*

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

公開日: : 旅話, 旅話 1998年

車旅日記1998年5月2日
1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA
昨夜の強風が続いている。
夜半に降っていた雨は上がっている。

雨よりは風の方がいい。
これは幸運と思っておいた方がいいだろう。

地理に不案内なもので目の前に見えている姿のいい山が岩手山かどうかは知らないが、とにかく山にはまだ雪が残っている。
ここは奥東北。

昨夜は眠るのは問題なかった。
快眠とまではいかないが、まあよく休んだよ。

夢は仕事関係のものを多く見た。
昨夜の時点では心に残しているものはやっぱりそっち関係の方が多かったのだろう。

今日はそうしたものは一掃したい。
特に今日は一番長い一日になる予定だから。

おそらく下北半島に行くことになるだろう。
まだルートは明確じゃない。

でも言っておくが、それが旅ってものだ。
寅さんが生前よく言っていたよ。

9:09 八戸自動車道-折爪PA 677㎞
土地柄なのかどうか知らないが、この強風は並じゃない。
あまり経験したことのない風が吹いている。

道は2つに分かれ、八戸を終着点とするルートを選んだ。

ハイウェイとは長いこと付き合った。
あともう少しで着く。

そこで金を払えば下界。
すなわち本物の路上に戻る。
そこから何が始まっていくのか。

今横になっていたようにまだ完全に夢から覚めていない。
そして日常から逃げる態勢も整っていない。
おそらく海でも見えてくればオレの中の問題はクリアになるだろう。

彼女と表記していた女性とは別の女性がオレの中に入り込んでいることに戸惑っている。
この先のことは分からないが、戸惑いを隠せない。

そろそろ行く。
ハイウェイとはこれでお別れだ。

11:36 338号国道‐三沢市ドライブイン三陸 743㎞
ハイウェイを下りて町に分け入った。

八戸に黄金週間を迎えた活気はなく、人々は平装で道を横切っている。

駅に行ってみたが、そこには似つかわしくない有料パーキングが待っていて、通り過ぎざるを得なかった。

このあたりには明らかにこのあたりのリズムがある。
オレにとっては好意的なリズムだ。
のんびりしていていい。

そこへいくとハイウェイはレース場だった。
町に下りてよかった。
本当にそう思ったよ。

下北へ向かう途中。
ここに来るまでに凄絶な風景に行き当たった。

前方に竜巻のような土煙が上がっていたんだ。
とっさに窓を閉めて逃れたが、危うく砂まみれになるところだった。

そしてここに着いた。
隣のオジサンと目が合い、ちょっとした会話を持った。

彼はとても親切で、スモールライトが点いたままでいることを教えてくれた。
オレに話しかけられた時はぎょっとしたようだったが、なんだかうれしそうだったよ。

彼のような人に会えたことで、この町を好きになろうとしている。
何の変哲もないところで、人にその良さを伝えることはむずかしいが、こんな時間に250円で温泉大浴場を開放する実力を持った町だ。

犬も人と同じリズムで動いている。
路傍にはご婦人が所在なげに腰を下ろしている。

日向ぼっこでもしているのかと思ったが、しばらくするとその女性はバスに乗って視界から消えた。

そして今も相変わらず乾いた風が吹き、防風林のムコウを砂が舞っている。

13:46 338号国道‐東通村レストラン潮騒 802㎞
大陸的な風景の中を走ってきた。
道中に行政が用意した休息所はなく、ごくまれに「めし屋」の看板を見るにすぎない。

おそらく雑誌にでも載った過去があるのだろう。
一際賑わっている店があって、ひとりで入ったオレは見向きもされなかった。
トイレだけ借りて早々に店を出た。

200メートルほど行くとホテル兼レストランがあり、そこでウニ入りの丼物を注文した。
ウニは今までも好まなかったが、おそらくもう口にすることはないだろう。

車を止めたい場所はいくつかあった。
沼、川、湿地帯。
誰もこのあたりをそう表現することはないが、オレはこの一帯を水の都と呼んでもいいと思った。

あまり馴染みのない風景で、川は地の底から湧くように流れていた。

これから本州最北端を目指す。

外は予報通りと言うべきか、雨が落ちてきた。
かなり激しい。

14:35 田名部駅 833㎞
友の言う乾いた町に雨が降っている。

さっきまで強風で砂っぽかったせいか、オレはまた天がスプリンクラーを寄越したのかと思った。

しかし激しい降りだ。
外に出ることを断念させる降りだ。

東京の空がこんな色をしていれば、この雨はそうは長くは続かないという予測を立てるが、下北の空にオレの観測が当てはまるかどうか。

見た目は東京の空とたいして変わらない。
曇り空に土地柄はない。

ストーンズのセントルイスTWAドーム公演をかけるのは18:30前後。
それまでまだ時間がある。

どうしてもというわけじゃないが、とにかく北へ向かっている。
そして今回のツアーでは行き着く場所がちゃんと存在している。

そこがガンダーラみたいな場所だとは思っていないが、ロマンじみたものは感じている。

ただ、この雨だ。
満足できるかどうかは分からない。

15:46 大間崎公営パーキング 881㎞
本州最北端の地は特に飾り立てられることもなく、土産物屋も2、3軒しか見当たらず、品のない音楽を流すでもなく、ただひっそりとまばらな観光客を迎えている。

もっともその場所には「本州最北端の地」と刻まれた石碑が立つのみで、特に目を引くものがあるわけじゃない。

そこから海を見ても、海が見えるだけだ。
あとは何も見えない。
ただ海が見えるだけだ。

こうして裏に入れば民家。
本州最北端の地は人里離れた観光地ではなく、そこで生活する人々との共同の場所だった。

晴れていたらどんなふうにこの景色を見ていたか分からないが、雨の大間崎は荒涼としている。
カモメの声は妙に空しく、北へ向かえばどういう場所に行き着くのかを知った。

うまい言葉が見つからない。
ただここにはもう一度来るような気がする。

その時は心の中の北を目指してか、たんに北を目指した結果に行き着くのかは、今のオレには分からない。
その時のオレがどうありたいかも分からない。

17:27 大湊駅 934㎞
雨の下北か。
不毛の地という印象が以前からあった。

オレがどう感じようと勝手だが、少なくともこの地に育つ子供たちは大丈夫だ。
みんな雨に打たれながら健気に歩いている。
逞しい子供たちがこの地には育っている。

とにかくこの雨だ。
象潟に降った雨のようにしっとりとしていれば条件も違うが、この降りだとちょっときつい。

今夜は早いところ眠りにつこうと思う。

明日の晴天を祈りながらこれから青森へ向かう。

18:20 陸奥横浜駅 964㎞
ようやく雨が上がった。

この町の夕暮れはとても爽やかだ。
海を身近に見たくて車を寄せた。

駅では親切な駅長さんの好意で気持ちよくトイレを使わせてもらった。
人情が濃いというか、これはきっと環境の違いなのだろう。

オレの車が邪魔で、困難な通り抜けを余儀なくされたそこの奥さんは、クラクションを鳴らすこともなく何とか工夫して狭い草の道を入っていった。
オレが暮らすあたりじゃ少なくとも車は蹴飛ばされている。

国道に出るまでは音楽をかけずにいこう。
この町の夕暮れを邪魔しちゃいけないという気持ちになる。

それといくつか旅を経験して分かることだが、このツアーではこの駅に立ち寄ったことをこの先ずっと覚えているような気がする。
駅にはきれいなチューリップが整然と植えられている。

オレが声をかけたご婦人は、きっと駅長さんの奥さんなのだろう。
ご婦人がチューリップの手入れをしているところに声をかけたんだ。

とても気持ちのいい風景だった。

20:40 青森駅 1042㎞
大集中豪雨。

駅弁屋閉店。

これより津軽方面に移動。

関連記事

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】初日(東京-伊那-木曽)-東京町田、相模湖駅、鳥沢駅、道の駅甲斐大和、勝沼、長坂、伊那市駅、道の駅日義 木曽駒高原

車旅日記1998年7月18日 1998・7・18 12:48 東京町田 久しぶりに空がよ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

車旅日記1998年5月4日 1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ 連休中初めての日

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

車旅日記1998年5月1日 1998・5・1 11:53 東京町田 出発を前にして空が晴

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】2日目(新潟豊栄‐象潟)道の駅豊栄、道の駅神林、瀬波温泉龍泉、道の駅温海、立岩海底温泉、酒田南郊、象潟駅、象潟松籟館

車旅日記2000年5月4日 2000・5・4 8:09 7号

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その2‐足利郊外ポテチーノ、下今市駅、鬼怒川ホテルニュー岡部、上三依塩原駅、会津若松駅、津川町、道の駅豊栄

車旅日記2000年5月3日 15:12 293号国道‐足利郊

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 

2019年如月【SNSへの投稿より】ごく個人的な内容で恐縮でございます。。

【2019・2・3 Facebookへの投稿より】 出会いか

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-小諸-小淵沢-東京)その3-海尻城址、海尻、八千穂、信濃川上、佐久海ノ口、甲斐小泉、小淵沢(小海線)

鉄旅日記2019年2月10日 14:08 海尻(うみじり)駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑