*

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

車旅日記1996年8月13日
1996・8・13 10:45 東京
ルートは決まった。
今までの旅立ちにはない穏やかな時間を過ごしている。

時に茫々と昨夜の彼女、あるいは記憶の中の彼女を思い出している。

彼女はどうしているだろう。
気になるけど、電話という手段は使えないんだ。
そんな勇気はどこにもない。

今回のツアーでその勇気が身につくことを願っているけど、車を走らせてみなければ分からないな。
今の気分に、今流れているクラプトンのギターがよくマッチしている。

さあ、荷物をまとめよう。
そしてシャワーを浴びよう。

出発だ。
しばらくのお別れになる。

心配しないでいい。
元気に帰ってくるよ。

11:50 成瀬街道-成瀬センター前
地元にいても旅の空の下だな。
この夏最初の入道雲をさっき見かけたよ。

ただ空の表情はやっぱり秋だな。
今オレに向けて吹いてくる風も秋からのもの。
とても涼しくて爽やかな風だ。

気分はかなりいい。
夏はとっくに幕が開いて、今は秋空の下だけど、オレの夏の始まりをここに置いてもいい。

今そんな気分だよ。

13:25 東福生駅
米軍キャンプの横を通っている。
ここに駐屯している軍隊は住民に危害を加える様子もなく、街は穏やかな午後を迎えている。

米軍御用達の古着屋にはそれらしい格好をした若者が集い、街のカラーも米軍色に染まっている。
善きにしろ悪しきにしろ、ここは米軍の街。

以前ここを通った時、すぐ先に当時の恋人がいた。
彼女はオレを好きになってはくれなかったけど、彼女を迎えに行くためによくこの道を走った。

まだしばらくオレの知る道が続く。
その後は果てしない。

空は曇っている。
だけど暑い。

それなりに立派な夏の日。

15:40 籠原駅
16と407。
国道を2つ抜けて17号。
越後路に連なる道に入った。

これから山を行く。
当り前だけど、まったくのひとりだ。

普段のように生活する人々とすれ違いながら、どこまで続いているのか分からない道を往く。

精神的にはすでにタフだ。
そして抜き差しならないところまできた。

地図を広げて、ひたすら北の方に目を移す。
もう後戻りはできないよ。

17:23 17号国道‐北橘村~渋川
渋滞。
後ろにいたマナーのいいライダーは前へ行ってしまった。

ふいに利根川を渡った。
小雨はやまない。

蛇行した国道は休息を許さない。
背中、イタイな。

また、渋滞。
原因は分からないけど、もう夕方だから。
きっとそういうことだろう。

今夜どこまで走ればいいのか、まだ目途はついていない。

5月の大阪では友人が食事を用意して待っていてくれたけど、今回はそうはいかない。

道端には指名手配された連中の顔写真が並び、オレたちは列を作っている。
でもつまらないものだけが目に入るわけじゃない。

由来は知らないけど、いくつか石碑も立っている。
歴史を感じるよ。
家並もいい感じだ。

だいぶ暗くなってきた。
そしてオレの前を真っすぐに延びる道は果てしない。

とうとうこんなところまできた。
上州路は厚い雲の下、生暖かい雨に降られている。

特に必然性を感じないけど、オレは今そんなところを走っているんだ。

18:30 17号国道‐渋川~ドライブイン利根川
家族と別れて以来しばらくぶりに人と口をきいた。

ラーメン屋のオヤジはこう言うんだ。
「美味いだろう?」って。

そう、ゴマだれのつけめん、とても美味かったよ。

オレみたいにひとりで店のドアを開けるヤツはあの手の言葉に弱いんだ。
そして人情にも。

来てよかったよ本当に。
空も晴れだしたよ。
夏の夕暮れ空だ。
まばらな茜色が素晴らしい。

蝉の声に心も和む。
川も雄大だ。
少し息継ぎができたよ。

店のオヤジとオカミは最後にオレにこう言ってくれたよ。
「気をつけてなっ」。

ありがとう。
いい旅になるだろう。
そんな予感がした。

上州路、夏の夕暮れの中で。

19:52 猿ヶ京湖城閣
旅の空の下には何でもあるさ。
心配しなくていい。

ひと風呂浴びてきたところだ。
これから三国峠を越える。

家族には湯沢で電話を入れる予定だ。
きっと心配してくれているだろう。

だけどそれから先がある。
オレの一日がどこで終わるのか、実はこのオレにもよく分からない。

何度も言うけど、そういう旅だ。

さて、行くか。

20:55 越後湯沢駅
峠を抜けたらリゾート地。
奇妙な組み合わせが交錯する道を苗場まではひとりで、後の道中は数台の車を引き連れて走った。

それにしても苗場のあたりは奇妙な光景だったな。
オレには用のない一帯だった。
もっとも苗場もオレのようなひとり旅の男を歓迎してはくれないだろうけど。

ここで家族に電話を入れた。
今回はできる限り電話しようと思っている。

オレも27歳。
もう家族に心配をかけるような年じゃない。

さて、また行くか。
相変わらずねぐらは決まっていない。

今日のオレの体力と気力が朽ち果てるのはどこらあたりでのことか。
要するにそういうことだ。

ビールを飲みたいけど、この先都合よく自販機があるだろうか。
クーラーボックスを持ってくればよかったよ。
少し悔しい。

それと歯ブラシを忘れた。
こいつは大いに悔しいな。

さあ、もういいだろう。
ここはかつての恋人との最後の思い出の場所。

ここにいる時点で彼女はもう悲しい顔をしていたっけな。
よくは思い出せないけれど。

22:45 ゆのたに(道の駅)
ひとやすみ。
だけどうまくはいかない。
この部分だけは相変わらず小心だ。

仕方がないから先へ行くよ。
そのうちまた眠くなるだろう。
もっと涼しい場所があるかもしれない。
それに隣のガキどもが痰ばかり吐いてうるさい。

タフさはさらにエスカレートしていく。
望むところではあるけれど。

24:35 17号国道‐堀之内パーキング
いろいろ模索した結果、このスーパーコロナをステキなベッドにする方法を編み出したよ。
少し格好悪いけど、こいつはイケる。
これなら眠れそうだ。

今夜は月がない。
星は出ている。
走ることはここで断念しようと思っている。

ここはいい。
虫の声が涼しげで、外気もまずまず涼しい。
それに夜を走っても町並が分からないから。

だから朝を待とう。
しかし旅に出て、初めて腹が減ったよ。

ビール飲みたいな。
おやすみ。

1996・8・14 7:15 17号国道‐堀之内パーキング
こんな時間に起きるとは。
こいつは計算外だった。
予想以上にたっぷり休息をとれたわけだ。

空はよく晴れている。
涼しくて爽やかな朝だ。

もう秋だな。
空を見れば分かる。

ここで休息をとれたことは幸運だった。
とてもいい場所だった。

さあ、行こう。
2日目、どこまで行けるか。
そして視界に海が見え始めるのは何時くらいの話になるのか。

走ることがうれしい。
そんな気分の朝だ。

気分?
かなりいいよ。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日 12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県) 黒磯

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑