*

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月15日
2018・9・15 4:25 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
しっかりと眠れた9月の夜。
毎朝唱える言霊を愛しきものとわが身に向けて。

そして心の恋人との昨日の接点を思い出している。

西日本豪雨の影響で計画は絶たれ、夏には旅に出なかった。
その前後から新たなビジネスを始め、今や暇を持て余すことなどない日常。

これでいい。
言霊は未来を向いている。

8年振りにこの町に戻って、じきに早半年。
この町にも暮らす部屋にも、どれほどいることになるのかと思っていた春を過ぎて、今はこの町とはずっと関わりを持ちたいと思っている。

江戸川堤は美しく、空は広く、時に龍が姿を見せる。

ジョギングで駆け抜けながら愛しきものの姿を思い浮かべる。
ベビーカーを下りた彼が河川敷を笑いながら駈けていく姿を思い浮かべる。
その行為は切なさを伴うが、幸せな気持ちにはなる。

心の恋人は柴又に縁を持っていて、オレの発信に懐かしげに反応してくれる。
やがて彼女と帝釈天参道を歩く日が訪れるだろう。

都心に向かう一番列車は松戸発北千住行き。
北千住に着いて、常磐線ホームへ古めかしい階段を上がる。

かつての上野駅に感じられた昭和がそこにある。
そんな昭和は来年の元号改正により、さらに古色をまとい人々の記憶の中で遠い存在になっていく。

日暮里で山手線に乗り換える。
きっちり目覚めた人たちや眠そうな人たち。
または飲み疲れた人たち。

この時間帯に子供を見かけることはなく、完全なる大人の世界。
こうして旅に出ると、年に数度この世界に身を置く。

そこで感じていた違和感の正体が分かった。
この早朝の世界には大人しかいないということ。

道理で退廃的だ。

5:23 新宿(しんじゅく)駅(山手線/中央本線/総武線/埼京線/成田エクスプレス/湘南新宿ライン/都営新宿線/都営大江戸線/小田急小田原線/京王線/京王新線/東京メトロ丸の内線 東京都)
新宿駅ホームにはあふれるばかりの人の群れ。
これが東京というイカれた都会の朝。

バスタ新宿開業により変貌した甲州街道沿いの風景にはまだ慣れていない。
それでもこの街でこんな時間帯にいれば、飲み疲れて朝を迎えた30年前を思い出す。
そしてオレも友達もよく歌った「大阪で生まれた女」がどこからともなく頭の中で流れ出す。

そう言えば、あの頃はまだ昭和だった。

小田急線に乗って新松田に向かっている。
急行列車の席は埋まっている。

6:55 新松田(しんまつだ)駅(小田急小田原線 神奈川県)にて

7:03 松田(まつだ)駅(御殿場線 神奈川県)
6:50新松田着。
小田急線でひとつ手前の渋沢駅を出ると急に山の気が漂いだした。
かつて何度か車で走った246号国道でも町から山への境は不意のことだったと思い出した。

この駅には31年前の夏に一度降りたことがある。

その年の春に卒業した高校の剣道部の合宿にOBとして参加するために重い防具を担いで、町田から新松田へ。
御殿場線に乗り換えて御殿場で降りて、バスで山中湖に向かった。

義務のように感じていて、あまり気乗りがしないというより、嫌々ながらひとりで向かった。
従ってたいして重要な記憶じゃないが、それでも31年後まで忘れずに生きてきたことになる。

もう嫌々ながら何かをするのはたくさんだ。

小田急線の駅そば「箱根そば」に懐かしさを感じ、小雨降る中を駅前を歩き、御殿場線ホームに上がる。

低い山々から雲が湧きたち幽気が漂う。
山など見えない町に暮らす身に、「オマエの根っこはこっちだろ」と教えてくれる。

もっとも教えられたところで、オレにはもう戻りたい場所などない。

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」8,480円を購入。
この二日間の旅で未乗車の7私鉄に乗る。

すでに国府津で東海道本線に乗り換え、小田原を過ぎ根府川の手前にさしかかり、車窓からは相模湾が見えている。

8:26 沼津(ぬまづ)駅(東海道本線/御殿場線 静岡県)
熱海で乗り継ぎ、沼津で5分の停車。
箱根を突き抜けて御殿場線と合流。

駅弁売場があるこの駅の格は変わらない。
かつては上りホームに「おでん屋」があり「駅そば」があった。

どちらにも一度寄ったことがあり、どちらも味はよく、特に駅そばの美味さはとても記憶に残っている。
その「駅そば」は健在だが、「おでん屋」はない。

「おでん屋」の女将は、富士山はこのあたりから眺めるのが一番いいと言っていた。
「富士宮あたりじゃ近すぎるよ」と。

駅のホームでほろ酔いになれた古きよき鉄道文化だった。

駅前風景は記憶の中より都会だった。

関連記事

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3 13:12 津島(つしま)駅(名鉄尾西線/名鉄津島線 愛

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日 2018・10・8  5:45  松本(まつもと)駅(篠ノ井

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その2-養老渓谷、上総中野、大多喜、国吉、大原(小湊鉄道/いすみ鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日 12:14 養老渓谷(ようろうけいこく)駅(小湊鉄道 千葉県

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑