*

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年7月19日
1997・7・19 19:42 東京町田
さしたる感慨も浮かばない。
それでもオレは北へ行く。

体の疲れは少しとれたような気がする。
梅雨明けした東京を、夜を選んで脱出するのは賢明だろう。

とても涼しい風が吹いている。

21:21 246号国道‐用賀
東京を脱出するには、一度東京に吸収される必要がある。
その最中で、一番の困難を強いられている。

表示では渋谷まで30分。

渋谷には昨夜肌を接した女性が働いている。
悪魔の巣窟のような都会にも安らぎはあった。

ただし、それを得るには決して少なくない額の金が必要だが。
憂歌団が、甲斐バンドが歌う。

「できればおまえといつだって。
一緒に暮らしていたいけど。
すべての男がおまえにゃ親戚みたいなものだから。」

ストーンズは時に調子よく、時にイマイチ。
道路状況もまた同じで、オレの事情もまた変わらない。

22:15 東京築地
銀座で涼しい風が吹いたけど、それも束の間のことで、ねっとりとした暑い夜が訪れている。

道々建設省の一味が作業車を止めて、交通状況に混乱を招こうとしている。

土曜夜の東京。
人の数はそれほどでもないが、日常より怪しげな空気が漂っている。

六本木では人が放つ異臭が鼻を突き、銀座では人通りの絶えた街路で、鏡を前に踊る少年を見かけた。

これから始まる夜に、人それぞれが匂いを発しながら歩いている。
そしてこのオレだ。

普段通い慣れているこの街に人々は関心を示さず、ただ車だけが行き過ぎる。
ここ10日ほど、この街で辛酸を舐めた。

そしてこれから北へ向かう。
オレがそこへ行く事情の中にも、最近のそうした記憶が関係している。

本当にそう思うんだ。

23:14 6号国道‐北松戸
金町に暮らす友のところへは寄らずに県境を越えた。

ブルースボーイがブルースを唸っている。

とてもいい音楽だ。

1997・7・20 0:13 荒川沖駅
東京脱出は比較的穏やかに成功して、少し北の町に到着している。

制服を着た女子高生の姿などがまだ見受けられ、郊外とはいえここもまだ眠っていない。
リュックを背負ってこれから旅立つ男もいる。

ほぼ満月に近かった月はやや霞んできた。
これまでのような気負いはないが、路上に戻った感触だけは蘇っている。

オレにはこういう生活の仕方もあった。
本当に久しぶりの路上だ。

1:00 6号国道‐美野里パーキング
月明りだけじゃ頼りなくて室内灯をつけて書いている。

タフな6号国道にも、オレみたいなヤツをひと時でも救う施設がある。

肩、腰。
体のすべてが疲労を訴えている。

だけどまだここじゃない。
もっと先へいかないとダメだ。

幸い夜が涼しい。
都会とは違う匂いもある。

まさに旅の夜を生きている。

2:03 常陸多賀駅
若者たちがなすこともなく駅周辺をうろついている。

暗いからよくは分からないが、もう右手すぐには太平洋が広がっているはずだ。

とにかく夜が調子いい。
時折あまり覚えていたくない昨日の記憶が脳裏を横切るが、根はそれほど深くない。

問題があるとしたら、この先何を考えていくべきなのかがはっきりしていないことだ。

たんに走ることだけが目的なら、今夜はその絶好の機会。

つまりこの時間にこんな場所に到達している理由は、そんなところにある。

4:00 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング
鶏が騒ぎ始め、朝の早い連中が仕事を始め、急ぐ連中がアクセルを全開に踏み始める。

オレの夜はここでおしまい。
都合のいいところに最適のエリアがあってよかった。

シェラフを持ってきてよかった。
こっちの朝は涼しいよ。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

鉄旅日記2018年3月4日 11:59 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県) 渋川を過

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県) 行き違

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑