*

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

公開日: : 最終更新日:2022/04/27 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月1日
12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県)
黒磯、新白河で乗り継ぎ、郡山で乗り換え。
黒磯を出ると大好きな車窓風景にスマホを向ける。

新白河では線路が一度途絶え、その先に郡山行が止まっていた。
事情は知らないし、知らなくて構わないが、その光景はオレを切なくさせた。

左手に見える猪苗代湖、右手に見える磐梯山。
閑散とした駅にとつとつと止まっては会津若松を目指す磐越西線。

車内アナウンスが入り、磐梯山の説明が始まる。
明治の頃に大噴火を起こして、裏磐梯からの山容は荒々しいものに変わり、五色沼をはじめいくつかの湖沼を作ったと。

オレは表磐梯しか知らないわけで、幕末会津藩が見ていた磐梯山は今の姿をしていない。

猪苗代駅前は何台もの大型バスが止まり活気に満ちていて、駅舎はかつて寄った際のものとは変わっていた。
行き違いで4分の停車。


13:36 磐梯町(ばんだいまち)駅(磐越西線 福島県)
車窓に現れる磐梯山を何度も写す。






今日の旅で一番遠い町に降りた。
雪解け水が水路を伝う音が静かな町に響く。

姿の見えない駅員室からはくしゃみの声が響く。

小さな少女が待合室の姉に「40分」と繰り返す。
父親はスマホに夢中。

オレならそんなことはしない。
だけどこの様だ。
霞み空の下で、その事実が鈍痛のように苛んでくる。

町へと下る坂の途中にある酒屋のご主人の対応はとても丁寧だった。

磐梯山を眺めること以外にやることが見つからない町で1時間。
心の支えでもある女性が投稿したfacebooKの写真に、「時間よ止まれ」と書き込む。

猪苗代湖からはだいぶ離れてしまった。

14:57 安子ヶ島(あこがしま)駅(磐越西線 福島県)
郡山方面に9駅戻る。
由緒を知りたくなる駅名を持つ地に降りる。


何代目かであろう鉄筋の駅舎は、高校生に向けて「自分を愛せ」と訴える。

甲子園ではセンバツベスト8。
あの世代が抱える「死にたくなるような現実」を知るべきだと思う。

用を終えた電信柱の脇に古木がたたずむ姿に打たれた。

桜は見かけないが、もうあたりに雪はなく、吹く風に身をすくめることもない。

東京じゃ散ってしまった桜。
開花の遅い白河以北も、こんなに暖かければ今年は早いだろう。

15:57 磐梯熱海(ばんだいあたみ)駅(磐越西線 福島県)
下りホームで会津行きの列車を待つ紳士がふいにハーモニカを吹き始める。

昭和歌謡には哀愁がある。
戦争があって、この国も軍隊が支配していて、多くの悲しい別れがあった時代の曲だ。
人は悲しみもうまく表現できる。

若い父親が息子を抱いて、電車を見せにやってきた。
どこの町でも見かける微笑ましい光景。

安子ヶ島から下りでひと駅。
出歩く者もない曇天の下の温泉街はひどく侘しく見えた。

でも大きな旅館の入口では従業員が雑草を抜き、ビールを買いに入った酒屋では腰の低いご主人がとても丁寧な対応をしてくれる。
店を出るまで彼の感謝の声は聞こえ、恐縮しながら背中を見せる。

味のある廃墟を写して帰ろうかと思ったけどやめた。
ちょうど彼女から返信があった。
不愉快な感情は置いていく。

駅前の足湯場に居場所はなかった。
それでいい。
立ち位置はわきまえている。

訛りを隠さない福島の若者たち。
堪らない愛情を感じながら、聞こえてくる会話に耳を傾けている。


16:50 郡山(こおりやま)駅(東北新幹線/山形新幹線/東北本線/磐越東線/磐越西線/水郡線 福島県)
彼女からの指摘にあるとおり酒が進む。
でも金曜日のような酔いはない。

磐梯山をはじめ、無意識的に接したかった風景はオレに6本のビールを飲ませ、替えがたい安らぎをくれた。

在来線ホームのベンチに座って新幹線ホームの壁を眺めていた。

そうだった。
ここは郡山。

今じゃどこに暮らしているのか知らないが、この街のどこかに大切に思う友人が暮らしている。
彼はオレの事情を知らない。
知れば誰よりも心配してくれるだろう。

そんな彼とも、この先に会える機会があるとすれば、1、2度だろうと思いながら腰を上げ、水郡線ホームに歩いていく。


関連記事

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

鉄旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よ

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日 14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県) 集団就職で東

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑