*

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

公開日: : 最終更新日:2022/04/27 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月1日
2018・4・1 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
4:30の町は24時間営業の飲食店がいくつか並び、一日の活動を始めた人々が音を発していた。

旅立ちの町はしばらくここになる。

いつまでもいるつもりはないんだ。
アパートの次の更新までには引き払うつもりで生きていく。

新しい暮らしが整い始めた昨日。
散らかっていた部屋が徐々に片付きだして、丸椅子にどっかりと腰を下ろしてテレビを眺めた時、ふいに寂しさが込み上げる。

とうとうこんなところでひとりになってしまって。
愛しきものは、オレがいなくなったことを悟って泣いていないだろうか。
甲子園での3回戦最後の試合、星稜×近江の熱戦にも身が入らずにいたよ。

あまり眠れなかった夜には姿が浮かぶ。
やはりこうすべきじゃなかった。
でももう戻れない。

この町で8年前まで、10年もの間ひとりで暮らしていた時に感じていた寂しさは、今感じている物に比べれば屁みたいなものだ。

一緒に暮らす人がいる集合体には、ひとりでいたんじゃ味わえない類いの幸せがある。
オレはそれを経験し続けていたんだな。

そんな幸せを写したものがある。
今あらためて眺めたら、また別種の感慨に包まれた。

幸福感だよ。
腹のあたりが温まるのを感じていた。

5:09 上野(うえの)駅(東北・北海道新幹線/秋田新幹線/山形新幹線/上越新幹線/北陸新幹線/東北本線/常磐線/高崎線/山手線/京浜東北線/東京メトロ銀座線/東京メトロ日比谷線 東京都)
入谷口から表に出る。
ジャイアントパンダの親子がショーケースに収まっている。

まるでオレたちのよう。
別れの翌日、心の支えでもある女性がfacebooKに寄せてくれた写真が思い出される。

そこには、大きな花が小さな花を後ろから見守るように添う様が写っている。

電車の中で深い感動に包まれ、本当の意味での孤独な状態でいるわけじゃないと安心できた。

上野駅は開け放たれ、明るくなり始めた空の下を人々が続々と改札を通る。

じきに浦和に着こうとする車内の席はほぼ埋まっている。

7:15 鹿沼(かぬま)駅(日光線 栃木県)
宇都宮で乗り換え。

日光線ホームは、歴史的遺産とも言える日光駅をあしらった小豆色の装飾が施され、東照宮の町に既に一歩踏み込んだ気持ちにさせてくれる。

かつて国道から眺めた鹿沼は、それなりに大きな町に見えた。
12月に東武線から眺めた鹿沼にも感慨は起きた。

鹿沼駅はどうやら町外れに位置しているようだ。
駅前は肌寒く、駅へと続いている道が町に向けて下っていく様が見えた。

7:51 東武日光(とうぶにっこう)駅(東武日光線 栃木県)にて

8:06 日光(にっこう)駅(日光線 栃木県
日光線の各駅とも小豆色に装飾されていた。
このあたりじゃあの色を小豆色とは言わずに、何か地域性をうかがわせる表現を使っているのではないか。

町に人はなく、店は閉まり、観光客が発する外国語が聞こえてくる。
目の前に座っているのはフランス、イタリアといったラテン系カップルだろう。

春霞の日光の山々に清々とした凛気はなく、朧な朝。
まるで飲み疲れて眠り、目覚めた時の朝のよう。

駅前のベンチに座って、東武駅で買ったビールと買い置きのポテチを楽しむ。
「さてっ」と見上げた空が青かった。

次に会えるのがいつになるのか知らないが、土産の玩具と靴下も買った。
オレを見ると、「電車来るかなぁ」と寄ってくる別れの情景だった。

オレの未来はどうにかする。
愛しきものに損なわれた未来があるのなら、できるだけのことをすると誓う。

下りでも見かけたが、今市駅の発車音を鳴らすスピーカーに本格的なマイクを向ける集団がいて、さっきより人もマイクも増えていた。

9:05 宇都宮(うつのみや)駅(東北新幹線/山形新幹線/日光線/烏山線 栃木県)
日光線車窓風景は思っていたより退屈だった。
既視感があるからかもしれない。

今市で見えた例弊使街道に去年の12月に気持ちが戻る。
あの頃はひとりじゃなかったと。

宇都宮は降りるたびに大きくなっているような印象を受ける。
そして降りるたびに同じ場所を行き来して、駅を眺めるに止まる。

今週5日、この街で精鋭部隊を率いる女性社長に会う。
彼女ともfacebooKで知り合っている。

人生が新しい領域に踏み込みつつある。

10:06 野崎(のざき)駅(東北本線 栃木県)
那須連山が春霞みに靄っている。

那須与一の銅像が立つ駅前は、暖かな日差しの下で、列車の到着の際にはささやかな人の往来がある。

軽喫茶食堂、焼鳥屋、郵便局と通りすぎて、4号国道でコンビニを発見してお握りを買い込む。

ここは大田原市。
かつて車で通った大田原市中心部の夜の明かりはまぶしかった。
車じゃなきゃ行けない、オレにとっては幻のような町だ。

「新平家物語」によれば、屋島で見事に扇を射落とした与一のその後の人生は、男振りを誇る時代から妬まれ、浮かばれないものだったという。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日 14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県) 集団就職で東

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

鉄旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑