*

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

公開日: : 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年12月2日
16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県)
お洒落な駅カフェが街にあたたかな灯をともしている。

踏み切り脇の駅は、始終通行する車の音や揺れを受けているけど、まるで俗世間とは一線を置いた夢の国のように超然としている。

まるで童話に出てくる暖炉の家のように。
そこに行けば、あたたかいシチューを出してくれそうな。

鶴ヶ城は平和に開放されていた。
訪れる誰もが悲惨な戊辰の戦いに思いを馳せることなどない。



もちろんオレもその中のひとりだったが、町地図で発見した旧西郷頼母邸に寄って案内板を見た時に会津戦争を実感した。

西郷頼母は当時の会津藩家老。
58歳の母から2歳の娘まで21人もの美しい命が、武家の掟に従い見苦しからざる最期を遂げたという。

泣きそうになったよ。
2歳なんて、、、刺せるかよ。

生き延びた西郷頼母は会津落城後も戦い続け、函館五稜郭へと向かった。

繁華街ではアーケードが取り払われていた。
何を意味するのか。

冬を迎える北国を訪れる観光客は稀だが、若い女性の姿を見る。
そんな彼女たちをあたたかく迎えるように、街は暖色系の灯に満ちている。

明治大正を思わせる建造物が市役所をはじめ街に散らばり、歩いていて飽きない。


抵抗して徹底的に打ちのめされた街の崇高なる現在の姿。
叶うなら、もう少し賑わうといい。

17:36 塩川(しおかわ)駅(磐越西線 福島県)
除雪された雪が残るホーム。
薄着の女子高生の甲高い声が響く。

闇に閉ざされ、7分前に閉鎖された駅舎。
確かにこの場所だが、ここがオレに旅心を植えつけた場所なのか。

26歳。
郡山の友人宅を出て日本海に向かう途中、偶然この駅に寄り、たまらない旅情を感じて、目を覚まされたような気持になった。

あれからこうして現在に至るまで、旅に夢中。

今宵は満月か。
そう思わせる月が煌々と夜空を照らしている。

18:29 姥堂(うばどう)駅(磐越西線 福島県)
米沢街道を北へ。

塩川にはレトロな拵えの店が散見された。
菓子屋だったか。
刃物屋もあった。
由緒のある町なのだろう。

月は、餅つきをする兎の姿をくっきりと浮き出し、地上の山々を従えている。

その神々しい姿をどうにか捉えようと何度も立ち止まる。

たどり着いたこの駅に駅舎はなく、線路は会津と新潟を繋いでいる。

こうした駅ではいつも奇跡のように思う。
こんな何もない場所から列車に乗って、いくつか乗り換えは必要だが、何することなく揺られていれば東京にも、どこにでも行けることを。

今日にも明日にもそうする若者がいるかもしれない。
未来はそうして輝かしいようにできている。

オレだってこれからどこへでも行けるさ。

さて、そろそろそんな列車がくる。
ここでその列車を待つのはオレひとり。

会津若松駅(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/会津鉄道 福島県)にて

21:39 フジグランドホテル619号
若松駅前は変わっていない。
隣の喜多方ラーメン食堂で念願の大盛チャーシュー麺を平らげる。

かつて仲間たちと喜多方駅前で食べたやつはチャーシューが山盛りだったけど、ここは駅前。
上品だ。

投宿後、ホテルが提携する日帰り温泉へ。
4500円にしては朝食もつき、温泉にも入れて、部屋は広く、窓辺からは駅が一望できる。

最高のサービスを提供してもらった。
会津には必ず再訪する。
そしてまたここに泊まろう。

磐梯山はきれいに見えていた。
あれは確かに宝の山。

ただ絶好のシャッターポイントを見つけられず気持ちを空しくした。
明日もあるさ。

駅を眺めている。
入線してきて行き止まりになるのもあれば、先へ行くのもある。

3度目の若松。
そんな光景を眺めながら、ただ酒に酔っている。

今年を振り返ってもよかったが、まだその段階じゃないらしい。
まだ一月残っている。

それより、オレの体はこんなに細かったかと驚いている。
頭が重くなってきた。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよなら

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

鉄旅日記2018年3月4日 11:59 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その1-山陽姫路、山陽網干、飾磨、大塩、高砂、山陽垂水、垂水、滝の茶屋、山陽塩屋、塩屋、山陽須磨(山陽電車本線/山陽電車網干線)

鉄旅日記2017年8月13日 5:03 山陽姫路(さんようひめじ)駅(山陽電車本線 兵庫県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑