*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その1-津、阿漕、松阪、家城、伊勢奥津(紀勢本線/名松線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月23日・・・津駅、阿漕駅、松阪駅、家城駅、伊勢奥津駅(紀勢本線/名松線)
2018・12・23 6:17 津(つ)駅(紀勢本線/伊勢鉄道/近鉄名古屋本線 三重県)
かつて伊勢うどん屋だった改札横のスペースには吉野家が収まっている。
伊勢うどん独特の濃いつゆで服を汚してしまったことから、よく覚えている。

伊勢うどんが好きな彼女にこの話を聞かせたら、おそらく陽気な文体で失意を伝えてくるだろう。

駅にL字形に隣接する高層ビルの背後。
あるいは繁華街が隠れてはいないかと覗いてみれば、駐車場が見えただけだった。

この街の繁華街はどうやら昨夜歩いたあのあたりだけらしい。

西国の朝の訪れは遅い。
この時間帯、東京じゃ明るくなりだしている空はまだ夜のままだ。

近鉄はホームのコンビニが煌々と光を放ち、早くも特急列車も走り出しているけど、JRはようやく一番列車がやってくる。

6:41 阿漕(あこぎ)駅(紀勢本線 三重県)
津からひと駅。
途中、近鉄の津新町駅を通過する。
駅周辺にはわずかな明かりだけがあった。

阿漕は、悪い言葉として使われる「あこぎ」の語源だという。

阿漕ヶ浦は伊勢神宮に供える魚を獲る漁場として一般的には禁漁区だったのを、「阿漕の平次」なる者が繰り返し密漁に及び捕らわれたことによるとのこと。

「あこぎ」なヤツとの評価は沽券にかかわる。

明るくなりだした空。
このままじゃたぶん今日は曇り。

昨日はあんなにきれいな月夜だったのに。
神島で満月が見られることを願っている。

国道を走る車の音が聞こえてくる。
かつてオレも車を走らせたあの道まで出て、さして感じるものもなく駅へ戻る。

ふと脇を見ると指名手配犯の顔が並んでいる。
彼等には守護存在はいたのだろうか。
スピリチュアルな世界に触れた昨今。
そんなことを考えるようになった。

駅にくれば、子供たちもこんな光景を見ながら大きくなっていく。
わがことながら、表情が曇るのが分かった。

7:24 松阪(まつさか)駅(紀勢本線/名松線/近鉄山田線 三重県)
近鉄の立派な電架設備が見えだすと松阪が近い。

その高架下ぎりぎりをくぐるJR。
私鉄王国の中では肩身が狭い。

3度目の松阪。
この街にも泊まったことがある。
駅前から続くアーケード街の記憶はなかったけど、オレの歴史が見える。

松阪は城下町だった。
本居宣長記念館なるものが城址公園側にある。
松阪牛だけの街じゃない。

前回も弁当屋で触れあったことを思い出した。
人情味のある街だ。

8:21 家城(いえき)駅(名松線 三重県)
簡素な駅が続く名松線。

松坂から名張へと延びるはずの鉄路ゆえ名松線。
しかし計画通りには進まず伊勢奥津で止まったが、廃線の憂き目を見ることなく生き残ってきた。

そこへ最近、台風災害でここ家城から先の運行ができなくなり、廃線の話も持ち上がったとのこと。
ともあれこうして復旧を果たし、まずはひと安心。

早く名松線に乗りにいかなければ。
今回の旅にはそのような思いも含まれている。

野球少年をはじめ高校生たちが降りていく。
この夏、山間の県立高校が甲子園に現れると話題になった白山高校の生徒たち。
凛々しくもあり、子供でもある。

この夏には借りがあるだろう。
また檜舞台で彼等の活躍を見たい。


9:32 伊勢奥津(いせおきつ)駅(名松線 三重県)
かつてこの駅に寄る際に通りすぎた美杉町。

様々なプールが楽しめる施設が賑わっていたことを記憶している。

「ここだここだ」と懐かしく感じたその施設は季節を終えて、向かいにある美杉リゾートもその巨大な姿に黒ずみを浮かべ、朽ちるに委せていた。

それでもこの山間の地域に人々の暮らしが続いていることをいじましく感じ、そんな風景を目にしているオレは、今年あった別れを思っていた。

阿下喜、西藤原、湯の山温泉と車で終着駅をたどったかつての旅。
この駅は4番目の終着駅だった。




雲出川左岸に位置する伊勢本街道奥津宿。

北畠氏が築いたのであろう城跡もあり、名松線開業後は若宮八幡宮への参拝客で賑わったそうだ。

今じゃ参道の両脇を廃屋が固める一帯となったが、神気を感じ、かつての宿場の屋号をつけた旧家が並ぶ古街道を下っていった。









関連記事

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・湖北駅、下総松崎駅、成田駅、香取駅、延方駅、佐原駅、大戸駅(我孫子

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1・・・検見川浜駅、大貫駅、保田駅、那古船形駅、富浦駅、安房勝山駅、館

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その3-橿原神宮前、六田、吉野、近鉄御所、御所、尺土、二上山(吉野線/御所線/南大阪線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・橿原神宮前駅、六田駅、吉野駅、近鉄御所駅、御所駅、尺土駅、二上山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2・・・中書島駅、伏見桃山駅、桃山御陵前駅、桃山駅、JR藤森駅、木幡

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その1-十三、大阪梅田、大阪、東淀川、茨木、島本、桜井の繹跡、桂川、京都(阪急電鉄宝塚本線/東海道本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・十三駅、大阪梅田駅、大阪駅、東淀川駅、茨木駅、島本駅、桂川駅、京都

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その1-上尾、桶川、鴻巣、行田、岡部、神保原、新町、群馬総社、中之条、郷原、長野原草津口、万座・鹿沢口(高崎線、吾妻線)

鉄旅日記2012年4月1日その1・・・上尾駅、桶川駅、鴻巣駅、行田駅、岡部駅、神保原駅、新町駅、群馬

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802号室

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】初日(熊本空港-高森-湯前-都城)走行距離270㎞-羽田空港、熊本空港、立野駅、高森駅、湯前駅、小林駅、都城グリーンホテル

車旅日記2005年2月11日 2005・2・11 8:11 羽田空港58番ゲート 眠っているうち

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・金町駅、新宿駅、新松田駅、松田駅、沼津駅(常磐線/山手線/小田急小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑