*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その3-陸中野田、久慈、陸中八木、八戸(三陸鉄道リアス線/八戸線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月22日・・・陸中野田駅、久慈駅、陸中八木駅、八戸駅(三陸鉄道リアス線/八戸線)
12:21 陸中野田(りくちゅうのだ)駅(三陸鉄道リアス線 岩手県)
堀内での停車時間を終えた列車。
車窓にはまた巨大な高架橋道路が現れる。

三陸沿岸道路。
車で旅をしていた頃にはなかった道だ。
復興道路として位置づけられているとのこと。

普段暮らす東京でさえ高速道路事情には疎くなった。
廃線や廃線を危ぶむニュースは聞かれるが、高速道路は延伸を続けている。

それでも日本海側を貫く高速道路網はまだ実現していない。
新潟で青森ナンバーの車に後ろから追突されたのはもう20年の昔。

善良なオジサンだったよ。
彼は出稼ぎ期間を終えて、長野から帰る途中だった。

彼の生活があの後も続いたのであれば、現在に至るまで大変なご苦労をされている。

陸中野田で行き違い3分の停車。

事前にアナウンスが流れた。
ここは塩の産地として栄えた土地柄で、駅には名産の塩が売られている。

ホームに掘られた階段を下りて外に出ると、駅前ロータリーにやってくる車は引きを切らず、そして止めていく。

物産館を兼ねた駅はとても賑わっていた。

これほどの人波を久慈で見るとは思っていなかった。

12:52 久慈(くじ)駅(八戸線/三陸鉄道リアス線 岩手県)
懐かしい久慈駅前。



あの日、なぜオレは地下通路をくぐって寂しい一帯を歩いたのか。

あるいは駐車場事情だったのかもしれない。

祭囃子が聞こえていた。
でも駅に酒が売っていたらそっちにはいかなかっただろう。

必然はオレを山車が通る街中へ連れていった。

「ヨースヨイサ、ヨースーヨイサ」の掛け声とともに子供たちに引かれた山車が進んでいく。

うまく聞きとれなかった掛け声だが、酒屋のおかみさんが教えてくれた。

「あまちゃん」の街、久慈。
親友の嫁さんの実家でもある。

あの5月から久慈を最適な形でアップデートできた。
とてもウレシく思っている。

これより念願の八戸線。

八戸へ。

13:31 陸中八木(りくちゅうやぎ)駅(八戸線 岩手県)
列車は海辺を走っている。

穏やかな海を眺めていた。
素晴らしい景観だよ。

行き違い4分の停車。

かつて車でこの駅に寄ったことがある。
そうした駅に、列車で再訪することにたまらない喜びを感じている。
4分しかないけれど。

こんな感じでもあり、違ったようにも感じる。

どっちでもいい。
変わらずここに駅があるんだ。

何かを確かめたくなったら、また来ればいい。

八戸に泊まる計画がそのうち持ち上がるだろう。

15:14 八戸(はちのへ)駅(八戸線/青い森鉄道 青森県)
3年前に食べた駅そばの味を思い出していた。

そして暖簾をくぐる。
変わらず美味い。

雨が降りだした八戸。
街も駅もとても静かだった。

でも、とりあえず一軒しか見当たらない土産物屋は賑わっていた。

滞在時間30分はそれで尽きた。

これから八戸線で来た道を戻り、陸奥湊から海辺を歩く。

【Facebookへの投稿より】
今朝、盛岡を出て花巻、釜石、宮古、久慈と乗り継いでまいりました。

鉄の街、釜石にはラグビーワールドカップでじきに世界が訪ねてまいりますね。
復興スタジアムの脇には巨大な防波堤が築かれておりました。

JRが復旧を手放した山田線の釜石~宮古間が三陸鉄道の手で蘇ったのが3月。

名所に差し掛かると列車を止めるサービスがあり、車内の「あまちゃん」ファンと思わしき人々をはじめ皆席を立ったものでございます。

久慈では秋祭りの最中。
「よ~すよいさ」の掛け声とともに山車が練り歩きます。

お祭り、いいものでございますね🎵

関連記事

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・松戸駅、北松戸駅、馬橋駅、流山駅、小金城趾駅、幸谷駅、新松戸駅、北

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その2-久田野、新白河、豊原、白坂、黒磯、西那須野、那須塩原、矢板(東北本線)

鉄旅日記2016年3月21日その2・・・久田野駅、新白河駅、豊原駅、白坂駅、黒磯駅、西那須野駅、那須

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】2日目(新潟豊栄‐象潟)道の駅豊栄、道の駅神林、瀬波温泉龍泉、道の駅温海、立岩海底温泉、酒田南郊、象潟駅、象潟松籟館

車旅日記2000年5月4日 2000・5・4 8:09 7号国道-豊栄(道の駅) 路上で夜を明か

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-若松)その2-宇美、西戸崎、香椎、福間、赤間、折尾、若松(鹿児島本線/香椎線/筑豊本線)

鉄旅日記2009年9月22日・・・宇美駅、西戸崎駅、香椎駅、福間駅、赤間駅、折尾駅、若松駅(鹿児島本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その2-中津川、坂下、落合川、南木曽、十二兼、洗馬、塩尻(中央本線)

鉄旅日記2019年3月24日・・・中津川駅、坂下駅、落合川駅、南木曽駅、十二兼駅、洗馬駅、塩尻駅(中

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・東京駅、大垣駅、米原駅、長浜駅、敦賀駅、鯖江駅、西鯖江駅、大聖寺駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1・・・扇町駅、浅野駅、海芝浦駅、国道駅、大川駅、保土ヶ谷駅、東戸塚駅

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日、鈴鹿山

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑