*

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その1-越前大野、南今庄、敦賀、武並(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/23 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年10月7日・・・越前大野駅、南今庄駅、敦賀駅、武並駅(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)
2018・10・7 6:40 越前大野(えちぜんおおの)駅(越美北線 福井県)
薄暮に着いた町。
焼けるような夕焼けが覆っていた。

越前大野城へ向かう。
町中を歩く者はなく、視線を向けた観光通りの灯はあたたかい。

麓から山上へは約10分。
暗い中を登っていく。

カモシカを見かけたら近づくなとの警告を目にする。
後で友に聞いた話じゃ熊も出るらしい。

町の灯はわずかで夜景と呼ぶには心許ない。
七間通りを旅館へと向かった。

大きな構えの阿さひ旅館。
旅館とはいいものだと思う。

友人は少しこけて歯を悪くしていたが、精悍な面構えに変わりなく、「格好いいじゃん」と伝える。

オレが彼に言いたかったこと。
オレはアンタの下で仕事をしていた時が一番楽しくて、一番オレらしかった。

がっちりと握手をして別れた。

今生で会えるのは、もしかしたらこれきりかもしれない。
そんな思いがあるにはあったが、忘れていたよ。
そしてそんなことを思う必要もなかった。

本当の友達なら、またきっと会えるさ。

睡眠時に一匹の蚊に悩まされて、よくは眠れなかった。
外では雨の音が聞こえていた。

駅に向かう道も雨に濡れていた。




水戸天狗党が破滅への道をたどった大野から敦賀への道。
仕方がないが、眠たげにその道を往く。

8:50 南今庄(みなみいまじょう)駅(北陸本線 福井県)
越美北線では眠りこけていて、越前花堂で降りるつもりが目覚めると福井で、乗り換えに走る。

眠りは覚めず、ここまでボンヤリときた。

何度も通りすぎてきた駅で、何もないことは分かっていた。
でも昨日の湯尾での感動があったように、実際には降りてみないと分からない。

雲が湧く悠久とも言える景色を前にして、北陸を旅している事実を感じた。


そしてオレの旅は、とうとうこんな駅に降りるまでに満ちてきた。
これで敦賀~福井のすべての駅に降りたことになる。

9:19 敦賀(つるが)駅(北陸本線/小浜線/湖西線 福井県)
改良を重ねてきた敦賀駅。
一応の完結を見たかとも思ったが、まだ新幹線開通による改良が施されることになる。

オレは何代にわたる駅を見てきたことになるのだろう。


敦賀気比がセンバツで全国制覇を果たし、敦賀を港として発展させた大谷吉継が街のシンボルとして登場した敦賀。
地図では敦賀港に向けて貨物線が延びていて、歩いたら面白そうな街区が描かれていた。

かつての恋人と両親への挨拶に下りたのは27年前。
ちょうど今くらいの季節だったか。
久し振りに思い出した。

でももう過去を引き合いにした感慨はさして浮かばず、いつかこの街に泊まる旅を計画しようと思い始めている。

13:43 武並(たけなみ)駅(中央本線 岐阜県)
近江塩津10:05(接続26分)、米原11:00(接続18分)、大垣11:41(接続9分)、名古屋12:24(接続11分)。

この間に角ハイボールを3本飲み、多くを居眠りして過ごした時間。
勿体ないとも言えるが、贅沢とも言える時間。

関ヶ原あたりから晴れだした空は、岐阜県内に入って真夏のような日差しを寄越し、浮かぶ雲もまた夏を思わせる。

今日も台風一過と言えるのか。
10月1日の東京は真夏日だった。

多治見を中心として暑さのメッカとも言える一帯は、おそらく今日真夏日を迎えたことだろう。

小さな喫茶店は今日は休みで、駅前旅館は営業をしている。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その1-指宿、枕崎、入野、開聞、山川、喜入、瀬々串、慈眼寺、南鹿児島、郡元(指宿枕崎線)

鉄旅日記2015年8月14日その1・・・指宿駅、枕崎駅、入野駅、開聞駅、山川駅、喜入駅、瀬々串駅、慈

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その1-別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅

車旅日記2004年8月12日・・・別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅 200

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1・・・東福寺駅、祇園四条駅、伏見稲荷駅、稲荷駅、男山山上駅、八幡市

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/粟生線/三田線/公園都市線)

鉄旅日記2017年8月13日・・・新開地駅、湊川駅、鈴蘭台駅、三木上の丸駅、三木駅、粟生駅、神鉄三田

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が覚める。

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その2-大村、竹松、早岐、佐世保、佐世保中央、中佐世保、左石、佐々、たびら平戸口、松浦(大村線/佐世保線/松浦鉄道)

鉄旅日記2009年9月21日・・・大村駅、竹松駅、早岐駅、佐世保駅、佐世保中央駅、中佐世保駅、左石駅

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山駅(磐越西線) 9:07 会津

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太多線/中央本線/東海道本線)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑