*

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2014年

鉄旅日記2014年3月21日その1
2014・3・21 11:54 西岐阜(にしぎふ)駅(東海道本線 岐阜県)
列車の遅れもなく、初日の計画は順調に推移している。

ただひとつ。
池袋駅でいつものように西武線改札から駆けて4:53発の山手線外回りに乗る際、すでに到着した該当列車から下車した人々がぞろぞろと階段を下りてくるところに出くわし、焦って駆け上がろうとしたら腰が抜けるような感触と痛みを味わいながら、どうにか間に合うことができたという一幕があった。
体に不安を感じることはもちろん初めてじゃないが、できると確信していたことにケチがついたのは初めてで、心に暗い影が生じた。
今回も僅かな停車時間を利用して駅に降りていく計画をいくつも予定している・・・。

東京、沼津、静岡、浜松、豊橋で乗り換えて、新快速大垣行きに乗り、西岐阜駅に下りる。
途中の三河の空は広く、さらにその前の行路では目の覚めるような遠州美人が目の前に立った。

去年の爆弾低気圧を凌駕するような強風が吹き荒れている。
空はよく晴れているが、時折どこかの町を濡らしてきたであろう雨粒の一団が流れてきて、ここ西岐阜をも濡らす。
美濃人は寒さに震え、列車は遅れている。

駅周辺に田舎臭さはないが、特に目を引くものもない。
便所の鏡に映った顔には疲労と鼻クソが張りついていた。

13:57 京都(きょうと)駅(東海道新幹線/東海道本線/山陰本線/奈良線/湖西線/近鉄京都線 京都府)
大垣で乗り継いで、米原じゃ雪。新快速姫路行きに乗り換える。

京の都には薄日が差したが、風は冷たい。
前を行く女性にかつてこの街で出会った恋人の面影を見ながら改札口へ。
2001年の宵々々山の日には、別れ際にあの改札を跨いで唇を重ねた。

京都駅と京都タワー。
シャッターを押しているうちに僅かな滞在時間は暮れた。
京都に近づくにつれて、あの時代が自然に浮かんでくる。

京都駅に到着すると、降り立つ度に「帰ってきた」という感覚を伴った当時のときめきを思い出した。
ただしあの頃オレが降り立っていたホームは在来線ではなく、高い場所にある新幹線ホームだったよ。

山陰本線に乗り換えて丹波路へ。




14:12 二条(にじょう)駅(山陰本線 京都府)
東山へ碁盤の目状に街が続く様が見える。
京都・・・いい街だ。

かつて車で寄ったことがある二条駅。
モダンかつ古都の持つ上品さを表した木組みの和傘に包まれた二条駅。
駅前通りに出るくらいの時間しかなかったが、いいよ。
あの時代にはずいぶん街を歩いた。
でも懐かしいな。

夏が来たら、また帰ってこようか。

14:56 日吉(ひよし)駅(山陰本線 京都府)
数分の停車。
保津川の濁流は緑を帯び、鄙びた景色が9号国道に沿って続いている。
丹波路には名残り雪。
列車の中からじゃ横殴りに降っている。

2分の停車時間はやはり短く、列車に戻る手前で駅構内の踏切に阻まれた。
発車には間に合わないかと観念しかけたが、「バーが下りたら押して出るべし」との注意書きに気づき、戻った。
待たせてしまって申し訳ないことをしたよ。

15:07 胡麻(ごま)駅(山陰本線 京都府)
数分の停車。
お年寄りと子供の一団とともに改札へ向かう。
多目的ホールを兼ねる駅では軽食を摂る人の姿も見える。

丹波の名残り雪は霰となり音を立てて降っている。
そしてすぐに雲は流れ日差しが漏れる。
冬には暮らしも景色も険しい丹波路を、列車は分け入っていく。

15:19 下山(しもやま)駅(山陰本線 京都府)
数分の停車。
駅前には理髪店が一軒。
店先の時計は正確に時を刻んでいた。
自動販売機横の灰皿には心が揺れた。
でも時間がない。

随分と高地を走っている。
さっき渡った鉄橋を見渡す眺めはさぞかし壮観だろう。

春の風は冷たい。
そしてこの風を覚えている。
雪の気配が濃厚な地域でかつて浴びたことがある。
あるいは春の最中だったかもしれない。

15:31 和知(わち)駅(山陰本線 京都府)
数分の停車。
立派な駅に降りた。
駅前には大きな料理旅館があり、駅にはちょっとした土産も売る軽喫茶が併設されている。
そして「歓迎」の看板。
近くに温泉場でもあるのだろうか。

乗降客ともにそこそこの数が見られた。
車内で聞こえるのんびりとした京都弁に羨ましさを覚える。

15:56 綾部(あやべ)駅(山陰本線/舞鶴線 京都府)
10分ほどの停車。
街に降りた。
ここは舞鶴線との分岐駅になる。

近くを走る8号県道には街の匂いがあり、ビジネスホテルに、居酒屋は2軒を数え、栄温泉の看板。
正直言うともう少し繁華な様を思い描いていたが、春雨の似合うこじんまりとした北の街だった。

16:03 高津(たかつ)駅(山陰本線/舞鶴線 京都府)
高津八幡宮を擁する駅に駅舎はなく、こんな空の下では寂しさを覚える駅だった。

目の前に川堤が無愛想に横たわっている。
綾部福知山間は複線化されていて、上りの客は下りに比べて多い。

ここで上りに乗り換えて再び綾部へ。
広い空にアイグレーの雲がゆっくりと流れ、気紛れに雨粒を落としていく。
舞鶴線で西舞鶴に向かっている。

関連記事

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2 11:19 神志山(こうしやま)駅(紀勢本線 三重県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1 2014・3・9 7:12 紀伊勝浦(きいかつうら)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2 14:56 山田上口(やまだかみぐち)駅(参宮線 三重県

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その1-津山、坪井、久世、中国勝山、刑部、新見、総社、備中高松、高松城址、吉備津(姫新線、伯備線、吉備線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/s

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その2-浜原、粕淵、明塚、石見簗瀬、口羽、宇都井、伊賀和志、三次、矢賀、水尻、かるが浜、呉(三江線/芸備線/呉線)

鉄旅日記2014年8月16日その2 浜原~石見簗瀬間(徒歩) 浜原(はまはら)駅(三江線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その2-富田、佐野、佐野市、大平下、新大平下、栃木、思川、新白岡、白岡、東大宮(両毛線/東北本線)

鉄旅日記2014年11月3日その2 13:26 富田(とみた)駅(両毛線 栃木県) 朽ち

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日 鬼怒川温泉駅から徒歩10分の鬼怒川の眺め 小佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日 2014・12・6 11:09 下今市(しもいまいち)駅(東

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日 5:31 呉(くれ)駅(呉線 広島県) 堺川公園の説明によ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑