*

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/05/10 旅話, 旅話 2008年

鉄旅日記2008年7月20日・・・和歌山市駅、和歌山駅、海南駅、西御坊駅、御坊駅、紀伊田辺駅、白浜駅(紀勢本線/紀州鉄道)
2008・7・20 7:51 和歌山市(わかやまし)駅(紀勢本線/南海電鉄本線/南海電鉄和歌山港線 和歌山県)
去年2月のやり残しを済ませた気分でいる。

ようやく和歌山という街を理解できた。

お堀端では蝉の声がシャワーのように降ってくる。
夏も始まっている。

南海電鉄の総本山、和歌山市駅。
JRは間借りをしているような存在として映る。

地元のかわいらしい中学生たちと乗り込み和歌山へ。

紀勢本線の旅、開始。

8:02 和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/阪和線/和歌山線/和歌山電鉄 和歌山県
オッサンやオバチャンに話しかけられた女子中学生たちが、きちんと人の話を聞きながらコロコロと笑っている。

あれが人が作る世界。
このあたりじゃ日常なのだろう。

自然と顔がほころぶ。

どこらあたりで南海が見えてくるのだろう。

8:46 海南(かいなん)駅(紀勢本線 和歌山県)
蝉の声は昨日より大きい。
風は涼しい。

港が近い。
工場の煙突が見える。

南の爽やかな街に降りた。

一番街を海に向かって。
街はすぐに尽きた。

蝉の声が降る青空を写した。

電車を待つ紀州人は一様にぐったりしている。
東京の異常な暑さと日々闘っているオレの方が、紀州人より暑さに対する抵抗力があるのかもしれない。

やってきた電車は混んでいる。

あのトンネルを抜けると海が見えるのかもしれない。

マリンシティが見えた。
海だ。

10:11 西御坊(にしごぼう)駅(紀州鉄道 和歌山県)
紀州鉄道が往く。
街中を走り、線路は日高川で尽きる。

乗らないわけにはいかない。
オレにできることはこれだけ。

西国の日差しが照りつけている。
人通りのない閑散とした商店街に気怠い歌謡曲が流れている。

掘っ立て小屋のような、この終着駅を気に入っている。
きっと創業当時からのものだろう。
煙草も吸える。

御坊までは4駅。
冷房のない車内の窓は開け放たれ、夏の風が入ってくる。

暑いけど気持ちいいよ。

10:36 御坊(ごぼう)駅(紀勢本線/紀州鉄道 和歌山県)
熊野古道が続く海南から蜜柑畑を見て、巨大な製油工場を過ぎて、また有田蜜柑畑。

有田川に沿って上ったこともあった。
思い出の地と言っていい。

いい風だ。
こんな風は東京じゃ吹かない。

気持ちよくビールを飲んでいる。
田圃の穂が風に揺れている。

日高川に面して発展した御坊。
この駅は街の玄関で、「駅そば」もあれば駅弁も売っている。

紀州鉄道は頑張っているなぁ。
オレをここまで運んできた列車は、あれからまた西御坊に向けて発車して、今また戻ってきた。
あの健気な姿がオレを御坊で下した。

風に稲穂が揺れる様が美しく、見惚れている。

紀伊田辺行がやってきた。

冷房車がうれしい。
駅の待合室にも冷房機が置かれていた。

南国を実感する。

12:51 紀伊田辺(きいたなべ)駅(紀勢本線 和歌山県)
世界標準観光都市を謳う田辺市。

熊野古道に温泉。
近くにはあの美しい白浜もある。

駅を降りて、街は栄えている。
駅前商店街に敗色は見られない。

田辺は武蔵坊弁慶を生み、駅前に薙刀を構えた銅像が立つ。

扇浜まで一往復。
海水浴場は賑わっていたよ。

紀州娘の水着姿でも拝めたらうれしいと思いもしたが、そうした姿はなく、代わりに肌を露わにした娘たちが新宮行に乗り込んではしゃいでいる。

いいよ。
夏らしくていい。
開放的でいるべきだ。
きっと白浜あたりで降りていくのだろう。

奈良では欧米系の外人をよく見かけたが、このあたりじゃアジア系。
経緯はよく分からない。

恋人からメールが届いた。

13:19 白浜(しらはま)駅(紀勢本線 和歌山県)
特急通過待ちで8分停車。
アロハシャツを着た駅員が行き交い、夏の装いの若者たちが降りていった。

あたりは華やぎ、白浜が第一級の観光地であることが分かる。

まだ車内ではしゃいでいるのがいるが、彼等はどこまで行くのか。

夏、海水浴場に行っていた頃の雰囲気を思い出したよ。

オレにもそんな時代があって、もはや返らぬ頃だが、そんな時代を持ててよかったと思ってる。

関連記事

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その3‐岩峅寺、立山、電鉄富山、富山(富山地方鉄道立山線/富山地方鉄道不二越・上滝線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・岩峅寺駅、立山駅、電鉄富山駅、富山駅(富山地方鉄道立山線/富山地方

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1・・・魚津駅、生地駅、黒部駅、電鉄黒部駅、泊駅、親不知駅、越中宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その3-神島にて・・・八代神社、神島灯台、監的哨、ニワの浜、神島山海荘あじさい

鉄旅日記2018年12月23日・・・八代神社、神島灯台、監的哨、ニワの浜、神島山海荘あじさい 14:

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の佐賀空港

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その2-久田野、新白河、豊原、白坂、黒磯、西那須野、那須塩原、矢板(東北本線)

鉄旅日記2016年3月21日その2・・・久田野駅、新白河駅、豊原駅、白坂駅、黒磯駅、西那須野駅、那須

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その2-滝原、三野瀬、尾鷲、宇久井、田並(紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・滝原駅、三野瀬駅、尾鷲駅、宇久井駅、田並駅(紀勢本線) 14:14

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

車旅日記2006年5月3日・・・末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイー

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・松本駅、辰野駅、北殿駅、伊那市駅、伊那福岡駅、伊那本郷駅、上片桐駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑