*

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-女川-仙台-東京)その1-新庄、最上、鳴子温泉、岩出山、北浦、小牛田、鹿又、石巻(陸羽東線/石巻線)

公開日: : 旅話 * 結婚前2009年

鉄旅日記2009年10月11日
2009・10・11 5:53 新庄(しんじょう)駅(山形新幹線/奥羽本線/陸羽東線/陸羽西線 山形県)
素晴らしい朝。
新しい朝だ。
仮にこの旅に何らかの瑕疵があるとするならば、そのすべてが雲散霧消するような朝。
奥羽の山並にはそういう効能がある。

「あけぼの町」は昨夜から静まりかえっていたが、それでも祭りの後の寂しさはあり、カラスが啄む。

時に汽笛がぽっと聞こえる。
ここも有数の鉄道の町と言える。
宮脇俊三さんが書いていた「駅そば」はもうないが、終着駅の貫禄が漂う駅構内だった。

鳴子温泉行は発車。
そして次の南新庄に着く。
奥羽本線とはまだ寄り添っている。

2012年8月15日撮影

新庄にて

6:41 最上(もがみ)駅(陸羽東線 山形県)
稲田は輝き、幽谷に靄が立つ。
雨上がりの道もまた輝き、素晴らしい一日が訪れていることを知る。

瀬見温泉、赤倉温泉を有する最上町。

義経弁慶から芭蕉が辿った道。

ここで数分の停車。
タクシー会社が目についた駅前は、とても小さな観光町だった。


7:14 鳴子温泉(なるこおんせん)駅(陸羽東線 宮城県)
中山平温泉から鳴子峡へ。
鳴子峡とはトンネルを抜けた先の一瞬の再会だった。

そして、かつて東北のベースキャンプにしていた鳴子駅と温泉街とも再会。

古川方面からやってきた高校生たちが、狭いホームに溢れんばかりの勢いで、新庄へと折り返していくこの列車の到着を待ち構えていた。

降りたら硫黄の匂いが鼻を刺激する。
すべてが懐かしい。
何度も訪れ、笑い、歩き、駅前のポストに用があったこともある。

そんな思い出の町に、今度は列車に乗って再訪できたことがうれしい。
すべてを覚えていたけれど、すべてが新鮮だった。

小牛田行はすでに発車していて、鳴子御殿湯を過ぎて、川渡温泉に着く。

鳴子温泉駅前風景

7:45 岩出山(いわでやま)駅(陸羽東線 宮城県)
ひとつ手前の有備館とあわせて、奥州の小京都を謳う伊達政宗所縁の地。
ここで数分の停車。

かつて何度も車を走らせた追憶のルート47号国道は、駅前から外れているため、この駅に寄る機会を持たなかったが、馴染みの地だ。

列車は西大崎を過ぎて、東大崎に着く。
伊達政宗が扇動したと言われる葛西大崎一揆が起きた地で、鎮圧後彼は米沢から岩出山への移動を命じられた。

日曜日の列車はとても空いている。

8:16 北浦(きたうら)駅(陸羽東線 宮城県)
列車の遅れで思わぬ数分の停車。
ススキの原に列車は止まっている。

瀬見温泉、赤倉温泉、中山平温泉、鳴子温泉、川渡温泉と続いた陸羽東線温泉ラインも次の小牛田で終わる。

8:35 小牛田(こごた)駅(東北本線/陸羽東線/石巻線 宮城県)
鉄道の町だ。
古くから陰陽を結ぶ交通の要衝だったのだろう。

ここを通る列車は東西上下とも、大抵ここで一旦役目を終える。
ただ、外に出ると何もないと言いたくなるほど、目につくものは少ない。
歴史を持ちそうな旅館が数軒に、焼鳥屋とスナックが入居したバラック小屋。

駅前通りには水路が設けられ、流れは清い。

この駅にはかつて仲間と立ち寄ったことがあるが、小牛田という地名は当時聞いたことがなかった。
鉄道で旅をしない限り、その名を知る機会はないだろう。

ターミナル駅だが、全国チェーンのホテルの進出は見られない。
備後落合駅などの、よほどの山間のターミナル駅でもない限り、そんな駅は稀なのではないか。

石巻に向かう列車は田園地帯を走っている。
このあたりの空は広い。

何のイベントかは知らないが、揃いのジャンパーを着た人々が走ったり、号令を聞いたりしている。

刈り入れを終えた田には、蓑でできた人形が並び、中には4、5人から成る大軍団もいる。

2018年11月3日撮影

9:07 鹿又(かのまた)駅(石巻線 宮城県)
遠くに白煙を上げる工場の煙突が見える。
あれが石巻か。
あと2駅の距離になる。

ここで5分の停車。
駅前にはタクシーが1台停まり、石巻の市民会館で開催される演歌興行のポスターが貼られていた。

9:48 石巻(いしのまき)駅(石巻線/仙石線 宮城県)
立町大通りから橋通り、寿町通りまでを歩く。

かつて車を走らせた繁華街は、きっとあのあたりだったのだろう。
あともう少し歩けば旧北上川まで出ることができたわけか。

この街に全国チェーンのホテルの進出が見られないのは意外で、「駅そば」がないのも意外だ。

宮脇俊三さんの本で駅舎が2つあると聞いていたが、2つの建物が並んでいるように見えるのがそうなのだろうか。
一方は使用されているようには見えず、入口もない。
あるいは30年前の事情は、どこかで清算されたのかもしれない。

3年前の5月に訪ねた石巻。
あの旅を終えてから何の気なしに彼女の店に行ったことから、現在のオレの事情がある。
そんなことを思いながら駅のカフェで、何の催しで流れているのか知らないが、映画「インディージョーンズ」のテーマ曲を聴いている。

女川行にはそこそこの人数が乗った。
朝からカメラをぶら下げた男たちをよく見てきたが、彼等は石巻を出て次の陸前稲井駅で降りた。
彼等はそこで1時間後に到着する特別列車を待つようだ。

2016年3月21日撮影

関連記事

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-伊万里-唐津-若松)その1-松浦、有田、伊万里、唐津、筑前前原、姪浜、天神、西鉄福岡、博多(松浦鉄道/筑肥線/福岡市地下鉄空港線)

鉄旅日記2009年9月22日 2009・9・22 6:44 松浦(まつうら)駅(松浦鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日 琴電琴平(ことでんことひら)駅(琴平電鉄琴平線 香川県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】最終日(長岡-東京)-長岡、東三条、吉田、新潟、新津、会津若松、郡山、磐城石川、磐城塙、玉川村、常陸大宮、金町(信越本線/弥彦線/越後線/磐越西線/水郡線/常磐線)

鉄旅日記2009年7月20日 2009・7・20 6:23 長岡(ながおか)駅(上越新幹線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】2日目(三ノ宮-琴電琴平)-三ノ宮、元町、和田岬、兵庫、須磨、西明石、加古川、網干、上郡、和気、高松、志度、屋島、瓦町、一宮、琴平(山陽本線、山陽本線和田岬支線、瀬戸大橋線、予讃本線、高徳本線、琴平電鉄志度線、琴平電鉄琴平線)

鉄旅日記2009年5月2日 三ノ宮にて 2009・5・2 8:08 元町(も

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-伊万里-唐津-若松)その2-宇美、西戸崎、香椎、福間、赤間、折尾、ルートイン北九州若松(鹿児島本線/香椎線/筑豊本線)

鉄旅日記2009年9月22日 15:27 宇美(うみ)駅(香椎線 福岡県) 鹿児島本

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-女川-仙台-東京)その2-女川、渡波、松島海岸、本塩釜、仙台、駒ヶ嶺、原ノ町、桃内、いわき、石岡(石巻線/仙石線/常磐線)

鉄旅日記2009年10月11日 2009・10・11 11:10 女川(おながわ)駅(石巻

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】2日目(十日町-長岡)-十日町、戸狩野沢温泉、長野、松本、信濃大町、南小谷、直江津、柿崎、長岡(飯山線/篠ノ井線/大糸線/北陸本線/信越本線)

鉄旅日記2009年7月19日 2009・7・19 十日町(とおかまち)駅(飯山線/北越急行

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】5日目(宇和島-観音寺)-宇和島、卯之町、八幡浜、千丈、伊予大洲、伊予市、松山、伊予北条、今治、伊予小松、伊予西条、新居浜、関川、伊予土居、箕浦、観音寺(予讃本線)

鉄旅日記2009年5月5日 2009・5・5 6:53 宇和島(うわじま)駅(予讃本線/予

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その1-金町、北千住、東京、岡山、笠岡、尾道、糸崎、入野(常磐線/山手線/東海道山陽新幹線/山陽本線)

鉄旅日記2009年9月18日 2009・9・18 4:50 金町(かなまち)駅(常磐線 東

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-熊本-佐賀)その1-大分、中判田、豊後竹田、宮地、肥後大津、水前寺、辛島町、熊電上熊本、上熊本(豊肥本線/熊本市電)

鉄旅日記2009年9月20日 2009・9・20 7:48 大分(おおいた)駅(日豊本線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑