*

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その1-津山、坪井、久世、中国勝山、刑部、新見、総社、備中高松、高松城址、吉備津(姫新線、伯備線、吉備線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2014年

鉄旅日記8月14日その1
2014・8・14 6:05 津山(つやま)駅(姫新線/津山線/因美線 岡山県)
吉井川に架かる橋から巨大な天満屋を眺めて足を止める。
いくつもの小路が入り組んだ一帯と津山城に思いを残してこの街を去ることになる。
今回もたいした時間はとれなかったことは大いなる心残りだ。
駅にもまた多くの鉄道遺産が残っているという。

寂れていた駅前はさらに寂れ、映画館があったと記憶していたが、あるいは別の街のことだったかと思い悩んだ。
いやいや間違いない。
確かにそう遠くない過去にあの場所に映画館があったよ。

気分は清々しい。
そして中国山地の暑さがじわじわと皮膚にまとわりついてくる。

津山の街並




6:28 坪井(つぼい)駅(姫新線 岡山県)
数分の停車。
姫新線最終章が始まっている。

街を離れ、大河を離れ、杉の集散地を思わせる一帯を中国自動車道と並走している。
民家は疎らで小さな待合室しかない駅周辺は緑に包まれている。

6:56 久世(くせ)駅(姫新線 岡山県)
数分の停車。
美作落合手前で霧が立ち込める。

中国山地の変化のない風景に飽いた頃、町に着いた。
駅前に大正ロマンを思わせる建物が並び、文化遺産に認定された小学校へと導く道標がある。

駅へと急ぐ若い女性の楽しげな声が通り過ぎ、薄曇りの上空が青くなった。

7:10 中国勝山(ちゅうごくかつやま)駅(姫新線 岡山県)
数分の停車。

町並保存地区を有する観光地に到着した。
かつて東京でもこの町への観光を促すポスターが貼られ、「男はつらいよ」第48作では車寅次郎も因美線美作滝尾駅で、この町への切符を買った姿が目撃されている。

蒜山高原というのが観光地図の中で頂点を極めている。
たいして時間がない中を駅前の観光地区の入口まで走って写真に収め、すぐに戻った。

列車は走り出し旭川という大河を渡る。
次は月田。
杉の丸太が積まれた月田駅前を車窓から眺めて、そこに寄った当時のことを思い出していた。

7:41 刑部(おさかべ)駅(姫新線 岡山県)
数分の停車。
列車が速度を落として運行する区間を抜けて、姫新線内最後の途中下車。

中国山地の町並の典型を刑部に見ているような気がする。
山に囲まれた狭い平地が田となり、民家は山裾にへばりつくように密集している。

この夏もまた大雨による山崩れの被害が各地に出た日本列島。
余計なお世話だが、このあたりは大丈夫だろうかと車窓を眺め思い巡らす。

ある一族が豪邸を数棟並べ、蔵を置いている風景もある。
以前で言えば、庄屋さんか何かのご子孫だろうか。

そんな山間の景色を見てきた感慨のみが頭を占めている。

8:35 新見(にいみ)駅(姫新線/伯備線/芸備線 岡山県)
美しい街だ。
高梁川に沿って歩いている時に単純にそう思った。
津山と同じく陰陽連絡道の要衝で、広島、米子、倉敷、姫路の中継地にあたる新見。

人の気配が希薄なのは中国山地という土地柄で、川と山に抱かれたこの国の「ふるさと」のような街だ。

「赤とんぼ」の碑を見たのは確か播磨新宮でのことだったか。
姫路から新見までをつなぐ姫新線。
過去から現在に至るまで、注目を集めた実績もまた希薄な地域と言えるだろうが、古来人々が歩き続けてきた重要な道のりだった。

仕事でその存在を知った「新見おかみさん会」の本拠地があるであろう繁華街を探しにまずは市役所を目指して歩き、姫新線の鉄橋まで行ってみたが見つからない。
今度は考えを別に移し、かつて車で寄った際にオレが買い求めたパン屋はどこだっただろうかと記憶を辿る。
きれいなパン屋が川向うにあったけど、あそこがそうだったと断定するには至らず、あの時の新見は完全なる過去へと場所を移していることを自身の中で知った。

伯備線に乗り換える。


9:50 総社(そうじゃ)駅(伯備線/吉備線/井原鉄道 岡山県)
一雨降った備中路に西国の日が差した。

見るべきものが見当たらない総社駅前。
観光地図にも興味を引くものは見い出せず、役場は遠く、従って街に着いたら歩きたいといつも思う繁華街がどこにあるのかも分からない。
乗り換え時間も少ない。
だから美しい備中娘を眺めているより他になかったよ。

吉備線に乗り換える。

10:38 備中高松(びっちゅうたかまつ)駅(吉備線 岡山県)
ここを訪ねてみたかった。
今年はちょうど大河ドラマ「軍師官兵衛」にも登場している。

駅から徒歩10分ほどの高松城跡に行って案内板を眺めたら、羽柴秀吉による水攻めが途方もなく広大な規模にわたるものであることを知った。
現代人に彼等のような想像力はあるだろうか。
少なくともオレには皆無だ。

日本史上最も物騒な頃の話だが、英雄もまた群がり起こった時代で、城主だった「男」清水宗治の死舞台がここにある。
海音寺潮五郎さんが小説「加藤清正」で描いた彼の最期の様を想い、首塚に手を合わせて駅に戻る。

駅前は耐え難いほどに暑く、かつての沼地は田園へと変貌していた。

高松城址と清水宗治公首塚

11:18 吉備津(きびつ)駅(吉備線 岡山県)
神の地の入口にしては粗末な駅で、無論駅前には何もなく、徒歩5分ほどの吉備津神社へ向かう。

桃太郎のモデルとなった神話の舞台がこの地で、大和朝廷に雇われていた吉備津彦命(きびつひこのみこと)も鬼役の温羅(うら)も、鵜をはじめ他の生命体に化身することができたという。
西洋はじめ他の国々の昔話にもこういった事例は確認されているのだろうか。

観光客も多く、岡山が近づくにつれて人が増えてきた。

吉備津神社

関連記事

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

鉄旅日記2014年11月3日その1 日進~土呂間(徒歩) 日進駅(にっしん)駅(川越線 

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その2-富田、佐野、佐野市、大平下、新大平下、栃木、思川、新白岡、白岡、東大宮(両毛線/東北本線)

鉄旅日記2014年11月3日その2 13:26 富田(とみた)駅(両毛線 栃木県) 朽ち

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2 11:19 神志山(こうしやま)駅(紀勢本線 三重県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2 12:14 金川(かながわ)駅(津山線 岡山県) 岡

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1 2014・3・21 11:54 西岐阜(にしぎふ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1 2014・3・9 7:12 紀伊勝浦(きいかつうら)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1 2014・3・8 11:16 熱田(あつた)駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日 2014・12・6 11:09 下今市(しもいまいち)駅(東

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月22日その2 13:31 南条(なんじょう)駅(北陸本線 福井県)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑