*

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅&習志野シンフォニックブラス(NSB)演奏会】その1-我孫子、東我孫子、新木、湖北、布佐、小林、木下、安食、下総松崎、成田空港、酒々井、物井、東千葉、本千葉、西千葉、新検見川、幕張、東船橋、津田沼(成田線、総武本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/28 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年2月17日その1・・・我孫子駅、東我孫子駅、新木駅、湖北駅、布佐駅、小林駅、木下駅、安食駅、下総松崎駅、成田空港駅、酒々井駅、物井駅、東千葉駅、本千葉駅、西千葉駅、新検見川駅、幕張駅、東船橋駅、津田沼駅(成田線、総武本線)
2013・2・17 6:01 我孫子(あびこ)駅(常磐線/成田線 千葉県)
昨日の強風の名残が関東平野に吹き荒れている。

藍色に変わりつつある空。

相変わらずぱっとしない手賀沼観光の街、我孫子。

誰もが寒さに震え、あたたかな夜明けを待ち望んでいる。

6:15 東我孫子(ひがしあびこ)駅(成田線 千葉県)
駅舎のない簡素な駅を出て新聞屋の灯に目をやる。
他にやることは思いつかない。

寒くてたまらないよ。
脇のバプテスト教会に駆け込みたくなる。

ままならず我孫子に引き返す。

6:46 新木(あらき)駅(成田線 千葉県)
見事なまでに何もない駅に朝の日差しが映える。

ホームに券売機と窓口があり、奥で駅員が震えていた。

7:11 湖北(こほく)駅(成田線 千葉県)
ひと駅戻る。
風が止んだ。

日差しは潤いに満ちて、ここには小さいながらもいくつかの商店が並ぶ町があった。

悪くない通りだったよ。

7:25 布佐(ふさ)駅(成田線 千葉県)
行き違い待ちで数分の停車。

日差しにありがたみが増し、成田線は利根川に近づく。

集合団地が並び彩りのある駅舎を持つ町だったが、他に目につくものは見当たらなかった。

7:41 小林(こばやし)駅(成田線 千葉県)
青空跨線橋に日本家屋風の駅舎。

郊外と田舎が同居した駅に集まってくる者の装いは若く、年齢構成も若い。

旅館の看板を見た。
もっとも旅館という文字に×が貼り付いてはいたが。

8:05 木下(きおろし)駅(成田線 千葉県)
ひと駅戻る。

水の駅に降りる。
街道を渡れば水辺。
利根川堤防も見える。
でも橋が架かっていないんだ。
二番目の大河との再会は叶わなかった。

江戸時代には大層賑わったそうだ。

特に用があるわけじゃないが、我孫子からコンビニを見ていない。

8:48 安食(あじき)駅(成田線 千葉県)
栄町役場までを往復。
利根川はやはり遠くて行き着かない。

役場付近にはマルエツを中心とした町があり、駅へと続く道は心細い。
同僚Aはこの駅から日暮里まで毎日通っている。
それもまた遠いと言わざるを得ない。

印旛沼周辺の散策を目的としているのか、リュックを背負った者を2、3人見かけた。

9:08 下総松崎(しもうさまんざき)駅(成田線 千葉県)
印旛沼のムコウに富士山が見える。
そんな天気になったよ。

だだっ広い土地に風が吹き抜ける。

30分を過ごすにはおそろしく退屈な駅だ。

もっと余計に時間があれば甚兵衛渡しまでの道を試みるだろう。

9:55 成田空港(なりたくうこう)駅(成田空港線/京成本線 千葉県)
改札を抜けると人相改めがある。
空港には用がない。
だから出発ロビーにはいかなかったよ。

「ハッピーエンドでふられたい」を口ずさむのも、ホノルル行きを懐かしむのも次回でいい。

次回がなければそれはそれで構わない。

京成酒々井(けいせいしすい)駅(京成本線 千葉県)にて

10:40 酒々井(しすい)駅(成田線 千葉県)
千葉方面へ。

地名の由来となる酒の井伝説みたいなのがあったのだな。
養老伝説と似たような話だ。
京成駅往復の歩道にその様子が描かれていた。

宗吾霊廟はとても立派らしい。
それは駅前の観光写真で知った。

それにしてもこのあたりは何度見ても気怠い風景だ。
もっともオレも似たような景色の中で暮らしているけれど。

10:58 物井(ものい)駅(総武本線 千葉県)
佐倉から総武本線に入る。

見事なまでに何もない駅だ。
退屈以外の何物でもない。
ただ風に吹かれている以外どうすることもできない。

そして日のぬくもりも消えつつある。

11:23 東千葉(ひがしちば)駅(総武本線 千葉県)
大都市千葉の東の外れ。
東税務署への看板以外に道順は示されておらず、人の姿もまばらだ。

街から町へ。
境目の場所だが、大都市千葉はすぐそこに見えている。

テレビで見るアジアのどこかの風景、スラム街から大都会を見る風景に似ている。

11:46 本千葉(ほんちば)駅(外房線/内房線 千葉県)
千葉駅で乗り換え。
房総方面にひと駅。

繁華街を外れ、着いた先は千葉県庁前。
千葉都市モノレールの終着駅だった。
通りの先にお城が見える。
郷土博物館だという。

レトロで物静かな風景だった。
そして余韻が残った。

12:11 西千葉(にしちば)駅(総武本線 千葉県)
千葉駅に引き返し、東京方面へ。

いつぞやの夜に魔法をかけられたようだ。
光にあふれて見えた駅前通りに奥行はなく、千葉大学が駅の存在理由の最右翼であろうことが想像できた。

がっかりしたが、ドーナツのとてもいい匂いがする駅だった。

12:24 新検見川(しんけみがわ)駅(総武本線 千葉県)
京成駅の方へ行けば少しは繁華街らしきものに出会えたのかもしれない。

商店もあり人もいるが廃墟もあって寂しい気持ちにさせる街だ。

オレが暮らす保谷駅前あたりにも同じようなことが言える。

12:37 幕張(まくはり)駅(総武本線 千葉県)
街並みは変わらない。

京成駅もまた少し離れている。

線路の先に寂れたホームが見えた。

駅には雛壇が飾られ、いま目の前をメッセの高層ビル群が通り過ぎる。

12:53 東船橋(ひがしふなばし)駅(総武本線 千葉県)
船橋の繁栄はここまでは及ばず、東千葉のようなタイクツな町だった。

たぶんオレはもう夜の魔法にはかからない。

15:44 津田沼(つだぬま)駅(総武本線 千葉県)
ひと駅戻る。

今日は親戚が参加する習志野シンフォニックブラス(NSB)の演奏会。
去年は大勢で見守ったけど、今年は親父、姉貴、姉貴のご夫妻のみ。
最後にばっちり大きな音で締めて無事大役全う。

こうしてオレを誘いだしてくれて感謝してるよ。
ああいった場所に人がましく出かけていけるようになれたことが、とてもうれしい。

関連記事

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日・・・河曲駅、富田浜駅、河原田駅、津駅(関西本線/伊勢鉄道) 18:1

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30 知内駅(228号国道-道の駅しりうち

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2・・・瓜連駅、静駅、山方宿駅、袋田駅、西金駅、下小川駅、後台駅、常

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その4‐中条、新発田、新津、長岡(羽越本線/信越本線)

鉄旅日記2020年1月13日・・・中条駅、新発田駅、新津駅、長岡駅(羽越本線/信越本線) 17:34

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日 2006・11・5 東京葛飾金町 清々しい浜名湖畔から

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日・・・下今市駅、新藤原駅、川治湯元駅、川治温泉駅、湯西川温泉駅、龍王峡駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日・・・小佐越駅、大桑駅、大谷向駅、下今市駅、西新井駅、大師前駅(東武鬼怒

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑