*

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その3‐新潟、村上、羽後本荘(信越本線/白新線/羽越本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年12月7日・・・新潟駅、村上駅、羽後本荘駅(信越本線/白新線/羽越本線)
11:41 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/白新線 新潟県)
三条を過ぎると雪は完全に消えた。
冬枯れの越後平野に薄日が差している。

見附、三条、東三条、加茂と停車して乗客を増していく。
途中で席を得るとまた眠りに落ちる。

亀田を過ぎたのは耳が記憶している。
間もなく新潟着とのアナウンスに目を上げると列車は高架を走っている。
2年前までは地べたを走っていたはずだ。

無常を遠く新潟でも感じて階段を降りると、構内は工事中で、改札口まではやたらと歩く構造になっている。
改札の外に変化はなく、駅舎にも手は加えられていなかった。

かつて新潟駅を出ると広大な操車場の間を縫っていったものだが、どうなったのだろうか。
その一端が東新潟駅で見られた。

大形を過ぎると阿賀野川を渡る。
橋上から磐越国境へと続く険しい山並が覗き、全山すでに雪化粧を終えていた。

13:19 村上(むらかみ)駅(羽越本線 新潟県)
新潟~新発田間は通勤通学路線で、ローカル線にしては乗降の動きが多かった。

越後平野の先に大山塊が立ちふさがる風景にさしたる変化はなく、見上げれば空は広く、平らな世界と人煙まれなる世界を楽しんでいた。

上下線とも特急列車の到着が近いせいか、村上駅前は記憶のどれよりも賑わっていた。

「歓迎瀬波温泉」の文字。
20代の頃に初めて車で旅に出て、あの海辺で感動的な時を過ごしたことがある。

郡山で友と別れてからたどった旅路。
思えばあの日からずっとひとりで旅をしてきた。




特急いなほ5号に乗っている。
新幹線より特急料金は格段に安く、オレの旅を十分に満たしてくれる。

あれは粟島なのだろう。
日本海の先に大きな島が見えている。
椎名誠さんが「怪しい探検隊」を組んで数度訪ねた島。

新幹線などなくてもオレにはこれでいい。
通りすぎていく町を無視したことなどない人生には、これくらいの速度がちょうどいい。

「鮭のまち」村上駅で購入した「鮭おこわ」がことのほか美味しい。
左手には間断なく日本海が見えている。

恋人から便りが届いた。

15:46 羽後本荘(うごほんじょう)駅(羽越本線/由利高原鉄道 秋田県)
府屋、あつみ温泉、鶴岡、余目、酒田、遊佐、象潟。
今乗っている特急の停車駅。

平野に雪はなく、いなほ5号はたんたんと北上を続けている。

鶴岡を過ぎると一際姿のいい山が雪化粧をして日差しを集めていた。
なるほど。
あれが月山、湯殿山と並ぶ出羽三山のひとつ、羽黒山か。



このあたりは日本海からは離れている。
ひと雨降って、金浦駅上空にきれいな虹がかかる。

7年振りになる羽後本荘駅は改装中で、かつての姿も現在の姿も見ることは叶わなかった。
ただひとつ、駅前風景に見覚えがあった。


荒天に見舞われていると聞いていた日本海側の町並に雪はなく、雨上がりの町で寒さは感じていない。

関連記事

「車旅日記」1995年秋【恋に病んで・・・西へ。1号国道をひたすら、大阪の友に会いにいく。】その2-東寺、五条大橋、琵琶湖湖岸道路、米原、関ヶ原・・・・-

車旅日記1995年11月5日 1996・11・5 9:19 1号国道-東寺 京都乱入。 晴

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1・・・扇町駅、浅野駅、海芝浦駅、国道駅、大川駅、保土ヶ谷駅、東戸塚駅

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1・・・赤羽駅、岡本駅、烏山駅、大金駅、宝積寺駅、氏家駅、石橋駅、自

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その2‐新庄、鳴子温泉、小牛田(陸羽東線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・新庄駅、鳴子温泉駅、小牛田駅(陸羽東線) 11:19 新庄(しんじ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その2-新今宮、天下茶屋、堺東、三国ヶ丘、上野芝、百舌鳥、百舌鳥八幡、金剛、千早口、高野山、極楽橋、新今宮、大阪、姫路(南海本線/南海高野線/阪和線/高野山ケーブル/大阪環状線/山陽本線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・新今宮駅、天下茶屋駅、堺東駅、三国ヶ丘駅、上野芝駅、百舌鳥駅、百舌

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その3‐余目、三瀬、羽前水沢、間島(陸羽西線/羽越本線)

鉄旅日記2020年1月13日・・・余目駅、三瀬駅、羽前水沢駅、間島駅(陸羽西線/羽越本線) 14:0

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・東京駅、大垣駅、米原駅、長浜駅、敦賀駅、鯖江駅、西鯖江駅、大聖寺駅

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々しい朝が訪

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】初日-佐倉、成東、大網、上総一ノ宮、上総興津、安房鴨川、館山、安房勝山(常磐線/成田線/総武本線/東金線/外房線/内房線)

鉄旅日記2006年2月4日・・・佐倉駅、成東駅、大網駅、上総一ノ宮駅、上総興津駅、安房鴨川駅、館山駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑