*

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その2-畝傍、高田、大和高田、近鉄郡山、郡山、王寺、五条、和歌山(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/10 旅話, 旅話 2008年

鉄旅日記2008年7月19日・・・畝傍駅、高田駅、大和高田駅、近鉄郡山駅、郡山駅、王寺駅、五条駅、和歌山駅(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)
15:03 畝傍(うねび)駅(桜井線 奈良県)
歴史的な駅舎がある。


町が見える。
街道に面しているのか車通りが多い。

畝傍山、香具山。
富士山型のが畝傍山。
麓までと思ったが、小川が流れる涼しい場所で引き返した。


想像以上に町は大きく、近鉄沿線にある橿原神宮にJR駅から行くなら、ここで降りるようだ。

畝傍山も香具山も神性をまとい、太古の人々は礼拝の対象にしていたが、現在にその思いは引き継がれているのだろうか。

大きな構内には集積所が設けられている。
運ばれるのは木材か。

畝傍山が遠ざかる。

15:25 高田(たかだ)駅(桜井線/和歌山線 奈良県)にて

15:40 大和高田(やまとたかだ)駅(近鉄大阪線 奈良県)
JRから近鉄へ。
目指すは郡山。

交通の要衝高田は、郊外都市やベッドタウンといった表現が当てはまるような典型的な姿をしている。
古都にまつわる神的な要素は隠され、中層マンションや高圧電線塔が目立つ。

近鉄沿線の風景はJRとはずいぶん違い、郊外の風情。

大和八木に着く。
JRを外れると、どこの町でも不案内になる。

しかしこの大和八木は巨大なターミナル駅だ。

16:26 近鉄郡山(きんてつこおりやま)駅(近鉄橿原線 奈良県)にて

16:48 郡山(こおりやま)駅(関西本線 奈良県)
わっしょいの掛け声と太鼓の音が止んだ。
子供を中心にした祭の一団のパフォーマンス。

大和大納言豊臣秀長の100万石の城下町を近鉄からJRへと歩く。

JR周辺は集合住宅ばかりが目立つ。

江戸時代は天領だったか。

歴史の表舞台から消えて、目の前を豊かな田園が行き過ぎる。

駐輪場のおじさんも好人物。

17:26 王寺(おうじ)駅(関西本線/和歌山線 奈良県)
王寺機関区を擁する大鉄道駅に着いた。

ここを最初に通ったのは何年前のことになるのか。
当時はこのあたりを知る由もない。

王寺に一歩を記した。
そうした感慨がある。

賑わいを見せているのは駅周辺だけのようだ。
遠くに生駒山を望む。

関西私鉄の雄、近鉄は王寺から2本の線を敷いているが、地理をうまくつかめない。

不思議だが、一日中こうして関西地区をうろついていると、オレが東京から来た男などではなく、元々こっちの人間に思えてくる。

人々が人懐こいのだろう。

18:48 五条(ごじょう)駅(和歌山線 奈良県)
素朴な夕焼け空を眺めている。

ホームには吉野川祭の提灯が揺れている。

学生たちは高田方面に向かう列車に乗り込み、和歌山行を待つ姿は少ない。

すでに過ぎ去った吉野口では多くの乗降があった。
あの旅情あふれる駅も懐かしい。

高田を過ぎると「ICOCA」は使えず、この駅は自動改札への移行も遅れている。

素朴な街だ。

天誅組に襲われた代官所跡や吉野川を見たかったが、足を痛めた。

今日もいい旅だった。

23:05 和歌山東急イン436号
闇の中の和歌山線沿線を描写することはできない。

かつて寄った橋本駅で長く停車している間に眠ってしまい、目覚めてから見た風景は、闇の中のわずかな灯であり続けた。

和歌山駅の改札を抜けた風景には見覚えがあった。
あのスナック街の明かりに覚えがあった。

美味い和歌山ラーメンを食わせる駅前の店に入る。

ご主人もおかみさんも好人物で、先客としてきていた少年たちに、「和歌山商業のにーさんたちかい」と笑顔で話しかけ、会話は続いている。

少年たちも煙たがったりしない。

何より彼等は学校名が入ったジャージやTシャツを堂々と来ている。
そこが違う。

オレは20年以上前の高校生だが、着ていたジャージに学校名や剣道部などとは入っていなかった。

彼等はきっと立派な大人へと育つだろう。

ホテルはお堀端にある。
確かめて、歩き始める。

和歌山城のライトアップは22時に終了した。

夕暮れの音楽が流れていた。
「今日も陽は落ちて」。

音楽が鳴りやんだら灯が落ちた。

徳川吉宗と徳川家茂。
かつて天下人を二人輩出した街の象徴が、今もお城であることが素晴らしい。

それが歴史を持つ街というものだろう。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・田川後藤寺駅、糸田駅、糒駅、金田駅、門司港駅、厚狭駅、湯ノ峠

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2・・・山田上口駅、宮川駅、川添駅、伊勢柏崎駅、尾鷲駅、新鹿駅、熊野市

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日・・・北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏 【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】4日目(岩見沢-羽後本荘)-岩見沢、札幌、銭函、小樽、倶知安、蘭越、長万部、中ノ沢、五稜郭、上磯、釜谷(函館本線、江差線)

鉄旅日記2012年8月14日・・・岩見沢駅、札幌駅、銭函駅、小樽駅、倶知安駅、蘭越駅、長万部駅、中ノ

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その1-指宿、枕崎、入野、開聞、山川、喜入、瀬々串、慈眼寺、南鹿児島、郡元(指宿枕崎線)

鉄旅日記2015年8月14日その1・・・指宿駅、枕崎駅、入野駅、開聞駅、山川駅、喜入駅、瀬々串駅、慈

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その2-電鉄出雲市、川跡、旧大社駅、出雲大社前、雲州平田、松江しんじ湖温泉、松江、乃木、東松江、玉造温泉、揖屋、荒島、米子(一畑電車北松江線/一畑電車大社線/山陰本線)

鉄旅日記2014年8月15日その2・・・電鉄出雲市駅、川跡駅、旧大社駅、出雲大社前駅、雲州平田駅、松

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その1-長崎ニューポート、島原駅、沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地)、大村駅、千綿駅、高橋駅

車旅日記2004年8月15日・・・長崎ニューポート、島原駅、沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地)、大村

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その1-JR難波、八尾、奈良、笠置、伊賀上野、上野市、伊賀神戸、伊勢中川、近鉄長島、長島(関西本線/伊賀鉄道/近鉄大阪線/近鉄名古屋線)

鉄旅日記2017年3月20日・・・JR難波駅、八尾駅、奈良駅、笠置駅、伊賀上野駅、上野市駅、伊賀神戸

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑