*

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

公開日: : 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年12月3日
2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/会津鉄道 福島県)
12月の空が明るい。
きっと晴れるだろう。

磐梯山がよく見える。
街を離れる前にあの山に向かって歩いていこう。

戊辰戦争から150年。
朝敵だの賊軍だのと苛まれた歴史も完全な過去になり、薩摩長州土佐肥前においてもそうだが、現代ではおとなしくなった会津。

歴史に埋もれさせる街じゃない。

「ならぬものはならぬ」

「ダメなものはダメだ」
子供の頃はよく聞いたように思う。

道理も何もあったものじゃない言いざまだが、
でもそういうものだ。

「イヤなものはイヤだ」
人の本質に合っている。

ある種そうした力強い言葉を聞かなくなってから久しい。

車窓から眺める磐梯山




6:59 笈川(おいかわ)駅(磐越西線 福島県)
冬枯れの田野。

霜が下り、水は凍りつき、一面の霧。

幻想的な冬の光景に打たれている。


反対方向からくる次の列車でひと駅戻る。


7:26 堂島(どうじま)駅(磐越西線 福島県)
正面に磐梯山を見る美しい場所にいる。

四方見渡せば山に囲まれた会津盆地。
写真に収めたい風景の中で、まるでオレまでが一枚の絵に収まったような感覚でいた。

貴女に見てほしくて。
厳選した3枚を送る。

分厚い雲がカーテンのように太陽を隠しているが、防ぎきれず日が射してくる。
凍えている指も力を得て、思いが止まらない。

刻一刻と景色は移り変わり、磐梯山は靄に隠れる。
それでも美しい。

そんな場所にいる。
他には何もない。

空の青と靄がシンクロした幻想的な光景を見ながら、愛しい存在をひたすらに想っている。








再び車窓より

8:19 喜多方(きたかた)駅(磐越西線 福島県)
堂島で発生した霧は会津盆地を包み、喜多方に降りると冬の冷気に凍えた。

あたりには雪が残る。
最近降ったものだろう。

これが東北の寒さ。
思えば初めて浴びることになる。

喜多方は20年以上振りになる。
あの日、連休シーズンだったこともあり駅は賑わっていた。

あるいはSLを走らせた日だったのかもしれない。
近寄れないほどだった。

閑散とした駅前。
かつてはここから熱塩まで延びる日中線が敷かれていた蔵の町。

もう一度ここでラーメンを食べたい。
そうも思ってこの旅は計画された。

繁華街は市役所あたりにあるのかと歩いたが、途中で止めた。
案外遠い。

若松に戻れば朝飯が待っている。

9:58 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/会津鉄道 福島県)
ホテルでしっかり朝食。
味噌汁、うまかったな。
よく覚えておこう。

磐梯山はホテルの部屋からよく見えた。
今日も快晴。
とてもよく映えた。

さっき若松に戻る際、喜多方を出て、若松に間もなく到着するというアナウンスが流れるまで、世界は深い霧に覆われていた。

やがて日が霧を照らし、世界は黄金色に変貌した。
とても幻想的でロマンチックな気持ちにさせられた。

飯森山や大塚山古墳群など駅周辺には見所がある。
でもどうやらオレが気付いていなかった便が、休日限定であとしばらくで出るようだ。

それに乗るよ。

関連記事

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その1-十三、大阪梅田、大阪、東淀川、茨木、島本、桜井の繹跡、桂川、京都(阪急電鉄宝塚本線/東海道本線)

鉄旅日記2017年8月14日 6:50 十三(じゅうそう)駅(阪急電鉄神戸本線/阪急電鉄宝

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日 9:44 野洲(やす)駅(東海道本線 滋賀) 車窓から好き

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・19 5:45 近鉄奈良(きんてつなら)駅(近

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その1-保谷、品川、三島、静岡、浜松、鷲津、豊橋、岐阜、蘇原、美濃太田(東海道本線/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日 4:29 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都) 冷房のい

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑