*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その1‐五所川原、津軽五所川原、津軽中里、鯵ヶ沢、東能代(津軽鉄道/五能線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月3日・・・五所川原駅、津軽五所川原駅、津軽中里駅、鯵ヶ沢駅、東能代駅(津軽鉄道/五能線)
2019・11・3 6:17 五所川原(ごしょがわら)駅(五能線 青森県)にて

6:31 津軽五所川原(つがるごしょがわら)駅(津軽鉄道 青森県)
聞き馴染みのない声を放つ鳥の群れが飛んでいく。

薄暗い平屋で人の動く気配があり、2階のスナックからは不健康そうな咳が聞こえてくる。

ホテルには立佞武多の巨大な姿が置かれていた。
昨夜食事に寄った一休寿司の前を通り、駅へ。


東奥日報の販売所では女性がうつ伏せて眠り、バスの待合所の女性が働く姿、昭和的な駅前通り、雨上がりの空に美を感じた。

厳しい冬がもうじきやってくる。
そんな土地で早朝から立ち働く人々に美を感じた。

土産はここで。

JR駅に隣接する津軽五所川原駅へ。

古いものだけが残された津軽鉄道で津軽平野を往く。


7:14 津軽中里(つがるなかざと)駅(津軽鉄道 青森県)
終点の津軽中里へは約30分強。
ウイスキーハイボール片手に車窓を眺めていた。

冷気に震える駅前。
少年少女たちが三々五々に集まってくる。

到着して9分後に町を出ていく列車に乗り込むことに後悔したくなるが、でもこれといってやることがあるわけじゃない。



車窓から眺める津軽平野は懐かしく、天に対して遮るものはただのひとつもなく、ひたすらに平らかな世界に心打たれている。


あの日も確か聴いたはずだ。
ブルース・スプリングスティーンの「サンダーロード」。

列車は金木に着いている。

3分の停車時間があるが、芦野公園や太宰を懐かしく思い、また訪ねることもあるだろう。

8:32 鰺ヶ沢(あじがさわ)駅(五能線 青森県)
津軽五所川原駅に戻り、五能線へ乗り換え。
東能代行はほどなくして入線した。

行き違い5分の停車。
岩木山はまだ左手に見えている。

一度覗いた日本海はまた隠れ、団体客が乗り込んできた。

付近の葉は色づくにはまだ早く、絶景に至るにもまだ早い。

温泉の観光バスが待つ駅前は観光地の風情で、何事かが待ち受けている予感を与えるものだった。

やがて見えだした日本海は荒々しく、車内は一気にざわめきだした。

10:43 東能代(ひがしのしろ)駅(奥羽本線/五能線 秋田県)
鰺ヶ沢から乗ってきた団体客は深浦で降りた。
3分の停車時間があったが、狭い駅舎内の混雑を予想して改札の外に出ることは断念した。

深浦に着く間に千畳敷などの名所に止まっていくが、ざわつく車内に逆らうように眠りに落ちていた。

十二湖、岩館。
海岸線と離れず、五能線はたんたんと進んでいく。

大河の気配に目を上げると米代川に差し掛かっていた。

やがて能代に到着。

五能線には降りたい駅がいくつかある。
計画はたっていないが、再訪の意思は明確にある。

乗り換え時間2分。
構内を写すうちに奥羽本線大館行が入線してきた。


【Facebookへの投稿より】
津軽を旅しておりました。

岩木山がよく見えたものでございます。

まるで昭和の時代にトリップしたかと思わせる町を歩き、天に対してまっ平らな姿を晒す津軽平野を眺めて浮かびましたのは、吉幾三の楽曲ではなく、ブルース・スプリングスティーンの「thunder road」でございました。

関連記事

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線) 2019・

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】2日目(新潟豊栄‐象潟)道の駅豊栄、道の駅神林、瀬波温泉龍泉、道の駅温海、立岩海底温泉、酒田南郊、象潟駅、象潟松籟館

車旅日記2000年5月4日 2000・5・4 8:09 7号国道-豊栄(道の駅) 路上で夜を明か

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅(常磐線/東北本線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その2-郡家、若桜、智頭、京口、福崎、寺前、和田山(因美線/智頭急行/播但線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・郡家駅、若桜駅、智頭駅、京口駅、福崎駅、寺前駅(因美線/智頭急行

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日・・・大泉学園駅、北千住駅、東武動物公園駅、上三依塩原温泉口駅、中三依温

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】3日目(福山-岡山)-福山、三原、呉、広島、三次、備後落合、東城、岡山(山陽本線/呉線/芸備線/伯備線)

鉄旅日記2007年5月5日・・・福山駅、三原駅、呉駅、広島駅、三次駅、備後落合駅、東城駅、岡山駅(山

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を出て、最

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その2-和田塚、由比ヶ浜、長谷、鎌倉大仏殿高徳院、極楽寺、稲村ケ崎、七里ヶ浜、鎌倉高校前(江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日・・・和田塚駅、由比ヶ浜駅、長谷駅、極楽寺駅、稲村ケ崎駅、七里ヶ浜駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その1-上尾、桶川、鴻巣、行田、岡部、神保原、新町、群馬総社、中之条、郷原、長野原草津口、万座・鹿沢口(高崎線、吾妻線)

鉄旅日記2012年4月1日その1・・・上尾駅、桶川駅、鴻巣駅、行田駅、岡部駅、神保原駅、新町駅、群馬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑