*

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/01 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年3月4日・・・新潟駅、白山駅、内野駅、巻駅、吉田駅、燕駅(越後線/弥彦線)
11:59 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/白新線 新潟県)
新津までは雪景色。

新津で信越本線に乗り換える。
車窓風景に雪が消えた。

新潟から越後線に入る内野行きで5分の停車。

晴天下の新潟は初めてかもしれない。
日本海側に春が近づいている。

9年振りの新潟をとても大きな街だと感じる。
乗客は一気に減り、駅前には人があふれている。

越後人はもはやコートを脱いでいる。

信濃川を渡る。

12:24 白山(はくさん)駅(越後線 新潟県)
何でもない日曜日。
東京に暮らすオレが、新潟の縁もゆかりもない駅のホームのベンチに座って、ビール片手に駅前のだだっ広い駐車場を眺めている。

新潟駅から一駅。
新潟から新発田に通じる白新線の起点として計画された駅。

高架駅で、何があるかと降りてみれば、特に何もない。

列車が動けば信濃川が見えた。

旅に出て何をするでもない。
会いたい人がいるわけでもない。

日常と違った場所で日常を思うのが好きで、たぶんオレはこうしている。

もちろんひとつでも多くの駅に降りて、この国を知りたいという欲求がある。

また大河を渡る。

目の前に座る姿勢の美しい新潟美人が時折目を閉じる。
まるで菩薩さまだ。
彼女は常に笑みを浮かべている。

心が満ちている。
どうか今を生きるすべての人々に幸福を。

12:46 内野(うちの)駅(越後線 新潟県)
交換待ち4分の停車。

6年振りの再下車。
そう言えば、あの時駅は改装中だった。

改札口は橋上にある。
生真面目そうな若い駅員に切符を見せてかけ下り、駅前商店街が穏やかな日差しの下で午後を迎える様と駅を写し、かけ上がる。

命を賭けているわけじゃないが、これをするために東京から列車を乗り継いでいる。

列車が吉田方面に走り出すとすぐに小さな川を渡る。
そこには舟が繋がれ、なんとも涼しげな風情を浮かべている。

13:09 巻(まき)駅(越後線 新潟県)
交換待ち8分の停車。

東京じゃ気温20度。
こっちでもそれくらいあるだろう。

マフラーをリュックにしまい、生真面目な顔でアイスモナカを頬張る野球少年を眺めている。

「鯛車の町」とある。
何やら目出度い。

この駅にも車で寄ったことがある。
あの時と同じ重厚な駅だ。

駅員がいて、常に人がいて。
そんな駅だ。

新潟に上る列車は混んでいて風景を愛でることができず、かつて越後線にいい印象は持たなかったが、どうしてどうして。

新潟平野を突っ切るこの路線の沿線風景は素晴らしく、何度も平らな風景を撮りに席を立った。
弥彦山もきれいに見える。

平地に雪はほとんど見られなくなっている。

13:28 吉田(よしだ)駅(越後線/弥彦線 新潟県)
乗り換え時間8分。

3度目の吉田。
駅は変わらずターミナル駅の格を保ち、それなりの乗降客数を保っていそうだ。

「吉田祭」開催を伝えていた看板が外され、桟だけが浮いていた。
あれじゃ寂しい。
いつも何かを入れておくべきだ。
寂れた印象を与えかねない。

整った歴史を感じさせる町並に強い印象を持った吉田。
次がいつになるか分からないが、また弥彦に気持ちがいくことがあるだろう。

弥彦線東三条行きへ。

13:43 燕(つばめ)駅(弥彦線 新潟県)
小さな女の子を連れたご婦人が、「お昼寝の時間だよ」と話しかけている。

トイレに入っている間に一緒に降りた人々の姿は消えて、駅前にひとり取り残された。

ロータリーを囲む店はわずか。
頑丈そうな雪国仕様の駅を撮り、すぐに歩き出す。

風情を感じた商店街にスマホを向ける。

元は民宿らしき廃墟に目を止めた先、道の真ん中でフロント部分が大破した車が横向きに止まり、脇で若い男が複雑な表情を浮かべながら頭を抱えていた。

気の毒に。
あんな時、人はホントに頭を抱えるものなのだな。

決定的な場面でシュートを外したストライカーと、職場で自ら操作するマシンにネズミが挟まる瞬間を目撃した同僚。
ドラマじゃよく見かけるが、実際にはそれくらいしか前例を知らなかった。

通行人か商店街の店主だかが交通整理を買って出ていた。
素晴らしい善意に頭が下がる。

中央橋からは白い山々が望める。
美しい眺めだった。

歩き続け、やがて高架橋から巨大な燕三条駅が見えた。

関連記事

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その3-盛岡、上米内、区界(東北本線/山田線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・盛岡駅、上米内駅、区界駅(東北本線/山田線) 17:39 盛岡(も

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【西武線を楽しむ日。いくつかのターミナル駅に降りてみたかったのでございます。】-小手指、西所沢、西武遊園地、小川、東村山、西武園、西武遊園地、萩山、小平(池袋線/狭山線/山口線/多摩湖線/国分寺線/拝島線/西武園線/新宿線)

鉄旅日記2018年3月17日・・・小手指駅、西所沢駅、西武遊園地駅、小川駅、東村山駅、西武園駅、西武

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】最終日(鳴子温泉-高畠ー郡山-東京)-鳴子サンハイツ、潟沼、瀬見駅、道の駅むらやま、羽前中山駅、高畠、道の駅七ヶ宿、道の駅安達、郡山文化センター前、須賀川駅、西那須野三島セブンイレブン、与板ラーメンとん太、築地電通前、東京町田

車旅日記1998年8月14日 1998・8・16 8:26 鳴子サンハイツ 5日目。 一番遅い

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

車旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(し

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・松本駅、辰野駅、北殿駅、伊那市駅、伊那福岡駅、伊那本郷駅、上片桐駅

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その3‐驫木、風合瀬、大戸瀬、千畳敷、北金ヶ沢(五能線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・驫木駅、風合瀬駅、大戸瀬駅、千畳敷駅、北金ヶ沢駅(五能線) 13:

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線) 2019・

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日・・・北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑