*

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年1月4日
1997・1・4 1:01 東京町田
明かりをつけた部屋にストーンズの「Start Me Up」がかかった。

昨日は怠惰に過ごした。
去年のオレはまだ抜けきっていない。

昨日もそうだったが、これから海を目指す理由が見つからない。
強いてあげれば暇だからだ。
5日も続けてひとりで酒を飲むことにも飽きた。

明日になればまたここにいるだろうが、今夜くらいは別な場所にいてもいい。
少し体を休めすぎた。

タフにいきたいのであれば、やっぱり旅立たなければならない。
ひとりでいる限りは。

着替えよう。
音楽テープは4本もあれば足りるだろう。

2:00 愛甲石田駅
空を見上げることから始めてみた。
たくさんの星が出ていた。
気分はよかった。

今夜のペース展開はかなりいい。
早々に厚木市内を抜けて、246と129の分岐点を過ぎた。

これから車はまばらになっていく。
でも恐れることはない。

今夜はかなり調子がいい。
缶コーヒーは2本目に入った。

3:10 御殿場駅
今夜の月はC Moon。
さすがにこの時間だとトイレ付近にたむろしている便所臭い連中はいない。

わずかに酔っ払いがひとりだけ。
人影はそれだけだ。

ここには以前降り立ったことがある。
街並は変わっていないが、駅は変わった。
きれいになったじゃないか。

246号国道はタフだった。
速いのが多いよ。

いろんな事情があってそれぞれ走っているのだろうが、オレと同じ事情のヤツはいない。
だから出足の遅いトラックについていく。
オレはこれでいい。

それにしてもさっき買った缶コーヒー。
一番苦そうなやつを選んだつもりだったけど、かなり甘い。
甘すぎる。

ストーンズが調子いい。
どの曲の途中だったか忘れたけど、聞いていて不意に彼女の顔が浮かんだ。

3:33 岩波駅
さっき背筋を伸ばし忘れた。
ここに立ち寄ったのはそのためだ。

駅はシャットアウトされている。
御殿場で小用を済ませておいてよかった。

間もなく沼津。
日の出まで目的の場所で待っていられそうにない。
ルート変更の方向で腹はほぼ固まっている。

いいだろう。
それも旅だ。

4:30 熱海駅
南の街にやってきた。
ここに着くまでに心細い瞬間があった。

年が改まろうと、こんなオレに変化はない。
スピードを出せないオレを時折情けなく思うことがある。
2日前にオレを助手席に乗せた友人の走りは小気味よかった。

でもここまで来ればもう大丈夫。
例外を除けばたいていは穏やかに走っているだろう。

それにしてもストーンズは偉大だった。
心細さを消してくれたんだ。

まだ朝は来ない。
だから東へ向かう。
つまり東京の方角へ。

ただ突っ走る。
それだけの夜だった。
満足はしている。

「新年明けましておめでとうございます」という建設省からの挨拶表示が道に架かっていた。
思わず、「おめでとう」と声を返した。

今年もよろしく。

5:12 西湘バイパス‐西湘パーキング
制限速度を守っている人々と走ると気分がいくぶんいい。
スピードの乗った連中とだと気分が優れない。

オレは制限速度でいく。
そしてその速度でどこへでも行く。
今年もどこへでも行くさ。

缶コーヒーは3本目になる。
これが最後だ。
もう帰るんだよ。
今夜はこれでおしまい。

この感じじゃ地元で日の出が拝めるだろう。
つまらない執着にはこだわらない。
今のオレが望む場所へ向かう。

6:48 奈良北
今日もいい天気。
そしてじきに日が昇る。

地元にも素晴らしい場所がある。
かつて遊んだ丘や川がブルドーザーで崩され跡形もなくなった代わりに、朝日の昇る素敵な坂道が生まれた。

そこでこれから太陽が昇ってくる地点をずっと見ている。

ボブ・ディランのギターと歌声が切なくていい響きだ。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよなら

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑