*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その5‐撫牛子、川部、五所川原、津軽五所川原(五能線)

公開日: : 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月2日・・・撫牛子駅、川部駅、五所川原駅、津軽五所川原駅(五能線)
19:59 撫牛子(ないじょうし)駅(奥羽本線/五能線 青森県)
五所川原に行くのなら乗換駅はひとつ手前の川部だが、五能線の始発駅はひとつ先の弘前。
撫牛子で次の五能線を待つ時間があることは確認していた。

難読な駅名として鉄道好きには知られた駅で、ぜひ降りてみたかった。
撫牛子の語源はアイヌ語であることが伺われるが、不明らしい。

上りホームに降りて真っ暗な津軽平野を写す。
しばし茫茫。

駅舎を出ると狭い道。
途方に暮れるところで下り青森行が入ってきた。

滞在時間3分。

20:15 川部(かわべ)駅(奥羽本線/五能線 青森県)
2軒の駅前旅館に明かりはなく、思い出したかのようにたまに車が通りすぎる。

乾いた夜の駅前。
灯をともしている酒場の前に行くと歌声とも笑い声ともとれる声が漏れている。

深い闇が下りていた。

撫牛子で次の五能線を待ってもよかったが、かつて降りたことのある川部にも再び降りてみたかった。

五能線鰺ヶ沢行は5両編成でやってきた。

吉幾三さんが歌う「津軽」にも触発されて計画した津軽行。
今夜はこのまま五所川原へ。

21:01 五所川原(ごしょがわら)駅(五能線 青森県)にて

21:03 津軽五所川原(つがるごしょがわら)駅(津軽鉄道 青森県)にて

22:53 ホテルサンルート五所川原323
閑散とした駅前に降りた。

街に明かりはなく、夕食の心配まで頭をもたげる。
街一番の高さを誇るホテルは遠くからも見えた。
そこに今いる。

やがて寿司屋を発見して、さらに通りの先にスナックのネオンが見えた。
出歩く人の数は多くないが、充実した繁華街があり、スナックの数がやけに多く、たいていの店は古く、どこか退廃的で、荒くれた男たちが住まう街を想像した。


五所川原名物の立佞武多は喧嘩佞武多とも呼ばれ、掛け声は「ヤッテマレ」。
寿司屋の大将の話では歴史は新しく、ここ20年ほどだという。

川上健一さんの「祭り囃子が聞こえる」冒頭の作品に、その様子が表現されている。

最初に見かけた寿司屋に入った。
とてもきれいなお店で、他に客はいなかった。

そうした店ではなるべくお金を使うようにしている。
そうは言っても財布にふんだんに金が入っているわけじゃない。
だからなるべく。

大将には繁華街を誉めて、地元の英雄ともいえる吉幾三さんのことなどあれこれ話して、珍しい鯨の刺身などをいただいて店を出た。

ホテルに向かう途中の路地裏にレトロな灯をともしたスタンドバーがあって心惹かれたが、疲れていた。

五所川原は街角から何から、昭和世界にトリップしたかのような違和感と郷愁を与える街だった。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・打田駅、妙寺駅、高野口駅、橋本駅、五条駅、吉野口駅、法隆寺駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2・・・水口駅、水口石橋駅、水口城南駅、八日市駅、近江八幡駅、高宮駅

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。 門司港

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】初日(東京-新南陽)-はりま勝原、阿品、島田、新南陽(山陽本線)

鉄旅日記2015年8月12日・・・はりま勝原駅、阿品駅、島田駅、新南陽駅(山陽本線) 2015・

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その2-恵那、瑞浪、土岐市、多治見、千種、鶴舞、金山、天竜川、袋井(中央本線、東海道本線)

鉄旅日記2012年3月25日その2・・・恵那駅、瑞浪駅、土岐市駅、多治見駅、千種駅、鶴舞駅、金山駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場の煙突が

記事を読む

2019年師走~2020年弥生【SNSへの投稿より】大晦日、正月、誕生日、菜の花の頃。

【Facebookへの投稿より2019年12月31日】 【今年も暮れゆく東京】 素敵な出会いもあ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日・・・保谷駅、代々木駅、都留市駅、富士山駅、河口湖駅(西武池袋線/山手線

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その3-駅前、赤岩口、井原、運動公園前、駅前大通、豊橋、岡崎、三河豊田、尾張瀬戸(豊橋鉄道市内線/東海道本線/愛知環状鉄道/名鉄瀬戸線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・駅前停留所、赤岩口停留所、井原停留所、運動公園前停留所、駅前大通停

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・猪苗代駅、磐梯町駅、安子ヶ島駅、磐梯熱海駅、郡山駅(磐越西線) 1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、

2019年師走~2020年弥生【SNSへの投稿より】大晦日、正月、誕生日、菜の花の頃。

【Facebookへの投稿より2019年12月31日】 【今年も暮れ

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その4‐水上、高崎、籠原(上越線/高崎線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・水上駅、高崎駅、籠原駅(上越線/高崎

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その3‐押切、帯織、長岡(信越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・押切駅、帯織駅、長岡駅(信越本線)

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温

→もっと見る

    PAGE TOP ↑