*

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2014年

鉄旅日記2014年8月14日その2
12:14 金川(かながわ)駅(津山線 岡山県)
岡山で津山線に乗り換える。

ここで9分間の停車。
この駅は無人駅じゃない。
ローカル線の駅では今じゃ珍しい。
駅前は広々としたロータリーになっていて、他に記憶できるものはない。

旭川に沿って蛇行する区間がどうやらここで終わるらしい。
既視感の正体はおそらく高山本線での車窓風景だ。
土地柄も気候帯も違えども、日本列島では似たような風景に時々出くわす。

岡山県内の山深いところを通って再び津山へと向かっている。

12:49 弓削(ゆげ)駅(津山線 岡山県)
数分の停車。

「川柳とエンゼルの町」。
エンゼルとは何だ。
駅にはやたらと河童がいるけれど、エンゼルとは何だろう。

和気、吉備真備、そして弓削。
岡山には百人一首の頃の人名にまつわる駅がある。
和気は清麻呂、ここ弓削は悪名高き道鏡の故郷に当たるのだろう。

桃太郎をはじめ昔話の宝庫だが、史上に岡山の名を見る機会は少ない。
この弓削駅も文化遺産的駅舎の他に見るべきものは少ない。

13:44 亀甲(かめのこう)駅(津山線 岡山県)
行き倒れの旅人を葬ると、弘法大師像を乗せた亀の甲羅状の岩が忽然とせり上がってきたという超常現象が起こったと信じられ、その岩が現存している美咲町。
武士という超現実的な武装集団が登場する前の時代には、そんな伝説が各地に残っている。

中国鉄道といった開業当初から、町名として存在しない亀甲が駅名として使用されている。
駅に食堂があったことに気づかずに通りに出て少し歩きビールを買って駅に戻った。
腹がまた暴れ出しそうだったから役場横の清潔な便所を借りる。
まとわりつくような暑さは増し、空には夏の雨雲が広がる。
雷神を連れてきそうなアイグレーの不穏な雲。

駅は食堂の他にも図書館も兼ね、実物や石像や駅舎、待合室のテーブルまでも亀づくし。
縁起のいい町の気怠い夏の日。
風はなく汗が引く気配もない。

美作滝尾(みまさかたきお)駅(因美線 岡山県)にて
津山駅で因美線に乗り換える。

15:27 三浦(みうら)駅(因美線 岡山県)
因美線内でひとりの赤ん坊をめぐる人情を見た。
席を譲った娘さんが愛らしかった。

車寅次郎が「男はつらいよ」第48作目で現れた美作滝尾駅で降りる。
列車が去った伝説駅の改札のムコウは若草色をしていた。

加茂川に沿って歩くこと約25分。
蛇やバッタの死骸を跨ぎ夏のひと降りに濡れ、ここ三浦駅まで。

民家の隙間に駅へと下る道がある。
まさに地元と生きる駅だ。

蚊に食われ、蝉の声を聞く。
これでどこからか高校野球のラジオ放送でも洩れ聞こえてくれば必要としていたすべてが揃う。

美作加茂(みまさかかも)駅(因美線 岡山県)にて

16:39 知和(ちわ)駅(因美線 岡山県)
歴史的建造物でもある秘境駅にいる。

美作加茂駅から徒歩約40分。
我ながら健脚ぶりに驚いている。

津山から智頭へは登りの行程になる。
この道を最初は車で、次には列車で、今度は歩きかと思いながら登っていった。

農機具の唸りが響き渡る。
通りすがりのお宅では3世代が玄関先でバーベキューをしていた。

人の気配はあたりに濃厚だが、秘境駅と称されるように民家はあまり見かけない。
閉鎖された駅事務所には黒電話と色鮮やかな花が花瓶に活けられている。
駅舎内には芳香剤が置かれ、掃除が行き届いている。

こんな場所にいるということは、言ってみれば夢が叶ったようなものだ。
褒めようとは思わないが、よく歩いてきたとは思う。
汗に濡れている。
次の列車が来るまでまだ時間がある。
もう一服したら、無事でいるとメールを入れよう。

ホームに戻ると線路を渡った先に木造の橋が架かっていることに気づき、思わず線路内に立ち入った。
そうしなければ、あの橋には近寄ることはできない。


智頭(ちず)駅(因美線/智頭急行 鳥取県)にて
この駅で鳥取行きに乗り継ぐ。


18:27 用瀬(もちがせ)駅(因美線 鳥取県)
数分の停車。

「流しびなの里」を謳っている。
出征兵士を見送る在りし日の写真などが飾られた古い駅だった。

両親に抱えられるように乗り込んできた浴衣姿の幼い姉妹がとてもかわいらしい。
今夜の鳥取は夏祭りか。

県境にかけて登ってきた分だけ今度は下りに入り、鳥取県に入っている。

19:02 津ノ井(つのい)駅(因美線 鳥取県)
数分の停車。

鳥取に飲みに出るのであろう、野球つながりの壮漢たちが郡家から乗り込んできた。
その内のひとりが車内で知人を見かけ声をかける。

当時から目立つ者と、当時から目立たなかったであろう者との再会の儀は、言葉少なに終わった。

次が終点鳥取。
線路は高架になっていく。
その手前の駅は、知和駅ほど古くはないが懐しいたたずまいで、夕暮れの灯は好もしい色をしていた。

大岩(おおいわ)駅(山陰本線 鳥取県)にて
鳥取駅で山陰本線上り列車に乗り換えて2つ目の駅で降りる。

20:52 岩美(いわみ)駅(山陰本線 鳥取県)
秘境駅のような大岩駅から開業100年を過ぎた由緒ある岩美駅まで歩く。

手にしていた地図から道は変わり、案に相違して大岩駅入口は9号国道に面してはおらず、仮に逆の行程を選んでいたとしたら、この暗さの中で辿り着くことに焦燥を感じたことだろう。

ひたすら歩いた9号国道は想像通りに暗く、記録すべきものはない。

岩美駅周辺には立派な病院があり、平成天皇皇后が視察に訪れたこともあるという。
終戦の日にも記すべき町の歴史があった。

様々な虫が集合した駅のホームで、思いがけず鉄道史の上で重要な駅にいることに感慨を持った。

22:46 和風ホテル松風荘
鳥取駅前は祭りの最中だった。
フィナーレに流れたのは「ふるさと」で、法被姿の若者たちが行き交っていた。

テキ屋のにいさんから買った焼き鳥は高かったけど、この旅で一番のご馳走だ。
こんなにも多くの人がいて、商圏は狭いながらも一級品の歓楽街を形成する鳥取の街に目を見張った。
粋がる若者たちと紳士的な大人たちの対比も面白かった。

この宿のご亭主と女将さんは、人としての付き合いをする上で最上級の品格を兼ね備えている。
そう言えば、今はもう閉じてしまったけど、かつてお世話になった京都祇園のスナックのマスターも出身地は鳥取と聞いていた。
ローソンの若者もいい仕事をしていたよ。

鳥取代表は八頭高校か。
頑張ってほしい。
でも山陰じゃ「熱闘甲子園」を見ることは叶わなかった。

関連記事

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

鉄旅日記2014年8月16日その1 米子(よなご)駅(山陰本線/伯備線/境線 鳥取県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日 鬼怒川温泉駅から徒歩10分の鬼怒川の眺め 小佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2 11:19 神志山(こうしやま)駅(紀勢本線 三重県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2 16:51 東雲(しののめ)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日 5:31 呉(くれ)駅(呉線 広島県) 堺川公園の説明によ

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2 瓜連(うりづら)駅(水郡線 茨城県)にて 1

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1 2014・3・9 7:12 紀伊勝浦(きいかつうら)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日 2014・4・6 11:01 館林(たてばやし)駅(東武伊勢

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑