*

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その2-吉原、岳南江尾、本吉原、吉原本町、吉原、富士川、新蒲原、西焼津、新豊橋、三河田原(岳南電車岳南線/東海道本線/豊橋鉄道渥美線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月15日
8:48 吉原(よしわら)駅(東海道本線/岳南電車岳南線 静岡県)
東海道本線で吉原駅に降りると、これまた古色な岳南電車駅が跨線橋を渡った先に見える。

日本夜景遺産に認定された岳南電車。
古めかしい工場地帯を走り、吉原本町を除いたすべてが無人駅で、すべての駅から富士山が見えるという。

工場脇にある改札はおそらく開業当時のままで、切符切りが陣どった鉄枠が残されている。

主な乗客は工場労働者なのだろう。
土曜日の朝、本吉原を過ぎるとオレを含めて乗客は3名になった。

車窓から町は見えず、工場と団地と空地の中を終点駅に向かっている。

9:15 岳南江尾(がくなんえのお)駅(岳南電車岳南線 静岡県)
東海道新幹線の高架が聳える終着駅前には何もなく、味のある駅舎とホームに並んだ色違いの客車を写して、到着してから5分後に発車する緑色の列車に乗り込む。

人の姿も鉄道作業員の他には見かけず、土曜日の雨にあたりは静まり返っていた。


9:33 本吉原(ほんよしわら)駅(岳南電車岳南線 静岡県)にて

9:55 吉原本町(よしわらほんちょう)駅(岳南電車岳南線 静岡県)
岳南電車の駅はどれも味わい深かった。

工場脇の本吉原には唯一駅舎がなく、煙突から吐き出される煙を間近に見て傘を広げ、徒歩約5分。
吉原本町駅はそんな距離にある。

駅前通りは吉原本町通りと呼ばれ、アーケードが設置されている。

ビールは売っていないかと歩けば1分で7ELEVEN。
店員が進めてくれたバームクーヘンも購入して開けっ広げの駅で雨の音を聞く。

静岡は冬も暖かいのだと、ただ漠然と思う。

10:10 吉原(よしわら)駅(東海道本線/岳南電車岳南線 静岡県)
岳南電車の旅は終了。

時に、車内の灯を消して夜景を楽しむ列車を運行するとのこと。

工場群に富士山。
富士山の夜景は御来光を求める登山者が放つ光が数珠つなぎに見えて、富士山の輪郭すら浮き上がらせる。

岳南電車駅を出て狭い路地を歩き、工場群の煙突から上がる煙を眺めて足早に駅舎に身を入れる。
冷たい雨じゃないが、用心が必要な雨だ。

駅前には何もなかった。

10:38 富士川(ふじかわ)駅(東海道本線 静岡県)
大河富士川はすでに渡り終えている。
ここで思うことはいつも変わらない。

かつて1号国道から眺めた富士川上空に上がったお月さま。
富士川を挟んで源氏軍と対陣していた平家軍は、水鳥の大群の飛び立つ音に驚き、潰走。

丘陵地帯が太平洋へと迫りくる狭い土地に集落が開け、視界には緑が濃い。

駅前に関所跡によく見られる棒柱が2本立っている。
何事の跡かと近寄ってみれば単なるオブジェらしい。
周辺地図にはキウイパークと記されていた。

10:56 新蒲原(しんかんばら)駅(東海道本線 静岡県)
箱根、三島、沼津、原、吉原とたどり東海道15番目の宿場蒲原。

駅前広場には桜えび漁に出ていたさくら丸が象徴として鎮座している。

太平洋の気配がしてきたが、駅前から見えるのは大型スーパーにマンション、鋸屋根の工場、凄絶な姿を晒す廃屋が2軒。

「義経の硯水」なる旧跡がある。
富士川合戦から源頼朝との対面へと至る頃の言い伝えであろう。

11:58 西焼津(にしやいづ)駅(東海道本線 静岡県)
静岡で島田行に乗り継ぐ。

ヤマトタケル東征伝に登場する焼津。
火攻めをかけられた故事にちなんだ地名だ。

駅前には一軒の居酒屋の他には何もなく、広い曇り空の下で遠くに新幹線の高架が見える。
細かい雨は降り続き、なすこともなく駅に戻る。

11分後にやってくる浜松行に乗る。

13:43 新豊橋(しんとよはし)駅(豊橋鉄道渥美線 愛知県)
浜松で乗り継ぎ、豊橋行に乗る。

豊橋鉄道渥美線の始発駅新豊橋まで線路沿いに徒歩3分。
エスカレーターを下りて見上げた豊橋の街は大きく、また賑わっていた。

初めて豊橋に下りたのはもう10年以上前。
今じゃ何食わぬ顔で通りすぎているけど、当時も街の大きさに驚き、路面電車が走っていることに感動して、軌道に沿ってしばらく歩いたものだった。

市内線には後で乗りにいく。
今は渥美半島に向かっている。

14:31 三河田原(みかわたわら)駅(豊橋鉄道渥美線 愛知県)
新豊橋を出た単線を走る列車。

JR線路を跨ぐや延々と民家の中を走り、やがて視界が開け、半島の中に平野を見るような景観に出くわす。

海辺が遠望できて多くの風力発電機が回っている。

3両編成の列車は混雑することなく約35分で終着駅へ。

雨は上がっていた。
田原は町のようだが全貌を知ることなく12分後に出る折り返しの列車で離れた。

城跡があるようだ。

三河の空は広く、車窓風景に特筆すべきものは見いだせなかった。

関連記事

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その3-佐和、友部、下館、騰波ノ江、下妻、石下(常磐線/水戸線/関東鉄道常総線)

鉄旅日記2018年4月25日 17:55 佐和(さわ)駅(常磐線 茨城県) 愛しきものの

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

鉄旅日記2018年9月16日 2018・9・16 6:10 桑名(くわな)駅(関西本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その2-大垣、名古屋、金城ふ頭、豊橋、磐田、焼津(東海道本線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)

鉄旅日記2018年9月16日 13:09 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

車旅日記1998年5月1日 1998・5・1 11:53 東京町田 出発を前にして空が晴

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その1-市川塩浜、五井、上総牛久、馬立、上総鶴舞、里見(京葉線/外房線/小湊鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日 2018・9・23 7・06 市川塩浜(いちかわしおはま)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その1-越前大野、南今庄、敦賀、武並(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2018年10月7日 2018・10・7 6:40 越前大野(えちぜんおおの)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日 2018・4・25 6:25 取手(とりで)駅(常磐線/関東

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑