*

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

公開日: : 最終更新日:2023/07/25 旅話, 旅話 2008年

鉄旅日記2008年5月5日・・・徳島駅、中田駅、旧小松島駅、南小松島駅、阿南駅、牟岐駅、海部駅、甲浦駅(牟岐線/安佐海岸鉄道)
2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島本線/鳴門線/牟岐線 徳島県)
弱い雨が降っている。
心地いい。
南国の雨はあたたかい。

眉山を仰いで、市内を流れる川の前で立ち止まる。
あるいはもう2度と来ることはないのかもしれない。
オレのことだから、分からないけれど。

徳島は2度目になる。
眉山口までは駅から徒歩10分。
あの山に登るのもいいだろう。

すでに牟岐線阿南行に乗っている。

8:09 中田(ちゅうでん)駅(牟岐線 徳島県)
徳島城址に気づき、眉山が右手に遠ざかり、この駅で雨が上がった。

上り線との行き違いでしばらく停車。
これといったものがあるわけじゃないが、こうした小さな駅に降りて高層アパートを見た経験はほとんど持たない。

煙草を2箱購入。

8:49 南小松島(みなみこまつしま)駅(牟岐線 徳島県)
南へ下る者がいない。
朝の阿波路はどこも閑散としている。

雨が上がり、駅へ急ぐと汗をかいた。
熱帯の5月を想う。

運河に沿って小松島市内を歩いた。

港の仕事は終わっていた。
街も閑散としていたが、伊豆のハトヤのような立派なホテルが建つ。

今年のセンバツにはこの街の少年たちが進出して、街からも多くの人々が淡路島を経由して明石へと上陸したのだろう。

小松島線の廃線跡は、サイクリングロードと公園として残っていた。

壁を剝がされて柱と屋根だけになってしまった旧小松島駅舎が、機関車と客車を従えて保存されていた。

誇るべきひとつの時代はその時に止まったが、あの場所にとっては風化していくことが新しくなることを意味する。
そこから思うように未来を想像できないことに感傷を覚える。

栄光と思えた過去に戻れない事情は誰もが均しく持つ。
切なくて、その歴史的な場所からしばらく離れられなかった。

港駅は跡形もなかった。

港でしか聞くことのない音、鳥の声、船の気配。
これまであまり縁は持たなかったが、ああした音が好きだ。

今日が旅のクライマックス。
乗り合わせた阿波娘の訛に耳を澄ます。

10:16 阿南(あなん)駅(牟岐線 徳島県)
弱い雨がまだ時折落ちる。

駅周辺のスナック街から一番街を抜け、桑野川に架かった鉄橋を望む。

角には待ち合わせるのに適した場所があった。
そう、阿波銀行の看板の下。

阿波九城のひとつ、白岐城址への階段を上る。
かつて細川、三好と国主が変わる中でも勢力を維持して、土佐の長曾我部元親の侵攻にも屈しなかった男が愛した堅城は、恋人の聖地として生まれ変わり、今も街を見下ろしている。


徳島は江戸期を通じて蜂須賀家が治め、江戸時代の一国一城政策によって堅城は取り壊されたが、阿南は徳島に次ぐ繁栄を誇ったという。

駅に戻る途中の喫茶店で、ゆずだかカボスだかの炭酸ジュースを頼んで、さして面白くもない街角を眺めていた。
息子夫婦の運転する車に乗ってきたご婦人が、店主に孫を紹介している。

彼女に便りを入れようかと思ったが、サッカー仲間に送る方を選んだ。
今さらだが、今日は参加できないと。

阿南は那賀川を渡った先に開けた街で、なかなか素敵だった。

宮脇俊三さんは、これから往く車窓風景は退屈だと記した。
でもそんなことは言わずにいこう。

桑野の手前で廃線跡のような鉄橋が線路を跨いで架かり、右手には阿波の低い山並が続いている。
向かいに座っていた清楚な阿波美人が降りてしまった。

12:00 牟岐(むぎ)駅(牟岐線 徳島県)
海部に向かう列車は特急「むろと」の客車を使用している。
かつての国鉄の夢が詰まった名だ。

清流日和佐川を眺め、日和佐の町へ。
立派な山城が見えて、多くの客が降りた。

雲が重層をなし、時折の雨は止まない。

そして「夢と緑と黒潮の町」牟岐。

牟岐川の河口にあたる漁師町。
中央商店街にめぼしいものはなかったが、食事はできる。


南国の列車は終点に近づいていく。

途中、弘法大師と二人連れ「同行二人」の杖をついた巡礼者が乗ってきて、すぐに小さな駅で降りていった。

12:30 海部(かいふ)駅(牟岐線/安佐海岸鉄道 徳島県)
JRの終着駅であり、安佐海岸鉄道の始発駅でもある駅は、無人駅だった。

困ったような気持ちでいるが、これが夢の果て。

オレだけを乗せて、聞き慣れない名の鉄道は甲浦に向けて走り出した。

風景は素晴らしい。
川が海に注ぐように、最果ての町を目指している。

12:59 甲浦(かんのうら)駅(安佐海岸鉄道 高知県)
感動がある。

何もないところで唐突とも言える格好で終着駅にされた駅だったが、線路を延ばす限界がここだったのだろう。

当初の計画はどうだったのだろう。
興味はあるが、現状に文句を言うつもりはない。

室戸岬へは、鉄道を延ばせなかった代わりにバスが通じている。

途中の宍喰駅にはエレベーターがあった。
新興鉄道の奮闘の様を見た。

大きな学校に、古い町並。
満足した気持ちでいるのは、そうしたありふれて見えるようなものでも、それがそこで見たかった風景だったのだろう。

安佐海岸鉄道の未来を支持する。

関連記事

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その3-周参見、椿、白浜、紀伊田辺(紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・周参見駅、椿駅、白浜駅、紀伊田辺駅(紀勢本線) 19:12 周参見

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2・・・山田上口駅、宮川駅、川添駅、伊勢柏崎駅、尾鷲駅、新鹿駅、熊野市

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その1-人吉駅、一勝地駅、球泉洞駅、佐敷駅、上田浦駅、千丁駅、有佐駅、不知火‐道の駅

車旅日記2005年2月13日 2005・2・13 9:01 人吉駅 町に濃い霧が立ち込めている。

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その1-金町、三島、修善寺、蒲原、島田(常磐線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・金町駅、三島駅、修善寺駅、蒲原駅、島田駅(常磐線/東海道本線/伊豆

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】2日目(札幌-旭川-網走-北見)走行距離431㎞ -岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、網走駅、北見東急イン

鉄旅日記2003年8月14日 2003・8・14 10:23 岩見沢駅(8月13日の函館空港より5

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

車旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その後、元気

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日・・・鬼怒川温泉駅、東武ワールドスクウェア駅、上今市駅、今市駅、下今市駅

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その1-富良野、滝川、岩見沢、白石、新札幌、北広島、恵庭、千歳、新千歳空港(根室本線/函館本線/千歳線/石勝線)

鉄旅日記2016年8月13日・・・富良野駅、滝川駅、岩見沢駅、白石駅、新札幌駅、北広島駅、恵庭駅、千

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その2-村崎野、六原、盛岡、八戸、野辺地、下北(東北本線、いわて銀河鉄道線、大湊線)

鉄旅日記2016年3月19日その2・・・村崎野駅、六原駅、盛岡駅、八戸駅、野辺地駅、下北駅(東北本線

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑