*

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年1月6日・・・本吉駅、柳津駅、前谷地駅、石巻駅、宮城野原駅、仙台空港駅(気仙沼線/石巻駅/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)
10:00 本吉(もとよし)駅(気仙沼線 宮城県)
過去の津波浸水区間と書かれたゲートをくぐる。

BRTは専用路と一般道を併用するが、専用路の延長がなされたようには感じられなかった。

かさ上げされた堤防が視界を塞ぐが、完成には遠いように見える。

8年前の震災を知る者を、とても悲しい気持ちにさせる風景が続く。

その隙間に覗いた海岸には若者たちの笑い合う姿があった。

それでいい。
若者はそうじゃなきゃいけないよ。





剥き出しの線路が見えて、やがて本吉に到着。

晴天に雪が舞う。

本吉はまさにかつての本吉駅だった。

鉄は剥がされたが、線路は視界の果てまで続いていた。




11:30 柳津(やないづ)駅(気仙沼駅 宮城県)
寂しい停車場に着いた。




3年前より整備は進んだが、それで一体いつ終わるのかと思う。

完成予想図が公表されているのかいないのか。

町を作ることは大変なことだと想像できる分、これから先訪ねる度に気にするだろう。

今年秋に開催されるラグビーW杯で、世界がやってくる釜石の復興を優先したのかもしれない。
それならそうと発信すべきだ。

BRTは空いていた。
そして柳津~前谷地の気仙沼線に残ったわずかな鉄路も、存続を危ぶみたくなるほどに空いている。

若くて素敵な女性と本吉から乗り合わせている。

この土地の未来が明るいものであるよう、新年に祈る。

11:53 前谷地(まえやち)駅(石巻線/気仙沼線 宮城県)
鄙びたターミナル駅に着いた。

冬枯れた仙北平野が広がっている。

この地は震災を前後しても何も変わるところはない。

あるいは鉄道愛好家の訪問は減ったかもしれない。
彼等の関心は鉄路が敷かれていない所には及ばない可能性がある。

接続3分で女川行に乗り継いでいる。

祭の派手な法被を着こんだ男が二人、車窓の風景に混じった。
正月明け。
まだハレの日が続いているのだろうか。

涙を堪えた3年前の三陸めぐりから、もしかするとこの地域は、目には見えなくとも発展と呼べるような変化を経験し続けているのかもしれない。

そう言うオレも、この3年の間に人生観が変わるほどの変化を経験している。

12:23 石巻(いしのまき)駅(石巻線/仙石線 宮城県)
雪の気配はなく、日差しも暖かく感じる。

柳津に吹いていた寒風もここにはない。

駅を取り巻く環境に変化はなく、穏やかに新年最初の日曜日を迎えていた。

この駅で、3年前とは違う被写体を選んでスマホを向ける我が身に気づいた。



乗り換え時間は13分。
今回はこれで離れるが、また何度でも足は向くだろう。
被災地のことが気掛かりだから。

大きな声で話す老婆の言葉に、宮城県という土地柄を再認識した。

13:59 宮城野原(みやぎのはら)駅(仙石線 宮城県)
仙台人の鉄道マナーの良さに感心しつつ、野球シーズンを過ぎて降りる人のない駅に立ち、地上への階段を上がる。

列車到着時には楽天野球団のマーチが流れ、地上に出るまで駅構内はゴールデンイーグルス色をしている。


駅を出て正面には、まるで有名女学院のような仙台育英高校の壮麗な校舎が目に入る。

そこから徒歩約5分。
陸上競技場の並び奥に野球場がある。

周辺に盛り場はなく、試合後の観戦者は仙台に出るより仕様がない。

風はやはり冷たく、日曜午後の退屈な時間が流れていて、人通りのない通りになぜか悲しい気持ちにさせられた。

14:48 仙台空港(せんだいくうこう)駅(仙台空港鉄道仙台空港線 宮城県)
名取まで410円とは高い。
空を利用するとはそういうことなのか。
オレのように単に終着駅に用があって、そこがたまたま空港だったという者には散財になる。

ただ、すべての鉄道網を利用しつくすことが目的だ。
仕方がない。

仙台から直通列車に乗る。

名取からはJR線を離れて高架となり、空港までは3駅。

平凡で疎らな住宅街を眺め、一旦トンネルを潜り、地下駅かと思わせたが、再び地上へ出ると空港内。

空港はどこも似ている。
しかしここ仙台空港といえば、東日本大震災で波をかぶり、しばらく機能停止に陥った際の映像が頭を去ることはない。

いくつか写して9分の滞在で去る。


仙台中心地に高層ビル群が固まっている。
車窓を眺める今、仙台の空を目撃したような気分でいる。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号国道‐道の駅あだち 最後の朝は本格的

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その3-周参見、椿、白浜、紀伊田辺(紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・周参見駅、椿駅、白浜駅、紀伊田辺駅(紀勢本線) 19:12 周参見(

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日 2006・2・11 いわき東急イン618号室 出発は遅れた。 2

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・谷田川駅、磐城石川駅、磐城塙駅、常陸大子駅、玉川村駅、常陸大宮駅、上

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出発が遅く

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その2-中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢湾フェリー)

鉄旅日記2018年12月24日・・・中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日・・・鬼怒川温泉駅、東武ワールドスクウェア駅、上今市駅、今市駅、下今市駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その2‐大館、大鰐温泉、大鰐、中央弘前、弘前(奥羽本線/弘南鉄道大鰐線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・大館駅、大鰐温泉駅、大鰐駅、中央弘前駅、弘前駅(奥羽本線/弘南鉄道

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日・・・国立駅、高尾駅、宮田駅、伊那八幡駅、三河東郷駅、新城駅、三河一宮駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2・・・神志山駅、賀田駅、九鬼駅、相賀駅、紀伊長島駅、多気駅、名古屋駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑