*

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その2-郡上八幡、北濃、美濃白鳥、郡上八幡、関、美濃太田、岐阜(長良川鉄道/高山本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年8月11日・・・郡上八幡駅、北濃駅、美濃白鳥駅、関駅、美濃太田駅、岐阜駅(長良川鉄道/高山本線)

16:53 郡上八幡(ぐじょうはちまん)駅(長良川鉄道 岐阜県)
ドアが開いたら蜩の声が聞こえてくる。
夏の充分条件だ。
オレの暮らしの中では石神井公園しか思いつかない。

駅前は閑散としている。
町の中心まで約2キロ。

中央通りを進み、中心に近づくにつれて通りは観光色を身につけ、やがて観光客に呑まれた。

郡上八幡旧庁舎記念館を左に曲がり吉田川を渡る。

郡上八幡城を見上げ、小駄良川に架かる清水橋で水と戯れる人々を見る。

中国人女性にシャッターを押してくれるよう頼まれた。
彼女は写真に満足して謝謝。

駅に戻ると人声は疎らになる。

駅前でビールを買って、涼しいし、気持ちも穏やか。

こんな風景の中で暮らしたことはないが、オレの頭の中にはいつもこんな風景があって、思い出す度に懐かしい気持ちになる。

夕暮れ前に雲間から陽射しが。

空にも青が戻って、いつしか心も上天気。



郡上八幡の町並








18:16 北濃(ほくのう)駅(長良川鉄道 岐阜県)
在りし日。
オレは鉄路と並走する156号国道を車を走らせて、九頭竜湖に向かったのだろう。

国鉄はこの鉄路を九頭竜湖に繋げて、福井へと抜ける壮大なルートを計画して、ここで頓挫した。
旧国鉄越美南線、長良川鉄道の終着駅、北濃。

美濃太田から72キロ。
ここまでトンネルを潜った記憶はない。
ここから先は必要になる。
そして集落は稀だ。

きっと他の地域に様々な計画が持ち上がって先を越されるうちに、国鉄は民営化されたのだろう。

同じような事情で開通が待たれ、実現した三江線が、来年だかに廃線が決まった。
皮肉な現実だ。

過去の記録を手繰る必要があるが、ビールを買いに歩いていった「道の駅白鳥」にも寄ったような気がする。

高山本線の風景とよく似た旧越美南線。

今年は仕事が思うようにいかない中で、ブログを立ち上げ、新たな関係性の構築に動き、様々な現実の中で、こうして懐かしげな風景に包まれて蝉の声を聞いていると、なんだか遠くを眺めている気分になる。

それが過去であれ、未来であれ、今見ている空と同じ色になる。

黒雲を連れてるけど、悪くない夕焼け空だ。



北濃駅前風景

18:51 美濃白鳥(みのしらとり)駅(長良川鉄道 岐阜県)
列車の交換待ちで外に出たら、またぱらっと降ってきた。

台風5号の進路にあたった当地の被害を心配した記憶が甦った。

何で最近はそうなる。
自然界がもたらす暴力になすすべのない人間が下らない政争にかまけている。
優先事項は連中とオレとじゃ決定的な違いがある。

たった今、天界に架けられたかと思わせる橋の下を通った。

美濃白鳥は町だった。
駅前を出て、そのまま歩きだしたくなったよ。

19:26 郡上八幡(ぐじょうはちまん)駅(長良川鉄道 岐阜県)
交換待ちで4分の停車。
夜になった町に戻ってきた。

今は郡上おどりの最中。
祭囃子でも聞こえるかと表に出てみれば花火の音が聞こえた。

ここも川上健一さんの「祭囃子が聞こえる」に描かれた町。
刈和野、越中八尾、西大寺・・・。

あの物語に登場する橋はどれだったのだろう。

またあの小説を手にとりたくなった。

20:25 関(せき)駅(長良川鉄道 岐阜県)
刃物の街は夜の明かりが少なかった。

今オレの頭を悩ませている仕事のクライアントがここ関を発祥の地としている。
今はこの様だが、良縁にしてみせると誓う。

ふと見た灯りは、小さな剣道場だった。

北濃からこうして戻ってきて、長良川はすでに姿を消し、時に民家の庭かと思うようなせせこましいところを通る。

街が近づいている。

富加でドアが開いたら、醤油の匂いが香った。

弱い雨が落ちている。

20:52 美濃太田(みのおおた)駅(高山本線/太多線/長良川鉄道 岐阜県)
随分と街が明るく見える。
夜の高山本線は初めてになる。

外に出たかったが乗り換えは6分。
ホームから確かあんな街だったと思い出しながら、5年ぶりになる街の灯を眺めた。

どこの国の青年だか知らないが、日本人ではなかなか見かけないマナーの持ち主がいて、しゃかしゃかうるさい。

東京じゃ目立たないだけなのだろうが、地方で空いた列車に乗ると目につく。
東北や北海道では見かけない。
東南アジア産まれの彼等には、寒さへの耐性が具わっていないからか。

次は鵜沼。
2年前の春に並走する名鉄線に乗った。

高山本線沿線に大雨が降ったらしい。
その影響で列車に遅れが出ている。
昼間のもそうか。

大雨はいつ降ったんだ?

21:34 岐阜(ぎふ)駅(東海道本線/高山本線 岐阜県)
東海道本線の遅れは解消していない。

区間が長いため致し方ないのかもしれないが、ひとりの愚か者がどれほどの人々に迷惑をかけたのか。

憤りは余計な感情や不安を連れてくる。
それらを押し込めるか、追い出すかして、少しでも明日をいい状態で迎えるためにいつも苦心している。

それは、ひとりじゃなきゃ磨けない。
何も今である必要はないけれど。

ところで今アナウンスで聞いた。
現在の遅れは愚か者のためじゃなく大雨のせいだという。

オレが通りすぎた後に、東海道は更なる混乱に見舞われていたのか。

今日の宿、大垣にはじきに着く。

大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/養老鉄道養老線/樽見鉄道 岐阜県)にて

関連記事

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その4‐矢島、前郷、金浦、酒田(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・矢島駅、前郷駅、金浦駅、酒田駅(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の誕生日に

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その1-新子安、石川町、山手、磯子、根岸、大磯、二宮、鴨宮、早川、根府川、伊東、熱海、函南、東田子の浦(京浜東北線、根岸線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年3月20日その1・・・新子安駅、石川町駅、山手駅、磯子駅、根岸駅、大磯駅、二宮駅、

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

空旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待っている。

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

鉄旅日記2012年3月12日その1・・・保谷駅、稲毛駅、都賀駅、四街道駅、久住駅、下総神崎駅、松岸駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1・・・宇治駅、山城多賀駅、玉水駅、上狛駅、木津駅、加茂駅、貴生川駅

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】初日(東京-旭川-紋別)走行距離339㎞-深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラルホテル

車旅日記2004年5月1日・・・深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラ

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日・・・橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その1-新宿、塩崎、韮崎、日野春、富士見、青柳、奈良井、木曽福島、須原、中津川(中央本線)

鉄旅日記2012年3月25日その1・・・新宿駅、塩崎駅、韮崎駅、日野春駅、富士見駅、青柳駅、奈良井駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑