*

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

公開日: : 最終更新日:2024/04/30 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年7月19日
1997・7・19 19:42 東京町田
さしたる感慨も浮かばない。
それでもオレは北へ行く。

体の疲れは少しとれたような気がする。
梅雨明けした東京を、夜を選んで脱出するのは賢明だろう。

とても涼しい風が吹いている。

21:21 246号国道‐用賀
東京を脱出するには、一度東京に吸収される必要がある。
その最中で、一番の困難を強いられている。

表示では渋谷まで30分。

渋谷には昨夜肌を接した女性が働いている。
悪魔の巣窟のような都会にも安らぎはあった。

ただし、それを得るには決して少なくない額の金が必要だが。
憂歌団が、甲斐バンドが歌う。

「できればおまえといつだって。
一緒に暮らしていたいけど。
すべての男がおまえにゃ親戚みたいなものだから。」

ストーンズは時に調子よく、時にイマイチ。
道路状況もまた同じで、オレの事情もまた変わらない。

22:15 東京築地
銀座で涼しい風が吹いたけど、それも束の間のことで、ねっとりとした暑い夜が訪れている。

道々建設省の一味が作業車を止めて、交通状況に混乱を招こうとしている。

土曜夜の東京。
人の数はそれほどでもないが、日常より怪しげな空気が漂っている。

六本木では人が放つ異臭が鼻を突き、銀座では人通りの絶えた街路で、鏡を前に踊る少年を見かけた。

これから始まる夜に、人それぞれが匂いを発しながら歩いている。
そしてこのオレだ。

普段通い慣れているこの街に人々は関心を示さず、ただ車だけが行き過ぎる。
ここ10日ほど、この街で辛酸を舐めた。

そしてこれから北へ向かう。
オレがそこへ行く事情の中にも、最近のそうした記憶が関係している。

本当にそう思うんだ。

23:14 6号国道‐北松戸
金町に暮らす友のところへは寄らずに県境を越えた。

ブルースボーイがブルースを唸っている。

とてもいい音楽だ。

1997・7・20 0:13 荒川沖駅
東京脱出は比較的穏やかに成功して、少し北の町に到着している。

制服を着た女子高生の姿などがまだ見受けられ、郊外とはいえここもまだ眠っていない。
リュックを背負ってこれから旅立つ男もいる。

ほぼ満月に近かった月はやや霞んできた。
これまでのような気負いはないが、路上に戻った感触だけは蘇っている。

オレにはこういう生活の仕方もあった。
本当に久しぶりの路上だ。

1:00 6号国道‐美野里パーキング
月明りだけじゃ頼りなくて室内灯をつけて書いている。

タフな6号国道にも、オレみたいなヤツをひと時でも救う施設がある。

肩、腰。
体のすべてが疲労を訴えている。

だけどまだここじゃない。
もっと先へいかないとダメだ。

幸い夜が涼しい。
都会とは違う匂いもある。

まさに旅の夜を生きている。

2:03 常陸多賀駅
若者たちがなすこともなく駅周辺をうろついている。

暗いからよくは分からないが、もう右手すぐには太平洋が広がっているはずだ。

とにかく夜が調子いい。
時折あまり覚えていたくない昨日の記憶が脳裏を横切るが、根はそれほど深くない。

問題があるとしたら、この先何を考えていくべきなのかがはっきりしていないことだ。

たんに走ることだけが目的なら、今夜はその絶好の機会。

つまりこの時間にこんな場所に到達している理由は、そんなところにある。

4:00 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング
鶏が騒ぎ始め、朝の早い連中が仕事を始め、急ぐ連中がアクセルを全開に踏み始める。

オレの夜はここでおしまい。
都合のいいところに最適のエリアがあってよかった。

シェラフを持ってきてよかった。
こっちの朝は涼しいよ。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その2‐郡山、福島、仙台、品井沼、松島(東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・郡山駅、福島駅、仙台駅、品井沼駅、松島駅(東北本線) 9:25 郡

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日・・・山口宇部空港、宇部新川駅、宇部駅、下関駅、小倉駅、折尾駅、飯塚駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2・・・瓜連駅、静駅、山方宿駅、袋田駅、西金駅、下小川駅、後台駅、常

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その1-富良野、滝川、岩見沢、白石、新札幌、北広島、恵庭、千歳、新千歳空港(根室本線/函館本線/千歳線/石勝線)

鉄旅日記2016年8月13日・・・富良野駅、滝川駅、岩見沢駅、白石駅、新札幌駅、北広島駅、恵庭駅、千

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】最終日(福井-東京)-福井駅前、武生新、武生、大府、武豊、知多武豊、刈谷、安城、蒲郡、東京葛飾(福井鉄道福武線/北陸本線/東海道本線/武豊線)

鉄旅日記2008年9月15日・・・福井駅前駅、武生新駅、武生駅、大府駅、武豊駅、知多武豊駅、刈谷駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その1-倉敷、足立、生山、上菅、伯耆溝口、伯耆大山、赤碕、浦安、松崎、浜村、末恒、湖山、鳥取(伯備線/山陰本線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・倉敷駅、足立駅、生山駅、上菅駅、伯耆溝口駅、伯耆大山駅、赤碕駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

鉄旅日記2015年8月15日その1・・・西鉄柳川駅、西鉄久留米駅、西鉄甘木駅、甘木駅、基山駅、けやき

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その2-月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎

車旅日記2004年11月21日・・・月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎 200

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑