*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その1-南宮崎、伊比井、北郷、飫肥、日向大束、志布志、油津、日南、木花、田吉、宮崎空港(日南線、宮崎空港線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/31 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年8月12日その1・・・南宮崎駅、伊比井駅、北郷駅、飫肥駅、日向大束駅、志布志駅、油津駅、日南駅、木花駅、田吉駅、宮崎空港駅(日南線、宮崎空港線)

2013・8・12 5:30 南宮崎(みなみみやざき)駅(日豊本線/日南線/宮崎空港線 宮崎県)
南国の夜が明けた。

今日も暑くなる。
すでに暑い。
列島もまた暑くなる。
昨日も一昨日も同じ場所で40度を記録している。

これから追憶の日南海岸へ。

ここ宮崎には数時間後に戻る。

6:30 伊比井(いびい)駅(日南線 宮崎県)
10数分の停車。

曲がりくねる民家の小径で懐かしい田舎の匂いを嗅いだよ。
オレにとっては夏の匂いでもある。
いつでも晴れていた。
本当はそうじゃなかったのかもしれないけど、こうして蝉の声を聞いて遠い昔を思い出せば、世界はいつも晴れている。

そう、夏の日はいつだって。

遊泳禁止の海岸では二人の波乗りが手並みを競っていた。
こんなに朝早くから。
好きなんだな本当に。


6:50 北郷(きたごう)駅(日南線 宮崎県)
数分の停車。

きれいなログハウス風の駅舎内に、かつてこの駅のホームで撮影された写真が青春18きっぷのポスターとして貼られていた。
志布志串間方面、宮崎青島方面と記された案内板がぶら下がる柱に、少女がもたれている絵柄だ。
どこかで見たことがあると思わせるポスターだった。

日南線。
やけに郷愁を誘う線だ。

7:06 飫肥(おび)駅(日南線 宮崎県)
数分の停車。

日南の小京都を謳う街。
駅から1.5キロ地点にある城跡は観光名所で、とてもいいところらしい。
以前「男はつらいよ」で見た。
朝の連続テレビ小説の舞台にもなったらしい。

今回の旅を計画する際にオレのイメージの中にも駅周辺の涼しげな姿があった。
でも、ビジネスホテル、カラオケ喫茶「昭和歌謡」だけの駅前風景は面白みに欠けるものだった。

学生の頃に飫肥という男と出会っているが、どの時代であったのかは覚えていない。
もはや顔の記憶も定かではない。

8:03 日向大束(ひゅうがおおつか)駅(日南線 宮崎県)
数分の停車。

女子高生の一団をひとりの父親が車で迎えにきている。
スミマセンと乗り込む彼女たち。
あれくらいの年頃の子供たちが作り出す風景はステキだ。

そんな些細なひととき。

8:58 志布志(しぶし)駅(日南線 鹿児島県)
とうとうこの夏の終着駅へ。
ここも再訪ということになる。

町並みを思い出しながら歩いた。
何もない町だと思い込んでいた。
簡素な駅舎に人気のない通り。
そんなように記憶していたよ。

でも歩いてみて驚いた。
ホテルでは家族が朝食を楽しむ姿があり、銀座街という立派な歓楽街もあって、「自衛官歓迎」とある。
隣町の鹿屋に基地がある筈だ。

国鉄時代にはここからその鹿屋を通り、桜島を目の前に見て日豊本線国分駅へと至る大隅線と、同じく日豊本線西都城駅へと至る志布志線が走っていたことを後に知った。
その当時、ここは終着駅じゃなかったのだ。

廃れた終着駅から日南線に乗って、世界へと旅立つ若者を応援する気持ちを日記に記したのが、もう9年前だ。
その9年後にオレが見た志布志は駅も町も発展していた。
逆は数多くあるが、地方都市を巡る中で滅多に見かけることのない例に接して心躍ったよ。

ここから宮崎市内に戻る。


10:12 油津(あぶらつ)駅(日南線 宮崎県)
数分の停車。

再訪地が続く。
「男はつらいよ」第45作で車寅次郎が床屋の女性に恋をして、しばらく滞在した町だ。
この町のどこかにあの水辺がある。

元気なアロハ姿の駅員が迎えてくれた9年前。
あの日は今日より多少賑わっていた。

友人Kは鉄道員をしていた父親の関係でこの町で暮らしていた時期があったと話してくれた。

10:42 日南(にちなん)駅(日南線 宮崎県)
この駅では列車の行き違いはできない。
下りの線路が剥がされていた。

駅名のとおり日南線の中心駅だが、天正遣欧少年使節の一員として戦国時代にヨーロッパに渡った伊東マンショの銅像以外に駅周辺に見るべきものはなく、コンビニもなく、地図を見たら名所旧跡は両隣の油津に集中している。
「男はつらいよ」のロケ地も載っていた。

外に出た。
本当に暑いな。

寺原投手を擁する日南学園が甲子園の話題をさらってから幾年か過ぎた。
プロに入った彼はホークス、ベイスターズ、バファローズそしてホークスと多彩な野球人生を送っている。

食事はリンガーハットで。
東京でも食べられるけど、東京じゃ食べないから、これでいい。

あの煙突は王子製紙のものか。

12:35 木花(きばな)駅(日南線 宮崎県)
数分の停車。

宮崎市内に戻ってきた。
大方眠っていたけど、日南から1時間。
沿線はすっかり住宅街に変わり、ごみごみとした印象を受ける。

伊比井で接した住宅街の風景とも違う。
昔の家には現代家屋にはない知恵が潜んでいるのだろう。
それになにより涼しげだ。

ともあれ宮崎空港が見える以外はすっかりつまらない風景になった。
駅舎はかわいらしかったけど、駅前は困り果てるまでに狭かった。

12:51 田吉(たよし)駅(日南線/宮崎空港線 宮崎県)
あぁいい風だ。
こんなに周りが広ければ、風が吹けば涼しいだろう。

駅から空港滑走路が見える。
一機が離陸体制に入り、どこかへ飛び立った。
羽田か。
関空か。
新千歳か。

宮崎の空はどこにつながっているのだろう。

しかし、志布志でも日南でも、ここ田吉でも。
オレにビールを売ってくれる店はなかったよ。

13:09 宮崎空港(みやざきくうこう)駅(宮崎空港線 宮崎県)
田吉での出発間際、どこかの空からかやってきた小型機が着陸した。
臨場感たっぷりの航空ショーだったよ。

真夏の空の下、空の玄関口はとても賑わっている。
その一角を占める南国の空港駅は、他の空港駅のように空港建物の一部分などではなく、駅として独立している訪ねがいのある駅で、真新しさを思わせる。

駅に乗り入れると車両もゴージャスなものだった。
その列車がさっき降りたとても小さな田吉駅に停車するのは、どこかおかしみのある風景だった。

関連記事

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】最終日(小諸-軽井沢-高崎-水戸-東京)その2-高崎、新前橋、前橋、中央前橋、小山、水戸、東京葛飾金町(信越本線/両毛線/水戸線/常磐線)

鉄旅日記2005年11月7日・・・高崎駅、新前橋駅、前橋駅、中央前橋駅、小山駅、水戸駅(信越本線/両

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その3‐末恒、浦安、米子、揖屋(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月24日・・・末恒駅、浦安駅、米子駅、揖屋駅(山陰本線) 10:39&n

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・田川後藤寺駅、糸田駅、糒駅、金田駅、門司港駅、厚狭駅、湯ノ峠

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その3-勝沼ぶどう郷、大月(中央本線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・勝沼ぶどう郷駅、大月駅(中央本線) 17:25 勝沼ぶどう郷(か

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その1-郡山、安達、苦竹、東仙台、花泉、石越(東北本線、仙石線)

鉄旅日記2016年3月19日その1・・・郡山駅、安達駅、苦竹駅、東仙台駅、花泉駅、石越駅(東北本線、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】4日目(高知-宇和島)-高知、朝倉、伊野、斗賀野、須崎、窪川、中村、宿毛、宇和島(土讃本線、土佐くろしお鉄道中村線/宿毛線、予土線)

鉄旅日記2009年5月4日・・・高知駅、朝倉駅、伊野駅、斗賀野駅、須崎駅、窪川駅、中村駅、宿毛駅、宇

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・金島駅、中之条駅、川原湯温泉駅、大前駅、羽根尾駅、高崎問屋町駅(吾

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その2-吉野口、高田、畝傍、桜井、柳本(和歌山線/桜井線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・吉野口駅、高田駅、畝傍駅、桜井駅、柳本駅(和歌山線/桜井線) 10:

記事を読む

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】初日(東京-米子)-静岡、豊橋、本竜野、播磨新宮、佐用、東津山、米子(東海道本線/姫新線/因美線/山陰本線)

鉄旅日記2007年5月3日・・・静岡駅、豊橋駅、本竜野駅、播磨新宮駅、佐用駅、東津山駅、米子駅(東海

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑