*

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/23 旅話, 旅話 2014年

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、福知山駅、西舞鶴駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)
16:51 東雲(しののめ)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線 京都府)
舞鶴線に乗って西舞鶴で降りる。
乗り降り自由のフリー切符を購入して、北近畿タンゴ鉄道宮津線に乗り換える。
西舞鶴にはまた夜に戻る。

ここで数分の停車。

丹後に入ると春の嵐が吹き荒れている。
雨の中をひとり外に飛び出て駅を写して戻る。

右手前方に宮津湾が覗き、いま広大な由良川と並んだ。
素晴らしい眺めに観光列車の年寄りたちが腰を浮かす。

とても愛らしい女性車掌さんの表情が豊かでよけいに愛らしい。
名所案内も親切でいい。

車窓より覗いた宮津湾

17:26 宮津(みやつ)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線/北近畿タンゴ鉄道宮福線 京都府)
10数分の停車。
丹後の北の街との再会。

覚えているものは特になかったが、港までの往復の道すがら、宮津へと戻ってきた旅程に満足した。
前回は回転寿司屋に入ったが、当時と同じ道を辿れた自信はないが、今日は見かけなかった。

街を歩く者の姿も見かけなかったが、かつては北海道の江差のように、江戸にもないと謳われた繁華を誇った街。
当時の繁栄はもはやないが、静謐な空気はきっと当時からのものだろう。

雨上がりだ。
特に空気は澄んでいる。



17:36 天橋立(あまのはしだて)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線 京都府)
数分の停車。
日本三大名勝の松林が宮津湾とともに遠ざかる。

あの橋も以前途中まで歩いたよ。
何年も前に一般国道のみを使って東京から大分、そして四国へと至ったあの壮大な旅の3日目の朝、オレはあそこにいた。

岩見重太郎仇討ちの石碑を見て、さらに丹後の奥へと車を走らせていったんだ。
最近メディアで見かける機会が多くなった伊根の舟屋群で感嘆の声を上げたのもその日のことだ。

夕暮れの駅前は暖色の灯を連ねて賑わい、駅ではホテルの迎えの人が二人競い立っていた。

列車に戻ると客が入れ替わっていて、あの美人車掌さんの姿も消えていた。

KTR宮津線。
風光明媚な路線だ。
また乗りにくるもあることだろう。

19:26 豊岡(とよおか)駅(山陰本線/北近畿タンゴ鉄道宮津線 兵庫県)
駅が新しくなっていた。
一度食したことのある「駅そば」はなくなり、真新しい橋上駅へと姿を変えていた。
いつぞやの水害の影響もあるのだろうか。

駅前風景にはおそらく変化はない。
百貨店アイティがあって、その脇にアーケード街が続いている。

駅近くで「おでん」の看板を掲げる食堂に入って、おでんと熱燗を注文する。
北国の太平洋岸に季節外れの大雪をもたらした風が但馬の国府をも冷たくしている。

テレビを見れば、列島はどこも大荒れ。
春先の大風に苛まれたのは東京も例外じゃない。

山陰本線に乗り換えて、上りの福知山方面に向かっている。
お祝い帰りの一団が近くではしゃいでいる。

19:44 国府(こくふ)駅(山陰本線 兵庫県)
数分の停車。
但馬国府は闇の中だった。

駅舎のない駅で、線路を潜るトンネルの先で恋人を待つ男の姿がぼんやりと浮かぶ。
変質者かと一瞬疑いもしたが、たんに男が立ち小便をしているのかと思った。
あちらさんもオレに対しての警戒を緩めていなかったが、オレの後ろを歩く恋人の存在を認めると、「ふにゃ」っという音がするほど、にわかに彼の体から力が抜け、やがて二人すぐに歩き去った。

20:18 和田山(わだやま)駅(山陰本線/播但線 兵庫県)
数分の停車。
5年振りに和田山に降りた。
変わっていないことに安堵した駅前風景。
ここで乗っていたほとんどの乗客が降りた。
但馬人が一日のうちに国境を越えることはそうそうないのだろう。
その事情はどこの地域でも変わらない。

旅の高速化は多くの場合、新幹線に委ねられ、鉄路は分断され、日本国中をつなぐという当初の壮大な目的は形を変えて、過疎地域が広がっていきつつある。
この国は、人口面なども含めあらゆる意味で小さくなっていく過程にあるのだろう。

久々の和田山で、こんなことを考えなくてもいいものを。

20:25 梁瀬(やなせ)駅(山陰本線 兵庫県)
数分の停車。

駅は古い民家の正面に位置していた。
駅前に商店も何もなく、思わずケータイを向けようかと思った昔懐かしい形の2階屋の家屋は売りに出されていた。

深い闇を切り裂く龍の如く銀河鉄道が往く。

21:06 福知山(ふくちやま)駅(山陰本線/福知山線/舞鶴線/北近畿タンゴ鉄道宮福線 京都府)
5年前に訪れた際の朝とは違う顔を持っていた福知山。
やはりこの街には一度泊まってみたいと思う。

去年この街から出た「プロレス界の鉄人」小橋建太が引退し、9月には水害に見舞われた。
水浸しになった京都、福知山は見るに忍びなかった。

「ドッコイセ」の掛け声があふれるであろう福知山踊りのブロンズ像の脇を通って駅へ戻る。
今日から始まったセンバツには、京都から2校が選ばれ、出場の度に応援する龍谷大平安とともに福知山成美も席を得ている。
駅には健闘を祈る横断幕が懸かっていた。京都勢が紫紺の大優勝旗を持ち帰ることをオレはもう10年以上待ち続けている。

北近畿タンゴ鉄道で宮津に戻り、西舞鶴へ向かうことを考えていたが、舞鶴線で高津から先は数時間前と同じ鉄路を辿るコースを選ぶことにした。

西舞鶴(にしまいづる)駅(舞鶴線/北近畿タンゴ鉄道宮津線 京都府)にて

22:49 西舞鶴グランドホテルヴィラ7002
ところどころ建て付けの悪い部屋に荷物を下ろした。
西舞鶴の夜は、サンモールあたりではおそらく朝まで続く。

人通りは絶えていたが、数ある飲食店に目を向けるとそれぞれ数人ずつがこじんまりと飲んでいる。
スナックの灯も多く、このホテルの本館にも進出している。

昭和に見かけた街と照明。
そういったものを探しにきたわけじゃないが、この街では落ち着いていられそうだ。
かつての軍港の風格は明日の車窓から見ることができるだろう。

忙しい3月。
でも昨日の仕事に目処がついて、自然とこの旅への道が開けた時はうれしかった。
こうして舞鶴の街で酒を飲んでいるたった今のオレから不安を抽出するのはいささか困難だが、「いろいろあるのが人生」と謳うオレにようやく訪れた男の甲斐性について考え続けている。

舞台はかつての想像の域から脱して、現実へと展開している。
頑張らなきゃな。
テレビの横に置かれた「ピーチチャンネル」番組表のカバーガールがさっきからずっとオレに笑いかけている。

かつてオレの人生に存在した京都の恋人。
「ゆうさん」と最後まで呼んでいた女性。
心の触れ合いは持てなかったけど、彼女の存在を頼りに暮らし、総括するにはまだ早いが、様々な社会の仕組みを理解できた貴重な歳月だった。
今、幸せであってほしいと心から思う。
京都との縁を取り持ってくれたことに感謝もしたい。
ツテもなく歩けるような街じゃないし、彼女と出会わなければ、京都がこうして特別な存在としてあり続けることはなかっただろう。

西舞鶴に降りたらまた雪。
でもダウンの前は閉めずに歩き、コンビニでビールを買って出てきたら、雪はやんでいて星が見えた。

関連記事

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日・・・松戸駅、我孫子駅、成田駅、銚子駅(常磐線/成田線/銚子電鉄) 小

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日・・・会津若松駅、芦ノ牧温泉駅、大川ダム公園駅、芦ノ牧温泉南駅(会津鉄道

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その2-小諸、岩村田、佐久平、中込、臼田、小海、野辺山、清里、大月(小海線、中央本線)

鉄旅日記2012年12月9日その2・・・小諸駅、岩村田駅、佐久平駅、中込駅、臼田駅、小海駅、野辺山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

鉄旅日記2019年1月5日・・・金町駅、上野駅、高崎駅、六日町駅、長岡駅、見附駅(常磐線/高崎線/上

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(し

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

車旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよならしていた

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】4日目(高知-宇和島)-高知、朝倉、伊野、斗賀野、須崎、窪川、中村、宿毛、宇和島(土讃本線、土佐くろしお鉄道中村線/宿毛線、予土線)

鉄旅日記2009年5月4日・・・高知駅、朝倉駅、伊野駅、斗賀野駅、須崎駅、窪川駅、中村駅、宿毛駅、宇

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2・・・熊本駅、久留米駅、鳥栖駅、吉塚駅、長者原駅、古賀駅、東郷駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑