*

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、あだち

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年5月6日
17:46 宮古駅(1,547㎞)
山田線と閉伊川に沿うように106号国道を宮古へ。

久慈から延びた三陸鉄道は、ここで北線の役目を終える。
切符売場では、昔のようにオバチャンが切符をもいでいる。

青い壁に青い屋根。
海をイメージしているのだろうか。

思ったとおり「駅そば」があり、それが夕食。
ビールは今夜眠る街までの辛抱。
どこらあたりまで行けるだろう。
あとは風呂の心配だけすればいい。

駅には以前の浄土ヶ浜の写真が飾られている。
そんな景勝地に、義経北行伝説を持つ宮古。
宮古湾は、幕末に土方歳三率いる一隊が海上奇襲をかけた古戦場でもある。

駅前も百貨店も賑わい、寿司屋に心惹かれる。
この街に宿泊すれば、あの暖簾をくぐるだろう。

子供たちは岩手健児らしい装いで元気いっぱい。
都会じゃそんな感想は出てこないだろう。

ここからひたすら南下に入る。

2019年9月22日撮影

19:28 吉里吉里駅(1,592㎞)
宮古ですべてが済んだ。
いい湯だった。

テレビ塔を正面に見て右折すると宮古湾が広がり、その先に湯があった。
南部美人とはなかなか聞かないが、美しい女性が受付に立っていた。

ガソリンスタンドのオッサンに釜石までは1時間と聞いた。
でもそれ以上かかってしまった。

山田バイパスから見えた山田の夜景に心騒ぎ、この駅へと誘う表示を目に留めて、ここにやってきた。
吉里吉里国とは、こんなところにあったのか。
角の家の門灯にその国名が記されていた。

井上ひさしさんが描いた「吉里吉里人」。
ある日、忽然と東北の一地方に独立国が建ち現われるという荒唐無稽な話だ。

吉里吉里商店街のぼんぼりが桜を照らしている。
いい風情だ。
駅に人の姿はなく、木札に凝った字体で書かれた吉里吉里駅。

駅舎からホームへは30段近くの階段を上がる。
階段の手前はちょっとした広場になっていて、噴水が置かれていた跡がある。

階段の両脇にも桜が咲き、その夜桜に照らされながら、何度も階段を駆け上がり、駆け下った。
オレには、これが「天国の階段」だった。

2019年9月23日撮影

20:43 盛駅(1,647㎞)
釜石を抜けて、さらに45号国道。

かつて立ち寄った釜石大観音はライトアップされて、暗闇に浮かぶその姿をはっきりと目にすることができた。
最接近した時に見えたのは後ろ姿だった。

大船渡に入る。
釜石から南線として運行する三陸鉄道はここが終点となる。

若い女性が2人、三鉄の改札を入っていった。
そして警笛が鳴り、彼女たちを目的の地に運ぶ車両が入ってきた。

跨線橋から鉄道基地が見渡せて、たった今JR駅の電気が消された。
駅前には居酒屋チェーンの店が1軒きり。

2016年3月6日撮影

21:04 大船渡駅(1,651㎞)
三陸の中心都市、大船渡。

すっかり夜が降りて静まっているけど、感じのよさそうな店が連なる。
青く点滅するスナックの灯が艶めかしい。
駅前で待つタクシーの数はそれなりのものだが、タクシー会社の白髪のオッサンは退屈に耐えている。

駅舎は古く、濃厚に昭和が香る。
大船渡タクシーの社屋もまた長い時代を生きてきたようだ。

今日の走行距離は400㎞を超えたが、三陸はまだまだ続く。

21:54 気仙沼駅(1,685㎞)
陸前高田を過ぎ、気仙沼。

街から街へ。
これがオレのやりたかったこと。

昼間の気仙沼なら知っている。
港では美味いものを食べた。

鉄道の運行はすでに終わり。
駅前には灯台のオブジェが立ち、その先にはホテルパールシティが駅を見据えている。
その駅は洋館風の立派な造り。

ここは食の街。
飲み屋がまだ数軒開いている。

ここから石巻までは街らしい街はない。
次に目指す女川も闇の中だろう。

2016年3月5日撮影

23:45 女川駅(1,783㎞)
闇の中。
散々な思いをしながら、港に美しい灯が連なる町に着いた。

途中の山中では、正体は判然としないが3匹の動物と接触しそうになった。
目を合わせ、互いに譲り合った。
本当だよ。

ここが終着駅。
「よくきたな」。
そんな言葉が聞こえそうな、歴史と優しさに満ちた駅舎だ。

開業は昭和14年。
洋館造りに瓦屋根が乗っている。

改札を入ると階段を上がる。
その先に行き止まった線路とホームがある。
吉里吉里駅でのように、そして子供のように、ここでも「天国の階段」を何度も行き来する。

かつて英国東洋艦隊が停泊して、天然の良港として女川は世界に知られたという。

亘理でも触れた前九年の役では、ここも戦場になり、賊軍となった安倍貞任が婦女子を川の方に逃がしたことが町名の由来とのこと。

牡鹿半島の入口、女川の装いは観光地。
素敵な町だ。

そんな町だが、南米チリで起きた大地震によって発生した大津波が三陸沿岸を襲った際、人的被害は皆無だったが、町は壊滅的な打撃を受けたという。

2009年10月11日撮影

24:25 石巻駅(1,799㎞)
宮城県第二の都市、石巻。
この時間帯でも街は賑やかで、石畳の界隈を通り、繁華街へ。

ここには大鉄道駅がある。
洋館風の駅舎は2つの建物が合わさったような姿で、窓にはステンドグラスがはめ込まれている。

女子が友達に痴話話を着かせ、路上生活者が徘徊し、酔客が騒いでいる。
通りを彷徨う姿もチラホラあり、タクシーは身構えている。
大きな街だ。

そして東京はまだ遠い。
「みちのく」の果てしなさを想う。

開いている店はまだまだあって、アーケード街もまた「みちのく」のように果てしない。

2016年3月20日撮影

25:18 利府駅(1,836㎞)
明治27年開業の由緒ある終着駅に寄った。
新興の町かと思っていたが、とんでもない。

あたりには目立った建物はなく、空地が散見される中に現代的な駅舎が建っている。
仙台のベッドタウンなのだろうか。

静まりかえった駅からは虫の声がこだまする。
タクシーも最早家路について、間もなく仙台。

帰ってきたな。
今朝青森を出てから600㎞も走ってきたのか。

雨の音が聞こえる。

2016年3月21日撮影

27:03 4号国道‐道の駅あだち(1,940㎞)
着いた。
もうここでいいだろう。

もうビールを飲んでもいい。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

鉄旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩夏【ふと誘われるように、上州へ向かう列車に乗ったのでございます。】-伊勢崎、桐生、西桐生、下仁田、上州富岡、高崎(高崎線/両毛線/上信電鉄)

鉄旅日記2006年9月2日 空の色はよかったよ。 煙草を3本吸い終えると出かけた。

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 東横イン名鉄岐阜813号 予

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

鉄旅日記2006年5月5日 14:21 弘前駅(1,046㎞) 津軽平野を横断する102

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30 東横イン名鉄岐阜813号

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】初日-掛川、尾奈、リステル浜名湖(東海道本線/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2006年11月3日 2006・11・3 リステル浜名湖239号室 飲みすぎた翌

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日 2006・11・5 東京葛飾金町 清々しい浜名

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日 2006・2・11 いわき東急イン618号室 出発は遅れた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑