*

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】2日目(名古屋-塩尻-小淵沢-小諸-中軽井沢)-名古屋、高蔵寺、多治見、中津川、木曽平沢、塩尻、小淵沢、中込、小諸、中軽井沢(中央本線/小海線/しなの鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/05/20 旅話, 旅話 2005年

鉄旅日記2005年11月6日・・・名古屋駅、高蔵寺駅、多治見駅、中津川駅、木曽平沢駅、塩尻駅、小淵沢駅、中込駅、小諸駅、中軽井沢駅(中央本線/小海線/しなの鉄道)

2005・11・6 小諸グランドキャッスルホテル402号
名古屋栄のお寺の鐘が鳴ったんだ。
7:00だったよ。
ご住職の平和の祈りが街に響く。
もう一度だけ名古屋のシンボルでもあるテレビ塔を眺めようと振り返った時だった。

街はまだ眠っていた。
名古屋駅までは徒歩約30分。
長距離の切符を求める列は長かった。

クリスマスの用意は整っていた。
でもツリーへの点火はまだ見送られている。
昨夜はそうだった。

京都駅を越える巨大な駅を造った名古屋。
並んでいたあのツリーたちも、おそらくあの京都駅の巨大ツリーを意識してのことだろう。
とにかく大きな街だ。
盛大なる聖夜が訪れることを余所者ながら祈る。

高蔵寺、多治見、中津川、南木曽、木曽平沢、塩尻、小淵沢、中込、小諸、中軽井沢。
素晴らしい道程だった。

千種、春日井を抜けて、名古屋の北の果てを知り、高蔵寺駅の地下道で何事かを想う。

高蔵寺を出るとトンネルに入り、抜けると見事な渓谷に沿って秘境駅が2つ。
その渓谷を過ぎて現れた陶都、多治見。

2019年3月24日撮影

中津川でもよく歩いた。

2017年8月14日撮影

煙り立つ木曽路では浮かれた。
秋の紅はひたすらに美しかった。
南木曽と木曽平沢で一時停車。
駅から見下ろす木曽谷の裾に展開する村は、曇り空の下がやけに似合っていた。

塩尻駅前は閑散としていた。
ここで美味い蕎麦にありつく。
駅のホームで煙草の火をなかなかつけられずにいると、ジッポの火を差し出してくれた紳士と出会う。
何を売り歩いているのかは聞かなかったが、信濃中を回っているらしい。

2018年2月10日撮影

上諏訪でも若干の停車があった。
思い出の街だ。
いくつもの記憶が去来する。

そして若干の甲斐路。
小淵沢に到着する直前に黒い鉄道橋を見た。
あれは廃線なのか。
それとも乗り換えた先で渡る橋なのか。
10数分後に小諸に向けて走る列車に乗ったが、あの橋は渡らなかった。

2018年4月8日撮影

13:22に出るその列車に乗らなければ、軽井沢での式には間に合わなかった。
鉄道で旅するには、計画性を持つことが必要であることをその時初めて知った。

霧雨に煙った小淵沢。
昼下がりだが、まるで夕暮れの情景だ。
しっかりとした冬が毎年決まって訪れる土地の秋の寒い一日は、一足早く冬をまとう。

2008年8月14日撮影

大鉄道駅としての構内を持つ小淵沢駅の寂しい駅前風景と賑わう土産物屋を記憶に刻み込んで、少しだけ身を屈めながら小海線に乗った。
風景が素晴らしい。
はじめは団体客が多くて閉口したが、彼等は清里で降りていった。

JR最高地点の標識が立つ野辺山までディーゼルカーは喘ぐように登っていく。
その標識はオレも目にすることができた。
軽井沢に着いて、こっちの人々に小海線で来たと言ったら驚いていたものだ。

2012年12月9日撮影

中込はなかなか素敵な町だった。
駅周辺には、「ここらにはいい高原があるよ」と示すような清潔な静けさと町並がある。
雨はすでに落ちている。

2012年12月9日撮影

佐久平で未来と遭遇し、やがて信越本線と並走する。

小諸駅で嗅いだ匂いはかつてのオレが知っている懐かしい故郷の匂いだった。
美しい女性鉄道員とすれ違って、しなの鉄道へ。
第三セクターになっても信越本線がまとう旅情に変わりがあるわけじゃない。

中軽井沢駅に着くと雨は本降りになっている。
親切な駅員に懇切な道順を聞いたけど、結局はタクシーを使うことにした。
あの雨はオレの鞄に収まっている傘じゃ心許ない。
式が終わって、帰りに小諸行の列車を待つのに適した店はあるだろうかとあたりを見渡す。

会場に着くと兄を見つけて二言三言。
受付を済まして水割を飲んでいると従兄弟が加わり、場に色がついた。
やがて今夜の主役の従兄弟が登場する。
親族との再会の場を提供してくれた彼に感謝して、男ぶりを誉めて、気持ちよく酔った。

雨が降っている。
なかなかの降りだ。
小諸の街並の白く見える部分に雪を感じる。
ほどなくして寒くなる街だ。

小諸は懐かしく、さっきまで浸かっていた湯はあたたかく、幸せな気持ちでいる。
地元の放送局が流すラジオ番組は退屈じゃない。
もうビールを飲むのはよそう。

明日は小諸を歩く。
遠い日の記憶に残っている夏祭り。
あれはきっと、小諸での出来事だったのだろうと思いながら歩くだろう。

信濃人の末裔であることに誇りを感じている自身に気づいている。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

車旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。 あれ

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その2-上総興津、安房小湊、安房天津、安房鴨川、和田浦、九重、若井、竹岡、上総湊、佐貫町、青堀、稲毛海岸、新習志野(外房線、内房線、京葉線)

鉄旅日記2013年3月9日その2・・・上総興津駅、安房小湊駅、安房天津駅、安房鴨川駅、和田浦駅、九重

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

車旅日記2003年11月25日・・・京都御所、宇治川公園、京都駅 2003・11・25 10:57

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その2-深川、増毛、留萌、北一已、深川、旭川、美瑛、千代ヶ丘、富良野(留萌本線/函館本線/富良野線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・深川駅、増毛駅、留萌駅、北一已駅、深川駅、旭川駅、美瑛駅、千代ヶ丘

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その2-吉野口、高田、畝傍、桜井、柳本(和歌山線/桜井線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・吉野口駅、高田駅、畝傍駅、桜井駅、柳本駅(和歌山線/桜井線) 10:

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その3‐白石、郡山、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・白石駅、郡山駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線) 15:49 白石(し

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日・・・高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑