*

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その1-保谷、品川、三島、静岡、浜松、鷲津、豊橋、岐阜、蘇原、美濃太田(東海道本線/高山本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年8月11日・・・保谷駅、品川駅、三島駅、静岡駅、浜松駅、鷲津駅、豊橋駅、岐阜駅、蘇原駅、美濃太田駅(東海道本線/高山本線)

4:29 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都)
冷房のいらない涼しい夜だった。
雨は完全には上がっておらず、肌に感じる。

昨夜、高校の剣道部4期上の先輩が亡くなったことをLINEへの連絡で知って仰天した。

直接的な触れ合いはたいして持たなかったが、FacebooKでつながり、投稿を通じて人間性を確かめあっていたんだ。

オレを励まし、男道を説き、そして何より愛すべき人をしっかり愛していくことが一番だと強調していた。
ありがたく、肝に命じた。

こんなに混んでいる始発電車をオレは知らない。

夏休みが始まった。

5:26 品川(しながわ)駅(東海道新幹線/東海道本線/山手線/京浜東北線/京急電鉄 東京都)
池袋は雨に濡れていた。

「おはようございます」と声をかけて青春18きっぷを差し出したオレに、駅員が「いってらっしゃい」と言う。
この手の対応は東京じゃ珍しい。

山手線は、オレが乗り込んだ後ろよりは空いていたが、前、中よりは国際展示場で開催されるコミックマーケットの影響で、たいへんな混雑だったらしい。

車掌から「りんかい線」と接続する大崎駅での混乱に配慮するアナウンスが何度か流れる。

西武線の混雑もそれか。
そう言えば車内でそんな会話を聞いた。
イケメンで清潔そうな青年だった。

連休前の酔っぱらいの姿を見かけない今朝の東京。

東海道本線は座れはしないが、混雑はひどくない。

7:28 三島(みしま)駅(東海道新幹線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線 静岡県)
沼津行きに乗ったが、ひとつ手前の三島で降りる。
雨は上がっていない。

接続の島田行が三島始発で待っている。

3月には座れたが今日はダメだ。
オレと同じ目的と切符を持った大勢が、がらがらだった島田行きの席を埋めていく光景を最後列から眺め、名古屋までの立ちっぱなしを覚悟し、オレの前に座っている親子が旅行者ではなく、地元の方であることを願う。

三島までの道中、国府津で座る機会が生じたが、小さな姉妹に譲り、その場を離れてドア付近に移り、やがて根府川で見た相模湾は、空と水平線の境がなくなっていた。

8:32 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
乗り換え。
旅行者は総じて島田行からこの浜松行に移り、車内の混雑は都心並みだ。
普段じゃこんな事態にはならないだろう。

品川から立ちっぱなしで3時間。
黒岩重吾さんの「ヤマトタケル大和の巻」は順調に捗り、由比海岸を久々に眺めた。

座れていれば寝るし、立っていれば読書するか苛立っていた。
今日は苛立ちは消えた。

ただ足は疲れてきた。

10:12 浜松(はままつ)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
この先の二川駅で人と列車が接触。
浜松豊橋間で運転見合わせ。

困ったことをしてくれる。

これも旅であり人生だけど、涼しいホームで、昨日毒饅頭を食わされたような気持にさせられた、気の重い仕事が頭をもたげてくる。

10:55 鷲津(わしづ)駅(東海道本線 静岡県)
重い荷物を抱えた旅行者を満載にした3両列車はここで運転見合わせ。

下手に降りると運転再開時に乗れなくなる可能性があるため、身動きできずに最悪の状態を耐えている。

事故発生から2時間近く経とうとしている。

JR東海も地元警察もこの事態に慣れていないのか、有効な提案もなくいたずらに乗客に苦痛を強いている。

たった今、唐突に運転再開の見込みがついたらしい。

すべてが人災。
とんだ夏の始まりだ。

涼しくてよかったよ。

11:37 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄名古屋本線 愛知県)
約90分遅れで豊橋着。

混雑しているホームに満載の乗客を乗せた列車を入れ、誘導なし。

階段の下で恐慌が起き、狂声が飛び、ちいさな子が泣いている。

線路内に立ち入った、たったひとりの愚か者のために大勢が苦しみ、JR東海は立場をなくした。

13:07 岐阜(ぎふ)駅(東海道本線/高山本線 岐阜県)
蒲郡までは覚えているけど、眠った。

列車に乗って、こんなにも深い眠りはそうは経験していない。

さんざんだった。
ここまでホント、さんざんだったよ。

繊維の街は織田信長の街へ。
「信長ひろば」なるものが駅前にできていた。

駅は生まれ変わり、かつて強烈な陽射しを浴びせた太陽は隠れ、涼しくて汗もかいていないから、ビールの喉通りが思わしくなく、その分味わいは深い。

本来は金山から中央本線で多治見までのいくつかの駅に降りて、太多線で美濃太田に出るつもりでいた。

ここ高山本線でも若干の遅れが発生している。

岐阜駅前風景

13:35 蘇原(そはら)駅(高山本線 岐阜県)
行き違い列車の遅れで緊急停車。
外に出て駅前通りを写す。

真っ直ぐに伸びる道を眺めるのは好きだ。
ここでは商店街を形成するには至らなかったようだ。
あるいは、かつては形成されていたのかもしれない。

空に迫力に欠けた入道雲が浮かび出した。

夏気分が目覚めだしている。

車窓から眺める日本ライン

14:00 美濃太田(みのおおた)駅(高山本線/太多線/長良川鉄道 岐阜県)
鵜沼を過ぎると木曽川の景勝日本ラインを通る。

車旅の頃に2、3度通り、舟下りの光景も見たし、変わらぬ感動を得てきた。

食事をしたドライブインがどれだか忘れたが、ことごとくが廃墟になっていた。

街に降りる時間はなく、長良川鉄道に乗り換える。
ようやく元の計画に戻る。

ホームページに載っていなかったフリーきっぷ2,700円を購入。
かなりお得だ。

関連記事

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(し

記事を読む

「鉄旅日記」2011年秋【再びみちのくひとり旅】初日(東京-長井)-保谷、宮内、柏崎、小島谷、内野、関屋、早通、豊栄、佐々木、坂町、小国、羽前小松、今泉、長井(西武池袋線/上越線/信越本線/越後線/白新線/米坂線/山形鉄道)

鉄旅日記2011年11月5日・・・保谷駅、宮内駅、柏崎駅、小島谷駅、内野駅、関屋駅、早通駅、豊栄駅、

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日・・・高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹波口駅、花園駅(東海道本線/山

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道リアス線) 8:52 平田(ひ

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福知山駅(山陰本線) 16

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑