*

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

公開日: : 最終更新日:2024/05/17 旅話, 旅話 2003年

鉄旅日記2003年2月16日
2003・2・16日の記憶
日曜日の朝だった。
34歳の誕生日に目覚めた場所は博多のシティマンションだった。

窓から外を覗く。
下界にアジア的な2階屋の集合住宅が見える。
そこで暮らす人々には悪いが、連想したのは畜舎だった。
どこか貧しさを感じさせる。

発展を続ける東京での暮らしについていくことを躊躇するオレだ。
そんな風景に接するとどこか安心感のようなものを覚える。

漠然と目指していたのは佐賀だったが、すぐにその計画は破綻した。
傘もなく、その日に東京に帰るオレには九州のさらに奥へと進む余裕を持てなかった。

大博通りを北へ。
玄界灘が見えると正面に福岡国際センター、右手にはマリンメッセ福岡。
格闘技好きのオレには憧れの場所でもある。

博多港にはちょっとしたベイサイドエリアがある。
朝はまだ早く、コーヒーショップが1軒だけ開いていたが、寄らずにエリアに流れる音楽に耳を傾けた。

港からは壱岐対馬五島列島行きのフェリーが出ていて、賑わいを見せている。
そうした島々に渡る人々は、どうした経緯で朝まだ早い波止場にいたのか。
そんなことを想像するのが好きだ。

脇には高さ自慢とはいかないタワーが建っていて、入場無料。
タワーの名は記されていない。
そう言えば昨夜、中洲の屋台で聞いた。
街中に福岡空港を持つ博多には、背の高い建物はないのだと。

那珂川に沿って歩き出す。
靄に煙った川辺にガス灯がぼんやりと浮かぶ。
どこか京都の鴨川に似た那珂川の風景をとても身近に感じて、やがて昨夜の屋台があったあたりに差しかかった。

どうなっているのだろうと思いきや跡形もない。
冷静に考えればそうだろうが、一夜のうちにあの親子は屋台をたたみ、どこかへ引き上げたのかと思うと、前の夜にそこにいたことが夢のように思えてくる。
とても不思議な感覚だった。
寂しいとも言えるし、手品ショウを見せられたような気分でもある。
いずれにしろ、博多で一番の思い出の場所は、夜にならないと現れない。

那珂川の対岸、天神あたりは官庁街。
東京駅を模したような赤レンガの建物が見える。
折尾でも見た。
門司でも見ることになる。
博多商人の動きは遥か以前から活発で、博多の賑わいは鎌倉時代から続く。

賑やかなキャナルシティを通り抜けて博多駅へ。
駅では若松競艇のイベントが開催されていて、若い女性司会者がベテランの競艇選手にマイクを差し向け、あたりを冴えない中年男性たちが囲んでいる。
その司会者の他は同じような年恰好のギャンブル好きの男の姿しかない。
とても奇妙な光景だった。
新宿渋谷あたりじゃ考えられないイベントだが、博多駅は中高年のうらぶれた男たちにも集合場所を提供している。

筑紫口の風景は忘れてしまった。

小倉へ。
門司港行の鹿児島本線に乗る。

折尾までは初めての区間になる。
福間駅ホームには赤い灯篭が立ち、脇には田圃が広がる。
大昔からの神域を感じた。
宇佐を思い出し、今また紀伊半島を思い出した。
この国には確かに神々が暮らしている。

戸畑では巨大な若戸大橋と再会。
博多からは約1時間ほど。
ゆったりとした旅だった。

やがて辿り着いた駅であの懐かしいアナウンスを聞く。
「こくら~こくら~」。
赤い観覧車と煙突の煙り。
たまに彼女が関門海峡を越えて買い物にくるという北九州の大都会。
海側には西日本総合展示場。
人の流れはその反対側に多く見られる。

都市モノレールに沿うメイン・ストリートを歩き、川を渡る。
そこに小倉城がある。
幕末に長州藩が攻め入り、落城。
世にいう小倉戦争。

山陰の浜田もそうだったが、城主は城を焼いて逃亡。
現在の城は昭和になってから有志の力で再建されたもので、場内の資料館には宮本武蔵関連の展示物が並んでいた。

日曜日の午後。
小倉の街はとても穏やかだった。
散策も終わりに近づく頃、気になる通りを見つけた。

日過市場という相当な歴史を持つであろう商店街。
魚街銀天街を出て通りを渡るとその一角へとつながる。
気の利いた食堂でもないかと奥に踏み入ると、かつてそこに店があったという造りが並ぶが、商売人の姿はなく、客の姿もない。

ヤバい臭いがする。
まるで人買いでも行われていそうで、これまでに嗅いだことのない生臭さに戦慄を感じる。
どこからかラジオの音が聞こえてくる。
夜にはよからぬ連中が集まりそうな怪しげな一角だった。
小倉の住人が外の人間には見せたくないスカートの中身を覗いてしまったような気にさせられた。

日過市場の入口まで戻り、今度は人通りの多い銀天街へ。
松山にも同じ名の繁華街がある。
他の街にもあるのだろう。

途中で回転寿司をつまみ、ラーメン屋へ。
不愛想なおねえさんの「らっしゃい」という掛け声がやけに印象に残っている。
名物の博多ラーメン。
安かったけど、そこの店のは美味くはなかった。

関連記事

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1・・・隼人駅、鹿児島駅、鹿児島中央駅、上伊集院駅、薩摩松元駅、川内

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を出て、最

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日・・・会津若松駅、芦ノ牧温泉駅、大川ダム公園駅、芦ノ牧温泉南駅(会津鉄道

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日・・・琴平駅、讃岐財田駅、阿波池田駅、大歩危駅、土佐山田駅、後免駅、後免町

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その1-神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧鳥羽小学校(鳥羽市営定期船)

鉄旅日記2018年12月24日・・・神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

鉄旅日記2014年8月13日・・・尾張一宮駅、播磨高岡駅、太市駅、余部駅、播磨新宮駅、三日月駅、西栗

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その2‐角館、大曲、峰吉川、新庄(田沢湖線/奥羽本線)

鉄旅日記2023年1月13日・・・角館駅、大曲駅、峰吉川駅、新庄駅(田沢湖線/奥羽本線) 10:00

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】2日目(高岡-金沢)-高岡駅前、越ノ潟、高岡、氷見、高岡、城端、金沢(万葉線/氷見線/城端線/北陸本線)

鉄旅日記2007年1月7日・・・高岡駅前駅、越ノ潟駅、高岡駅、氷見駅、高岡駅、城端駅、金沢駅(万葉線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑