田原本駅、新王寺駅、近鉄王寺駅(道明寺線/長野線/南大阪線/橿原線/田原本線/生駒線)
17:35 柏原(かしわら)駅(関西本線/近鉄道明寺線 大阪府)
JR関西本線のホームの端を間借りしてる近鉄。

穏やかに暮れかかる日曜日の大阪郊外都市。

とても静かだ。

タイガース的色彩の粉焼き屋が駅前に陣取り、たこ焼きと一緒にじゃんじゃん焼いてる。

SPEED的顔立ちのお姉さんが鉄板相手に格闘し、オレと目が合うと、「さあいかがですかぁ」と声を張り上げる。

JR職員は大阪的コテコテの善人だった。
彼のような男はなかなか他の地域じゃ見かけないが、大阪では何人も遇ってる。

それにしても、行きの列車に乗っていた卑猥で喧しい連中は、どこの国の人間だったのか?

柏原の街並

車窓から見る大和川

17:49 道明寺(どうみょうじ)駅(近鉄南大阪線/近鉄道明寺線 大阪府)
駅前に大坂夏の陣の碑が立っている。

駅の桜が開こうとしている。

駅は大和川沿いにあり、500年前の合戦に思いを馳せる。

5月6日、後藤又兵衛隊が奮闘の末に壊滅した小松山は、今オレの目に見えているのだろうか。

周辺の道も含めて、ターミナル駅とは思えないとても小さな駅だった。

18:30 河内長野(かわちながの)駅(近鉄長野線/南海高野線 大阪府)
道明寺から古市まで戻り、近鉄長野線に乗り換えて、南海線と交わる終着駅へ。

荒っぽい人種が暮らす地域というイメージがあるが、それらしい風体の男を見かけることもなく、駅前ロータリーを一周して高野街道の碑を写す。

大阪には、おはぎを売る専門店「おはぎ屋」というものがあるんだなぁ。

ビール。
お供はなぜか駅で売っていた沖縄ドーナツ。

同じ南河内でも、金剛山も、たまたま車窓から見えた道路標識に記されていた千早赤阪も、ここからは遠い。

心で楠公、楠木正成を偲ぶ。

関東はじめ全国から10数万人もの鎌倉武士が集まって、こんな偏狭な地域で悪戦苦闘したとは、当時の日本も奥深い。

その後オレの知る限りでは歴史に登場することはない。

19:06 古市(ふるいち)駅(近鉄南大阪線/近鉄長野線 大阪府)
2度通り過ぎて、ここは街だと3度目に降りたら、列車から目に入る範囲は都会だった。

またビール。

ここは古市古墳群と呼ばれる古代の主要地だが、これまで知らずにいた。

河内長野から古市に戻る途中、富田林で降りる機会があったが諦めた。
ほぼ自動改札化を済ませた近鉄で、5分未満の下車はこのフリー切符では分が悪い。
繁華に見えた駅前を眺めて心残りを感じる。

途中、東京スカイツリーと見紛うような異様な巨大塔が見えた。
PL大平和祈念塔らしい。

高校野球から少し遠ざかったPL教団。
とても残念に思っている。

PL学園は富田林にあることを思い出した。

19:40 畝傍御陵前(うねびごりょうまえ)駅(近鉄橿原線 奈良県)
古市から近鉄南大阪線で橿原神宮前まで戻り、橿原線に乗り換えて大和八木方面へ。
神域まで戻ってきた。

飛鳥調の駅舎はここ大和でなきゃ許されない。

暗闇の中で誇らしげに近鉄駅名が光っていた。

神武天皇は実在の人物なのか。
史跡案内には彼の古墳があった。

ここでも数分の滞在で、そしてまた昨日のような時間帯に、大和八木の光に一瞬包まれる。

田原本(たわらもと)駅(近鉄橿原線 奈良県)にて

20:04 西田原本(にしたわらもと)駅(近鉄田原本線 奈良県)
橿原線田原本駅で降りてロータリーを跨ぐと田原本線の終着駅が光っている。
距離感は昨日確認していた。

近鉄とタッグを組んだファミマを除いて商店はすべて閉まり、街灯に夜を預けている。

旧大和鉄道だったか、田原本線は元々は別線で、桜井まで敷かれていた鉄路がここで途切れ、このような終着駅になったという。

田原本は桃太郎生誕地を謳っている。

やがて岡山に出て、吉備団子を携えて鬼ヶ島に向かったのだろうか。

話を聞いてみたら面白いかもしれない。

新王寺(しんおうじ)駅(近鉄田原本線 奈良県)にて
田原本線で新王寺に出る。

近鉄王寺(きんてつおうじ)駅(近鉄生駒線 奈良県)にて
終点新王寺で降りて、改札正面に見える近鉄王寺駅へ(JR関西本線王寺駅との接続駅)。
近鉄王寺駅から出る生駒線に乗り継ぎ、終点生駒へ向かう。

夜の心斎橋
生駒で近鉄奈良線に乗り換えて、大阪難波で降りる。
そして心斎橋へ。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄富田駅、富田駅、近鉄四日市駅、湯の山温泉駅、伊勢若松駅、平田町

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・松本駅、辰野駅、北殿駅、伊那市駅、伊那福岡駅、伊那本郷駅、上片桐駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その2-伊豆急下田、伊豆高原、橋本、八王子、東福生、福生、拝島(伊豆急行線/横浜線/八高線/青梅線)

鉄旅日記2019年2月9日・・・伊豆急下田駅、伊豆高原駅、橋本駅、八王子駅、東福生駅、福生駅、拝島駅

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日 2003・8・15 7:37 北見東急イン1122号室 朝靄の街に

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その2-郡上八幡、北濃、美濃白鳥、郡上八幡、関、美濃太田、岐阜(長良川鉄道/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日・・・郡上八幡駅、北濃駅、美濃白鳥駅、関駅、美濃太田駅、岐阜駅(長良川鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ博多フレックス21 507号 とうと

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線) 2020・2・24 5:39

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その2-畝傍、高田、大和高田、近鉄郡山、郡山、王寺、五条、和歌山(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・畝傍駅、高田駅、大和高田駅、近鉄郡山駅、郡山駅、王寺駅、五条駅、和

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その1-小樽、発寒中央、琴似、石狩当別、石狩月形、新十津川、滝川、茶志内、美唄(函館本線/学園都市線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・小樽駅、発寒中央駅、琴似駅、石狩当別駅、石狩月形駅、新十津川駅、滝

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その2-屋代、坂城、小諸、三岡、中込、羽黒下、松原湖(しなの鉄道/小海線)

車旅日記2019年2月10日・・・屋代駅、坂城駅、小諸駅、三岡駅、中込駅、羽黒下駅、松原湖駅(しなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑