*

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年7月20日
7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング
太陽光線で目が覚める。
とてもいい朝だ。

最初の朝を迎えて思うことは、ことの良し悪しは置いておいて、なるべく寛大でいること。

どこへ行っても問題は多い。
例えばすぐ手前にはゴミが不法に投棄されている。

どこから来たヤツがそうしたのか知らないが、この世界にはそうした手合いがいる。

だけどそんなことまで心配する気持ちをこの2日間は持ちたくない。

それが束の間に東京を脱出した理由だから。

9:40 6号国道‐亘理
先を急いだわけじゃないが、先を急ぐように宮城入りした。

原ノ町、相馬といった福島の町は国道に対して控え目に存在して、オレの進入をやんわりと拒んでいるかのようだった。

エンジンを止めると、蝉をはじめ夏の虫の声が聞こえる。
他には桃を売る農作業者が流すラジオの音。

右手には広大な田園地帯が広がっている。
すべてが緑色で構成された目に優しい風景だ。

ここに来るまでに海が見たかった。
でもまだ満足に拝めていない。

ストーンズが「Street Fighting Man」の演奏を始めた。
6号が4号に吸収される前にルートを変更した方がよさそうだ。

11:10 宮城県道10号-名取
目的が定かじゃない。

海を求めてうろついたが、どこもそこにいたいと思わせる場所じゃなかった。

ここには地元民が冷たいものを求めて集まっている。

気温はかなり上がったのだろう。
日差しは強く、右半身を容赦なく焼いている。

今のオレには少し涼しい場所と、涼しい音楽が必要だ。

13:20 松山町
だいぶ疲れたよ。

このまま鳴子へ向かう。
景色もよくていいところだけど、欲しいと思っているものを常備している環境じゃないことだけは確かだ。

たった今のオレが欲しいもの。

たいしたものじゃない。
ほんの少しのものなのだけれど。

21:54 鳴子サンハイツ
初めから分かっていたよ。
ナイター中継の終わりがこの夜の終わりだと。

路上に出ればすべてOKというわけじゃないってことだ。
ナイターを見ていて何となくそれが分かって、それで少しだけ笑ったよ。

いいじゃないか。
早く寝れば。

それで疲れが少しでも抜けるのであれば、それでいいじゃないか。

思うところが一定しないから落ち着かないけど、あまりくよくよしないことだ。

昨日路上で眠る時。
そして道々。
いろんな想像が頭を掠めた。

すべて取るに足らない想像だけど、その中で彼女は神聖な存在として距離を置き、オレの生臭い想像に登場することはなかった。
それが彼女への愛の証。

明日、彼女にあてて手紙を書く。
そして駅前のポストに投げ入れたら東京に帰る。

結果として、残された旅の目的がそれだけであったとしても、それで十分だよ。

1997・7・21 朝、鳴子
暑中お見舞い申し上げます。
元気ですか?
オレはあれからずっと疲れていたよ。
それで今はまた北の方にいる。
今までは車で出かければ、それまでのことはある程度清算できたけど、今回は少し違うな。
ゆっくり眠って、緑色の景色を見ているけど、あまり調子はよくないんだ。
そういうわけで計画とは違うけど、これから急いで東京に帰ろうと思う。
まあ、こういうこともあるだろう。
君はもう夏の計画を立てたのかな?
素敵な夏になるといいな。
また、いずれ

7・21 東京町田
ひとつの旅が終わった。
旅を楽しむには少しコンディションが悪すぎた。

出かける前と一緒だ。
さしたる感慨も浮かばず、それでも何らかの記録が必要なのだと、こうして座っている。

クリアーになったものはひとつもない。
明日の仕事を迎える状態もいつもと変わらない。

むしろ出かける前に過ごした日々より冴えが悪い。
それでも日常へと戻らなければならない。

ただ失ったものは何もない。

失いそうになったもの。
それはこのオレという生命体だった。

あまりの精神薄弱さに身の危険を感じて、不本意な形でこの旅を打ち切った。

クリアーになったものは本当に何もない。
だから、すべてやり直し。

それでいい。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【西武線を楽しむ日。いくつかのターミナル駅に降りてみたかったのでございます。】-小手指、西所沢、西武遊園地、小川、東村山、西武園、西武遊園地、萩山、小平(池袋線/狭山線/山口線/多摩湖線/国分寺線/拝島線/西武園線/新宿線)

鉄旅日記2018年3月17日 2018・3・17 11:51 小手指(こてさし)駅(西武池

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑