*

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/09 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅、京阪京橋駅、近江舞子駅、近江今津駅、近江塩津駅(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)
12:19 大阪(おおさか)駅(東海道本線/大阪環状線/福知山線 大阪府)
どこも工事中。
博多も、石岡も。
大阪駅も工事中。

圧倒的なパワーを感じる大都会大阪に紛れたくて久々に降りた。

なにわ娘が美しいことは知っている。
胸が高鳴る。

大阪以外にこうした作用をもたらす街はない。

世界にもないかもしれない。

12:48 桜島(さくらじま)駅(桜島線 大阪府)
大阪環状線で西九条まで。
そして桜島線へ。

駅を降りると阪神高速天保山大橋を上に見る。

観覧車はどこのものだろう。
天保山船着き場か。

終着駅のここには何もなくて、降りていった人々の後をついていくと、ことごとくがユニバーサルシティ従業員入口に消えていった。
その先は何やら倉庫のようだ。

大阪方面に引き返す。

この車両に乗る者はオレを含めて4名を数えるのみ。

13:17 西九条(にしくじょう)駅(大阪環状線/桜島線 大阪府)
トンネル横丁にゴールドタウン。

コテコテの大阪があり、未来鉄道を思わせる阪神電車が交差する。

JRガード下にはごちゃごちゃした店が並び、東京じゃ浅草橋あたりに似ているけど、より濃い。

その様をオレは大阪的と表現している。

嫌いじゃない。

むしろ仲間に入れてほしい。

阪神西九条(はんしんにしくじょう)駅(阪神なんば線 大阪府)

13:49 久宝寺(きゅうほうじ)駅(関西本線/おおさか東線 大阪府)
ここは八尾市になる。
駅前は再開発中で、以前はおそらく何もなかったのだろう。

大阪環状線で天王寺に出て、天王寺から関西本線で4駅。
ここはすでに郊外。
もっとも2駅目の平野駅ですでにその気配はあった。

これより近年開業の新線、おおさか東線に乗る。

14:21 放出(はなてん)駅(学研都市線/おおさか東線 大阪府)
大阪の零細工場が密集する下町と聞いていた。

工場群は駅周辺にはなく、みゆき通りというシブいアーケード街に目が向き、そこを歩く。

栄町と合わせた通りは、祝日ということもあってか多くがシャッターを下ろし、流行っているようには見えない。

第一ビルだったか。
お座敷、宴会とドーンと謳っている迫力のあるビル。

昔は東京にもあったけど、今は見ない。
上野あたりにあったのが最後だろう。

大阪らしさとは、懐かしさも意味している。

15:09 京橋(きょうばし)駅(大阪環状線/学研都市線/東西線/大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪府)
気取った街かと思っていたら下町だった。

駅周辺に蜘蛛の巣のように張り巡らされた商店街は、昼間から酒を飲むのが当たり前のような一帯で、大阪城を見に行こうとしていたオレは苦もなくそっちを選んだ。

おでんを出す立ち飲み屋でビールを2杯。
あの味を出せるのは東京じゃ浅草、赤羽あたりだが、大阪には天王寺をはじめいくらもある。

街が持つ実力の中で最も敬意を払うものだ。

京橋は、京阪電鉄、地下鉄も走る要衝の街だった。

京阪京橋(けいはんきょうばし)駅(京阪本線 大阪府)にて

17:06 近江舞子(おうみまいこ)駅(湖西線 滋賀県)
大阪に戻り、京都からはいよいよ最後の湖西線。

懐かしい以外のことを言いたいが、今日だけは勘弁。
かつての京都の恋人を思い出していた。

彼女の実家は比叡山坂本にある。
お姉さんは当時アフリカにいて、彼女は今どこにいるのだろう。

このあたりにはいない気がする。
自由に生きている女性だった。

湖西の家並は美しかった。
琵琶湖に飽きることはないから、当時はろくに見ていなかったのだろう。
とても新鮮な気持ちで、暮れゆく湖西の風景に溶け込むようだった。

かつて何度も降りた志賀駅と同じように、舞子駅前にも商店などはなく寂しいものだ。

内湖ともいえる水たまりに目を向ける。

17:41 近江今津(おうみいまづ)駅(湖西線 滋賀県)
次に来たのは近江今津行だった。

降りてみると町だった。
以前からこうした役割を持っていたのだろう。
若狭の小浜へ向かうバスが出ている。

美しい灯がともり、寒くなり始めた季節でほんのりとした温もりを感じる。

覗く時間はなかったが、高架橋からはアーケード街が見えた。

夕暮れが似合う町で、もうしばらくいたかった。

滋賀県内でしばしば見かける平和堂が湖西にも現れるようになった。

18:05 近江塩津(おうみしおつ)駅(北陸本線/湖西線 滋賀県)
かつて何度も通った8号国道。

その道沿いに、いつも寄りたいと思いながら通り過ぎていた駅がある。

その駅にいる。

駅員の姿はなく、降りたのはオレのみ。

三日月と一番星の下で、最後の旅の記録を記している。

ホームはずいぶんと高い位置にあって、長い階段を上がりきるとホームへ通じる通路が長く、そこが待合所となり、椅子が三つ四つ置かれている。
とても寒そうな場所だ。

北陸にはもう冬が訪れているだろうか。

24:04 東京葛飾金町
米原から立ちっ放しを覚悟していた新幹線は、岐阜羽島から座れた。
赤穂義士の史伝が面白くてずいぶんと読み進んだ。

旅は米原で終わったようなものだが、新幹線はひどい混みようだった。

小田原で半分が降りて、小田原という街に対しての認識をあらためる。

赤穂義士の話も影響しているが、ごく自然に強く生きていこうと思った。

やりたいことを存分にやった3日間だった。
すべてやり直すと誓ったのはごく最近のことだった。

今朝のような目覚めをいつも迎えて出かけたいと思う。

あの深い霧が晴れてあたたかくなったのは三田でのこと。
そんな時というのがある。

とてつもない日本晴れがいつか頭上を覆うさ。
それだけは間違いないと思って生きていこう。

そう、すべて出直しだよ。

関連記事

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その1-金町、三島、修善寺、蒲原、島田(常磐線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・金町駅、三島駅、修善寺駅、蒲原駅、島田駅(常磐線/東海道本線/伊豆

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その2-外川、犬吠、本銚子、観音、仲ノ町、銚子、千葉(銚子電鉄/総武本線)

鉄旅日記2005年12月10日・・・外川駅、犬吠駅、本銚子駅、観音駅、仲ノ町駅、銚子駅、千葉駅(銚子

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その2-北条町、姫路、播州赤穂、日生、備前片上、西片上、倉敷(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・北条町駅、姫路駅、播州赤穂駅、日生駅、備前片上駅、西片上駅、倉敷

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その1-倉敷、足立、生山、上菅、伯耆溝口、伯耆大山、赤碕、浦安、松崎、浜村、末恒、湖山、鳥取(伯備線/山陰本線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・倉敷駅、足立駅、生山駅、上菅駅、伯耆溝口駅、伯耆大山駅、赤碕駅、

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その1-都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

車旅日記2005年2月12日 2005・2・12 8:30 都城駅(2月11日の熊本空港より271

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】初日-佐倉、成東、大網、上総一ノ宮、上総興津、安房鴨川、館山、安房勝山(常磐線/成田線/総武本線/東金線/外房線/内房線)

鉄旅日記2006年2月4日・・・佐倉駅、成東駅、大網駅、上総一ノ宮駅、上総興津駅、安房鴨川駅、館山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その1-津、阿漕、松阪、家城、伊勢奥津(紀勢本線/名松線)

鉄旅日記2018年12月23日・・・津駅、阿漕駅、松阪駅、家城駅、伊勢奥津駅(紀勢本線/名松線) 2

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】初日(東京-青森フェリー埠頭)-東京町田、加平PA、千代田PA、東海PA、差塩PA、福島松川PA、泉PA、金成PA、北上金ヶ崎PA、岩手山SA、湯瀬PA、津軽SA、青森フェリー埠頭

車旅日記1998年8月12日 1998・8・12 7:21 東京町田 夏の第1ラウンドのツアーか

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ博多フレックス21 507号 とうと

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の佐賀空港

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑